2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« プラス14キロでの出走ももっと馬体重は増えた方が良いぐらい。今回はスタートが決まってスッと2番手へ。直線は4頭横並びの叩き合いになるも、勝負根性を発揮して最後まで交わさせず。2戦目での勝ち上がりを決める。☆シベール | トップページ | 状態は良かったと思うも、Hペースでスタミナが問われる1戦になったのがまず誤算。各馬からのマークも厳しくて自分のリズムで競馬が出来ずに終わる。直線は力尽きて9着に沈む。★アーモンドアイ »

2019年12月28日 (土)

初めての中山大障害に臆することなく立ち向かって一旦先頭に立つ場面も。スタミナを生かす競馬は出来たも、最後の障害で勝ち馬に前へ出られると最後までその差は詰まらず。それでもこの大舞台で大・大健闘の2着。賞金を加算出来たのは大きい。☆ブライトクォーツ

201912_20191228072801

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜中山10R 中山大障害(J-G1・障4100m)2着(6番人気) 熊沢J

スタートから促して中団を追走します。大障害コースから逆回りになるところで、内からスルスルと5番手に浮上。最終周回の第4障害を飛び終えたところで一旦先頭に立ちますが、直線手前で交わされて、初のG1挑戦は惜しくも2着で終えています。

熊沢騎手「最近はレース前から悪さをするような面はありませんし、気性的な成長を感じますね。今日はずっと手綱を引っ張るところのないタフなレースでしたが、精神面の改善に加えてここまで色々と経験してきたことで、大舞台で強気な競馬が出来ました。また、前走でも距離が短いなと感じていましたので、今回の中山大障害は条件的にもピッタリだなと思いましたが、その通り距離が延びて良さが出ましたね。勝負所で交わされても、最後はまた差を詰めてきていますし、本当に良く頑張ってくれています。今回が初G1かつ5歳という若さですから、これから更に経験を積めば大きいタイトルを獲得出来る馬だと思いますよ」

荒川調教師「中2週で再度輸送になりましたが、調教からしっかり攻め込んでいました。しかし、それでもプラス体重でレースに臨めるのですから、状態はかなり良かったのだと思います。今日は熊沢騎手が大障害コースの6号障害を飛び終えたところで、内からロス無くスッと位置を上げたところがこの結果に繋がったのではないでしょうか。それに、早め先頭に立つくらい、この馬のスタミナを活かした競馬をしてくれたことも良かったです。やはり距離が延びて良いタイプで、一度は勝ち馬に交わされても、直線で外に切り替えてから、また脚を使うのですから大したものですよ。あそこまでいくなら勝ち切って欲しかった気持ちはありますが、これで賞金加算は出来ましたし、恐らく来年の中山グランドジャンプへ出走可能でしょうから、そこを目標に逆算して予定を立てたいと思います。まずはこれだけタフな競馬で頑張ってくれましたから、いったん牧場へお戻ししてリフレッシュを図りたいと考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

序盤は構えて中団後方。1度目の襷コースでジワッと前との差を詰めていく。2周目3号障害を越えたあたりから勢いをつけて、向正面で一旦先頭へ。勝ち馬に交わされてからも渋太く食らい付いた。スタミナを生かす形で健闘の2着。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

6番人気ブライトクォーツが2着に激走/中山大障害(日刊スポーツより)

6番人気ブライトクォーツ(牡5、荒川)が2馬身差2着に激走した。最終障害はシングンマイケルと馬体を併せて飛越し、直線も最後まで食らい付いた。熊沢騎手は「意識的に早め早めの競馬を心掛けた。勝った馬とは勝負どころの脚の差かな。キャリアを積めば本当にいい馬になると思う」とたたえた。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:25日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧
・次走予定:阪神3月14日・阪神スプリングジャンプ(J・G2)

荒川師「走ったなりの疲れはありますが、長丁場であれだけタフなレースをしてきた割には、そこまで大きなダメージは見られなかったですね。あそこまで来たら勝ってほしかったですが、賞金は加算できましたし、これで目標を持って仕上げていくことが出来ますね。25日に牧場へお戻しさせていただきましたが、その後も問題なければ、来年の春は3月14日の阪神スプリングジャンプから4月18日の中山グランドジャンプというローテーションを考えているので、まずはこれまでの疲れをしっかり取ってもらいたいと思います」(12/25近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

距離が延びることは心配していませんでしたが、飛越に雑なところがあるので、初めての大障害コースで落馬してしまうんじゃないかと危惧していたブライトクォーツ。終わってみれば、私の心配をあざ笑うかのような激走。久しぶりに出資馬の走りっぷりに胸が熱くなりました。

今回もスタートはそれほど良くなかったですが、熊沢Jの手が激しく動いてポジションを挽回。序盤に置かれるケースが多かっただけにこのリカバーはナイス判断。全体的には中団よりやや後ろの位置でしたが、前との差はいつもほどなかったです。そして1度目の襷コースあたりで5番手までポジションアップ。大障害コースの高い障害も難なく対応することが出来、6号障害を飛び越えてから早目の進出を開始。バンケットを駆け上がり残り障害が2つというところで先頭へ躍り出る積極策。そこで一瞬展開が嵌ったかなと思ったのですが、ブライトクォーツに食らい付いてきたのがシングンマイケル。こちらも中山大障害は初めてでしたが、飛越に関しては天才的な馬。最後の障害でブライトクォーツより1馬身ほど前へ出ると、最後までその差がなかなか詰まらず。直線で右手前から左手前に替わった際に一瞬グンと伸びる感じはありましたが、スタミナお化けのブライトクォーツもさすがに苦しくなって、手前をコロコロ替えて、一押しが利きませんでした。

それでも勝ちに行く競馬をしての2着は大・大健闘。初めてのJ-G1で賞金を加算出来たことは今後に繋がります。キャリアも浅く、伸びシロを多く残しますが、シングンマイケルは同世代。今後も何度となく戦うことになるでしょうが、目の上のたんこぶのような存在にならなければ良いのですが…。

レース後のブライトクォーツは走ったなりの疲れは感じられるも、脚元等には異常なし。4月にはもう1つのJ-G1の中山グランドジャンプが控えているので、ここで早めに一息入れて、阪神スプリングジャンプ経由で挑むことに。25日にNFしがらきへ放牧に出ています。

ただ、この前哨戦からシングンマイケルとぶつかりますし、障害の絶対王者・オジュウチョウサンもここから始動予定。1競馬ファンとしても痺れるような戦いが待っています。今回のレースプランは最高に合っていたと思うので、この走りをベースに来年は重賞制覇、G1奪取と更なるステップアップを期待しています。

« プラス14キロでの出走ももっと馬体重は増えた方が良いぐらい。今回はスタートが決まってスッと2番手へ。直線は4頭横並びの叩き合いになるも、勝負根性を発揮して最後まで交わさせず。2戦目での勝ち上がりを決める。☆シベール | トップページ | 状態は良かったと思うも、Hペースでスタミナが問われる1戦になったのがまず誤算。各馬からのマークも厳しくて自分のリズムで競馬が出来ずに終わる。直線は力尽きて9着に沈む。★アーモンドアイ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ブライトクォーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« プラス14キロでの出走ももっと馬体重は増えた方が良いぐらい。今回はスタートが決まってスッと2番手へ。直線は4頭横並びの叩き合いになるも、勝負根性を発揮して最後まで交わさせず。2戦目での勝ち上がりを決める。☆シベール | トップページ | 状態は良かったと思うも、Hペースでスタミナが問われる1戦になったのがまず誤算。各馬からのマークも厳しくて自分のリズムで競馬が出来ずに終わる。直線は力尽きて9着に沈む。★アーモンドアイ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ