2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« デビュー戦以来の芝で変わり身を期待するも、追ってからギアを上げることが出来ず、最後は伸びを欠いて16着。JRAへ復帰して4戦連続のブービー負け。残された道がなくなり、競走馬登録を抹消することとなりました。★ロイヤルアフェア | トップページ | ロードなお馬さん(1歳馬) »

2019年12月19日 (木)

キャリアの浅い2歳馬なので条件替わりが心配でしたが、正攻法の競馬で直線半ばで後続に迫られると1段ギアを上げて突き放す。着差以上の完勝劇。無傷の3連勝で2歳G1を奪取。☆サリオス

201912_20191219042001

Photo_3 サリオス(牡・堀)父ハーツクライ 母サロミナ

日曜阪神11R 朝日杯フューチュリティS(G1・芝1600m)優勝(1番人気) R.ムーアJ

まずまずのスタートからスッと行き脚を付けて、道中は好位に付けます。直線に向いて追い出され、残り300m付近で先頭に立つと、坂を登ってからさらに後続を突き放し、レースレコードとなる1分33秒0を記録する圧巻の走りで、無傷のG1覇を果たしています。

R.ムーア騎手「私自身約2年ぶりに日本のG1競走を勝つことが出来て嬉しいですし、調教で乗せていただいた時に、バランス・動き・頭の良さを確認できており、今日勝てなかったら残念だと思うくらい手応えはありましたから、こうして結果を出すことが出来て本当に良かったです。スタートを上手く出てくれましたし、サリオス自らあの位置へと進んで行って良いポジションを取ることが出来ました。コーナー毎に少し幼い部分を見せていたものの、直線ではこちらのアクションに応えてしっかりと伸びてくれました。最後は他馬を突き放してくれたように、凄く強い勝ち方だったと思いますし、将来がとても楽しみですね」

堀調教師「おめでとうございます。1番人気に推されていましたし、こうして結果を残すことが出来て良かったです。少し余裕を持ってトレセンに戻させていただきましたが、レースから逆算しながら調整を進め、良い状態で出走させることが出来たと思います。ライアン(R.ムーア騎手)がスムーズにレースを進めてくれましたし、直線では先頭に立つとジョッキーからの指示を待つような部分が見受けられましたが、追えばしっかりと伸びてくれました。もう少し自分から行ってくれればと思う部分はありますが、2歳のこの時期にこういった競馬で勝つことが出来る馬はなかなかいないと思います。デビュー時からしっかりとした馬体を有していて、元々総合力が高かったので、目に見える大きな進化というのは正直ありませんが、道を外さず順調にこられたことが今回の結果に繋がったのだと思います。この後については、まずはトレセンでよく状態を確認させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

大型でも仕上がりは良かった。仕掛けて先行。道中も流れに乗って手応え良く追走していたが、初めて右回りだったせいか、4角では外へ逃げ気味。それでも余裕を持って直線に向き、残り300mあたりで先頭。そこから迫ってきたタイセイビジョンを突き放しての完勝。ここでも力が違う勝ちっぷりだった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【朝日杯FS】サリオス 圧巻レコードV!無敗2歳王者でクラシック主役だ(スポニチより)

第71回朝日杯フューチュリティSが15日、阪神競馬場で行われ、1番人気サリオスが3番手追走から直線で後続を突き放し、無傷の3連勝でG1初制覇。来年のクラシックの主役に名乗りを上げた。1分33秒0はレースレコード。ライアン・ムーア(36=英国)は13年アジアエクスプレスに続く、このレース2勝目となった。

サリオスが残り300メートルでもう先頭に立つ。突き放した。後続はお手上げ。538キロ。2歳G1における最高体重優勝をマークしたパワフルな馬体が揺れた。いつも冷静なムーアが頬を紅潮させて称えた。「凄く強い勝ち方。きっと来年も活躍できる。僕がファンなら、この馬を追い続ける。だから、皆さんも追い続けてください!」

ハイペースでも道中は余裕たっぷり。直線を向き、タイセイビジョンが詰め寄ろうとしたが、そこから再加速。最大のライバルの心を折り、2馬身半差の圧勝だ。「思い通りのレースができた。最後の反応も凄く良かった。ただ、コーナーで幼さを見せた。まだまだ速く走れるよ」。ムーアはさらなる伸びしろを感じ取った。

全てマイル戦での3連勝だが、前半3Fは新馬が38秒3、サウジアラビアRCが35秒1、朝日杯が33秒8。ペースアップに戸惑うことなく対応した。堀師は「先頭に立つと後ろに馬を待つというか、騎手の指示を待っているよう。もう少し自分から行ってくれれば…」と苦笑い。何とも末恐ろしい。ノーザンファームの吉田勝己代表は「クラシックに行くしかないでしょう」と明言。今年の2歳は逸材ぞろいだが、主役の座は揺るぎそうにない。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/20日に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

堀師「先週はありがとうございました。レース後はこの馬のウィークポイントである、右トモの歩様にはぎこちなさがありますが、レース前に比べて悪化しているわけではありませんし、その他の部分にも特に問題はありません。こちらに戻ってきてからも飼い葉はしっかりと完食しており、馬体も徐々に回復してきています。この後は20日にノーザンファームしがらきへ放牧に出させていただき、来年に向けて心身ともにリフレッシュさせたいと思います」(12/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

実力をしっかり発揮できれば、何とかなりそうなメンバーでしたが、キャリアの浅い馬なので関西へ輸送しての競馬+右回り+多頭数が仇にならないか不安は尽きませんでしたが、終わってみれば着差以上の完勝劇。サリオスは無傷で2歳G1のタイトルを奪取してくれました。

通常より1日早く競馬場へ移動したサリオスでしたが、馬体重はマイナス2キロ。もう少し馬体は締まりそうですが、イレ込むような面はなく、パドックは2人引きでも堂々と周回していたと思います。地下馬道を通る時に若干煩い仕草を覗かせましたが、返し馬へはスッと送り出すことは出来、概ね良い雰囲気でレースを迎えることが出来たと思います。

ゲートはそれほど速くなかったですが、鞍上が軽く促して行き脚が付くと3~4番手の位置を確保。すぐ好位を取れた時点でこれで好勝負になるかなと。予想よりも速くレースは流れましたが、追走に手間取るような面はなかったです。他馬からプレッシャーを受けることもなく、4角で外へ膨れる面を見せつつも上々の手応えで最後の直線へ。

後続を待つことなく直線を向いてすぐに仕掛けたサリオスは残り300mぐらいで先頭へ。そこへタイセイビジョン・タガノビューティーが襲い掛かってきた時は一瞬ドキッとしましたが、モタモタしつつもエンジンが再点火。阪神の急坂で食らい付いてくるライバルを突き放してくれました。

G1制覇で勿論嬉しかったですが、それよりもホッとした気持ちが強かったです。今回の短期免許での騎乗がもうひとつだった鞍上もここは最高のエスコート。540キロ前後の雄大な馬体の持ち主ですが、それでいて重心の低い走りが特徴的。心臓も良いと思うので、速い流れを追いかけて行っても踏ん張りが利くのでしょう。

レース後のサリオスですが、右トモに疲れは残る様子も、深刻なものではなし。20日にNFしがらきへ放牧に出て、来年に備えることとなりました。今後は距離延長が課題になってくるでしょうし、更なる強い相手と戦った時に切れ味の差が出てくるかも。その辺の対応は操縦性の高さとスピードの持続力で補って欲しいですし、今回のレースぶりを良い手本として戦っていって欲しいものです。

« デビュー戦以来の芝で変わり身を期待するも、追ってからギアを上げることが出来ず、最後は伸びを欠いて16着。JRAへ復帰して4戦連続のブービー負け。残された道がなくなり、競走馬登録を抹消することとなりました。★ロイヤルアフェア | トップページ | ロードなお馬さん(1歳馬) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

サリオス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« デビュー戦以来の芝で変わり身を期待するも、追ってからギアを上げることが出来ず、最後は伸びを欠いて16着。JRAへ復帰して4戦連続のブービー負け。残された道がなくなり、競走馬登録を抹消することとなりました。★ロイヤルアフェア | トップページ | ロードなお馬さん(1歳馬) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ