2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 【シルク】【ロード】先週のレース結果(2歳馬) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組) »

2019年12月15日 (日)

力を出し切れば好勝負は間違いないも、初めての右回り+シビアな競馬を経験していない点が今回の競馬にどう響くか。不安は尽きないも、鞍上の手腕と馬のポテンシャルを信じたい。☆サリオス

201910_20191215031701

Photo_3 サリオス(牡・堀)父ハーツクライ 母サロミナ

日曜阪神11R 朝日杯フューチュリティS(G1・芝1600m)3枠6番 R.ムーアJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:11日に南Wコースで時計

堀師「先週はこの中間で一番負荷を掛けた調教を行いましたが、その後も右トモは変わりなく前走時より状態は良いですね。今週は11日に南Wコースで追い切りを行いました。3頭併せの真ん中から、直線に入っても怯むこと無く、ゴールまでしっかりとした脚取りで終えています。ここまでコンスタントに速めのところをこなして来ており、今週は整える程度で良いと思っていましたので、全体時計で68秒切るくらいと理想的な調教が出来ました。また、10日の馬体重が549キロで、追い切った後の馬体重が546キロですから、競馬場での輸送を踏まえると前走とさほど変わらない体重でレースに臨めるのではないかと思っています。この馬にとって、競馬での長距離輸送は初めてになりますし、北海道からの輸送では熱発を起こした経緯もありますから、少し余裕を持って13日に阪神競馬場へ移動させて向こうの環境に慣らしておく予定です。この2戦を見ても分かる通り、この時期から非凡な能力を感じさせる馬ですので、是が非でもG1タイトルを獲らせてあげたいですね」(12/12近況)

助 手 11南W稍 67.9- 53.1- 39.0- 12.4 馬なり余力 ブーザー(古馬2勝)馬なりの内0.2秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回阪神6日目(12月15日)
11R 朝日杯フューチュリティS(G1)
芝1600メートル 2歳OP 指定 国際 牡・牝 馬齢 発走15:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ジュンライトボルト 牡2 55 岩田康誠
1 2 ビアンフェ 牡2 55 藤岡佑介
2 3 ペールエール 牡2 55 O.マーフィー
2 4 トリプルエース 牡2 55 W.ビュイック
3 5 マイネルグリット 牡2 55 国分優作
3 6 サリオス 牡2 55 R.ムーア
4 7 ウイングレイテスト 牡2 55 松岡正海
4 8 タイセイビジョン 牡2 55 武豊
5 9 グランレイ 牡2 55 池添謙一
5 10 エグレムニ 牡2 55 福永祐一
6 11 カリニート 牡2 55 幸英明
6 12 レッドベルジュール 牡2 55 C.スミヨン
7 13 プリンスリターン 牡2 55 原田和真
7 14 タガノビューティー 牡2 55 和田竜二
8 15 メイショウチタン 牡2 55 松山弘平
8 16 ラウダシオン 牡2 55 C.ルメール

○森助手 「新馬戦で手前を替えずに内へササッたので、多頭数の今回、メンタルとフィジカルの課題から、直前は3頭併せの真ん中へ入れて追い切った。最後まで集中して走れていたし、いい内容だった。能力を出し切れば、好勝負できると思う」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【朝日杯FS】サリオス、3頭併せ真ん中で余裕 力強く12秒4 (スポニチより)

美浦では2戦無敗でサウジアラビアRCを制したサリオスが大物感あふれる動き。前走レコードVの両馬が世代チャンプの座を懸けて激突する。  過酷な3頭併せ。しかし、大器サリオスにはどこ吹く風だった。前にブーザー(3歳2勝クラス)、後ろにはプルクラ(3歳1勝クラス)。古馬の先輩2頭のプレッシャーを受ける位置でもWコースを悠々と進み、直線は真ん中に入った。鞍上は手綱を押さえたまま圧倒する勢い。5F67秒9~1F12秒4(馬なり)。楽々と併入に持ち込んだ。

森助手は納得の表情だ。「先週までしっかり負荷をかけた。今週は輸送もあるので無理せず。新馬で手前(軸脚)を替えなかったところがあったのでメンタルとフィジカル両面の確認をする意味で3頭併せの真ん中でプレッシャーをかけた。馬を気にすることもなく、いい追い切りができた」

2戦2勝。6月東京新馬戦はラスト100メートルを流す余裕で上がり3F33秒1。続くサウジアラビアRCは再び33秒1の強烈な伸びで2歳コースレコード。540キロの雄大な馬格を誇るが、一方で大型馬らしからぬ軽やかさも目を引く。「気候的にも過ごしやすくなって体調は上がっている。馬体重自体はそう変わっていないが体のラインは競走馬らしくなってきた」と同助手は成長を感じている。

新コンビの名手ムーアは2週前追いで騎乗。「“ナイスホース”と言ってくれてた。掛かることもなく操縦性はいいので、初めてのジョッキーでも問題ないと思う」(同助手)。実戦では初の右回り。さらに初の関西遠征。クリアすべき課題はあるが全てをはねのけるだけの潜在能力がサリオスにはある。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

サリオス唯一金曜に阪神入り、好枠6番(日刊スポーツより)

サリオス(牡、堀)はメンバー唯一の金曜輸送で阪神入りした。環境の変化にも動じるそぶりはない。森助手は「枠(6番)については決められたところで騎手と調教師が作戦を決めると思う。渋滞もなく順調に来られたし、落ち着いていて輸送熱もなく順調」と好気配を伝えた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

6月のデビュー戦は脚力の違いで後続を捻じ伏せたサリオスでしたが、2戦目となった前走サウジアラビアRCは1000m通過が59秒2。これ自体は速くありませんが、デビュー戦と比べると約4秒差と初めて競馬の流れを経験する中、直線での反応は一息でクラヴァシュドールに前へ出られる場面も。ただ、馬体を併せにかかるとエンジン点火。内からグイグイ差し返して前へ出ると、その後は最後まで抜かせない勝負根性を発揮。終わってみれば、着差以上に強さを感じる走りを見せてくれました。

その後はNFしがらきでリフレッシュ。順調に乗り込むことが出来たので自然と矛先はここ朝日杯フューチュリティSへ。前回、帰厩前後に熱発や軽い疝痛を起こす小トラブルがあったので、今回は早めに帰厩してレースへ備えることに。その効果があったかどうかは分かりませんが、今回は頗る順調。追い切りではビシビシとはやられていないも、6ハロンから時計を出すようにして負荷は維持できていますし、最終追いは3頭併せの真ん中に入れて、プレッシャーに耐える追い切りも行っています。元々、オンオフの切り替えが上手な馬なので、ヤル気モードになると、自分からグイグイと引っ張る感じに。手応えは僚馬よりも良かったと思います。

ただ、今回は舞台を関西へ移して、初めての右回りでの1戦。1日早く阪神入りしましたが、古馬みたいに落ち着き払った馬なのでイレ込みの心配はないでしょう。体調面での弱さが出ていなければ大丈夫。心配というか課題は初めての右回りの方。最終追い切りでは手前を替えず。元々、右トモに弱さを残しているのが響いているのかな? まあ、体幹の良い馬なのでパワーと能力で押し切って欲しいところ。あとは派手な勝ちっぷりで連勝中ですが、多頭数でシビアな競馬を経験していないのがどう出るか。キャリアの浅い2歳馬ですから、考え出したら不安は尽きません。

勿論、来春が楽しみになる走り・結果を期待していますが、まずは自滅するような敗戦ではなく、直線でしっかり脚を繰り出す場面は作って欲しいです。そして後ろから差されてしまうような敗戦も個人的は避けて欲しいなあと考えています。

« 【シルク】【ロード】先週のレース結果(2歳馬) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

サリオス」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆
サリオス強かったですね。
現地応援してきたのでその印象を書かせてください。

まずパドックは大人しく少し尾尻を闘志を込めて振る程度。
馬体はさほど緩さはなく、トモが特に引き締まっておりこれは走りそうだなと。
デカさも気にならず柔らかいとてもいい筋肉をしていました。
体高はもっと低いかなと思っていましたが平均でした。

メンバーはビアンフェはもろに短距離馬。
レッドベルジュールは体高がサリオスより10cmは高く、首が長くつる首でとても入れ込んでいました。
ラウダシオンは従順でとてもいい馬でしたが、馬体は緩かったです。

あと、目の前でメイショウの馬が騎手を振り落とし倒れ、どーんと地震がしたかと思いました(^^;;

レース後はサリオスは消耗も少なくケロッとしていました。
テンションは少し高めで人間(観客)がとても苦手そう。
口取りの人とカメラマンの声にイライラしていた様子。
一番暴れていました。

印象では距離はマイル〜2000mまでベスト。
スタートダッシュを見るとスプリントも走れそう。
操縦性がいいし、折り合えるので距離延長もある程度は出来るけど、馬体の消耗は激しいのではないかな?

常に堂々としておりパドックも落ち着いていたカナロアにダブるところもあったけど、走り方は真逆。
カナロアがピッチの回転を上げる走法なら、サリオスは追われるとストライドを伸ばして沈み込む走りでした。

実際見ていた印象では相当早仕掛けに見えて、あわわ追いつかれるかな? と不安になった瞬間にギアチェンジして最後は余裕に見えました。

コーナーは見ている分にはわかりませんでしたが、パトロール映像では少し外に膨れていましたね。
馬体の完成度は高めだけど、レース内容はまだまだ改善の余地はありそうです。

長々と失礼しました。

ぼんちゃんさん、おはようございます。
ご一緒のサリオス、しっかり人気に応えてくれましたね。それを現地で見れて、さぞ嬉しかったと思います。

普段はオン・オフのしっかりしている馬かと思いますが、パドック等でも少しピリッとした面が窺えましたね。今後、もっと強敵を相手にすることになった際、無駄なスタミナロスに繋がらなければ良いのですが。完成度の高い馬ですが、気性面はもう少し大人になってきて欲しいです。

レースに関してはスピードの持続力は凄いですね。今回の短期免許では今一つパッとしていなかった鞍上ですが、ここ1番はさすがです。サリオスの良さを存分に引き出してくれました。

確かに直線半ばではヒヤッとしましたが、そこから再加速するエンジンは凄いですね。あとは末脚の切れる馬に馬体が離れたところから差された際に抵抗できるかどうか。2400mは長そうですが、同世代での2000mは頑張ってもらいたいです。

まあ、まずは怪我をすることなく、1戦1戦を大事に戦っていって欲しいですね。

追伸です
パドックは他の2歳と比べると随分大人でしたよ。
カナロアみたいに寝てる事はありませんでしたが。
他の馬は周回重ねるごとにテンション上がってチャカチャカしていましたが一切なし。
発汗もなし。
でも漲る闘士は感じられました。
パドックのお客さんをたまに流し目していたのが印象的でした。
走る馬特有の大物の器を感じたので、素直に信用して貰えれば嬉しいです。
誰も信用してもらえないですが観察力は鋭いと思ってます。

入れ込んでいたのは口取り式とウィナーズサークルの客の大声だけです。
あれはどちらかと言うと廃止して欲しいぐらいです。
客の大声は論外。
カメラマンも口汚くがっくりします。

ぼんちゃんさん、おはようございます。
サリオスは周囲に惑わされず、堂々としていたんですね。それでいて適度な気合乗り。この雰囲気を今後も維持していって欲しいですね。

レース後は全力で走り切った分、気が立っていたと思うので、重賞勝ちを重ねてもっと馬慣れてしていって欲しいと思います。

とにかく順調に育っていって欲しいものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【シルク】【ロード】先週のレース結果(2歳馬) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ