最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 15日の牝馬限定・ダ1400mでのデビューを目指していくことに。鞍上はO.マーフィーJを予定。★オーサムゲイル | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牡馬・入厩組) »

2019年12月 1日 (日)

シルクなお馬さん(2歳・入厩組)

Photo_3 サリオス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:28日に南Wコースで時計
・次走予定:12月15日の阪神・朝日杯フューチュリティS(G1)・R.ムーアJ

堀師「前走時は帰厩後に頓挫がありましたが、今回はそういったことも無いので、目標の朝日杯フューチュリティステークスに向けて余裕を持って進めております。飼い葉も古馬と同様のものを与えていますが、しっかり完食してくれていることで毛艶は良いですし、調教前で馬体重が553キロと理想的な数字をキープ出来ています。そこで、28日に南Wコースで併せて2週前追い切りを行いました。レースでも騎乗予定のR.ムーア騎手に手伝っていただきましたが、先週と同様で楽に動くことが出来ましたし、身のこなしも軽やかですね。今週はひと段階調教の負荷を高めましたが、それでもしっかり走れていますので、今のところ大きな不安はありません。今回は阪神までの輸送もありますので、早めに仕上げにかかって、当該週はほぼ万全の状態で迎えたいですね」(11/28近況)

ムーア 28南W重 82.3- 67.0- 52.2- 38.3- 12.4 馬なり余力 カフェファラオ(新馬)馬なりの内0.8秒追走同入

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:28日にCWコースで追い切り
・次走予定:阪神12月7日・芝1600m・牝馬(福永J)

高橋忠師「28日にCWコースで追い切りました。福永Jに感触を確かめてもらったところ、『馬自身は走りたい方に気が向いていますが、まだそれに体が追いついていない状況ですね。その中でも動きは悪くないですし、気持ちが先走りしない様に大事に育てていけば先々は走ってきそうですね』と言っていました。一度跨っただけですぐこの馬の癖を掴んでくれたのは大きいと思いますし、ジョッキーが言うように気持ちだけで走らせてしまうと、これまで時間を掛けて調整してきたことが壊れてしまうので、もう少し時間を掛けて育てていきたいですね。コンディションは良い状態を維持していますので、来週の競馬に向けて引き続き調整していきたいと思います。なお、ジョッキーは今週の追い切りに跨ってもらった福永祐一騎手に依頼しています」(11/28近況)

福 永 28CW良 83.0- 67.8- 53.3- 39.2- 12.3 強めに追う ギルマ(古馬2勝)強めの内0.7秒追走クビ先着

Photo_3 ルコントブルー

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:27日に北Cコースで時計
・次走予定:12月8日の中山・ダ1800m(牝馬)・北村宏J

勢司師「27日に北村宏Jに手伝ってもらい、北Cコースで併せて追い切りを行いました。古馬の1勝クラスを相手にルコントブルーが内目を追走して、最後は余力を残して同入で終えています。心肺機能は高くなったとは言え、依然としてスタミナ面に不安のある馬ですから、今週も格上馬相手にどれくらい動けるか心配でした。しかし、この馬なりに段々と力を付けているようで、直線に入ってもまずまずの動きでしたよ。メンタル的にも少し繊細な部分がありますので、その点に気を付けて今後も進めていきます。また、先週末にゲート練習を行いましたが、入りは立ち止まることもあったものの、出てからはスムーズでしたね。先ほども言ったように繊細なところがありますから、これ以上はゲート練習を控えたいと思います」(11/28近況)

北村宏 27北C良 69.4- 53.0- 39.1- 12.8 馬なり余力 アトムアストレア(古馬1勝)馬なりの内同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

朝日杯FSへ順調にメニューを消化しているサリオス。レースまで約2週間ありますが、今週の追い切りにはR.ムーアJが手綱を取って、感触を掴んでくれています。550キロを超える馬体を誇る馬ですが、脚取りは軽やか。楽に併入へ持ち込むことが出来ています。R.ムーアJにも好印象を持ってもらったんではないでしょうか。ここまでホント順調に来ているので、あとは関西圏への輸送を無事こなすのみ。早めに態勢を整えて、直前は息を整える程度で余裕をもってレースへ臨んでもらえればと思います。

ミスビアンカは気持ちと動きが噛み合っていないところが現状の課題ですが、大事に使っていけば良くなっていってくれる筈。今週の追い切りでは次走で手綱を取る福永Jを背に併せ馬を消化。初めてCWコースで追われ、手前を上手に替えることが出来なかったようですが、時計自体は上々。溜めが利けばピリッとした脚を使えるでしょう。ただ、レースの流れに乗ることを優先すると、デビュー戦のような不発が待っていそう。次走では勝ち負けよりも、実戦で脚を溜めて末脚を生かす形を福永Jに教え込んでもらえればと思います。

ルコントブルーは心身ともにひ弱さを感じる現状ですが、追い切りを重ねてジリジリ力を付け、時計は水準級のモノをマーク。競馬でへこたれない体力が備わってくれば、結果が伴ってくると思うのですが…。ただ、最初から揉まれ込むような競馬をしてしまうと、後々までそのダメージが尾を引きそう。当面は稽古でも実戦でも気持ちを追い込まないようにお願いします。

« 15日の牝馬限定・ダ1400mでのデビューを目指していくことに。鞍上はO.マーフィーJを予定。★オーサムゲイル | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牡馬・入厩組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

サリオス」カテゴリの記事

ミスビアンカ」カテゴリの記事

ルコントブルー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 15日の牝馬限定・ダ1400mでのデビューを目指していくことに。鞍上はO.マーフィーJを予定。★オーサムゲイル | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牡馬・入厩組) »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ