最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 今回は右回りに戻す。ダ1400mは初挑戦ながら、スピードを生かしたいこの馬には最適な舞台かも。芝スタートにしっかり対応できれば、二桁着順のここ2走からガラッと変わってきても…。★インペリオアスール | トップページ | 芝2000mの2鞍のどちらかでデビューを迎える予定。☆ロードフェローズ »

2019年11月23日 (土)

そろそろ年齢からくる衰えを感じさせても不思議ではないのに、前走で時計勝負に対応できたように充実ぶりを感じるほど。舞台を京都に移しますが、今回も早めに仕掛けていって持久力を生かす展開に持ち込むのみ。相手にも少し恵まれた感じ。☆ヴィッセン

201909_20191122102701

Photo ヴィッセン(牡・斉藤崇)父ディープインパクト 母ダンツクレバー

土曜京都9R 高尾特別(芝2400m)4枠4番 荻野極J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:20日にCWコースで時計

斉藤崇師「20日にCWコースで追い切りを行いました。単走で行いましたが、先週はハミにモタれるところがあり伸び切れなかったものの、今週はしっかりと体を起こしてバランスを取って走れていましたね。全体の時計は少し遅くなってしまいましたが、息遣いは良好ですし、走れる態勢は整っていると思います。この年ですし大きな上積みを求めるのは厳しいですが、展開が噛み合えば前走のような走りも期待できるはずですから、頑張ってもらいたいですね」(11/21近況)

助 手 17CW良 72.2- 56.0- 40.8- 13.2 馬なり余力
荻野極 20CW良 89.5- 73.1- 57.0- 41.6- 12.7 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回京都7日目(11月23日)
9R 高雄特別
芝2400メートル 3歳上2勝クラス 指定 混合 ハンデ 発走14:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 イベリア 牡4 53 武豊
2 2 ホウオウライジン 牡3 53 吉田隼人
3 3 クリノアパッチ せ5 50 亀田温心
4 4 ヴィッセン 牡8 54 荻野極
5 5 グロンフォール 牡4 55 和田竜二
6 6 ヒルノダカール 牡3 54 松田大作
7 7 モズベッロ 牡3 54 松山弘平
8 8 サトノシリウス 牡4 56 O.マーフィー

○斉藤崇師 「前走は早めのレースをして持久力が生きました。2400mのハンデ戦。条件はいいですし、あとは外の差しが利きやすい傾向になった京都の芝がどうかでしょう」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

現在8歳でこのレースでキャリア44戦目を迎えるヴィッセン。別定戦ではちょっと分が悪いですが、ハンデ戦なら水を得た魚のように年齢を感じさせない姿を見せてくれます。

これまで時計が速くなると辛かったヴィッセンでしたが、前走の阪神戦では勝ち馬との追い比べに屈するも、3番手追走から直線は内めから抜け出そうとする頑張り。そんな中、芝2400mを2分25秒0で走破できたのはビックリ。幾ら馬場が良かったからといっても、充実していないと出せない時計だと思います。

前走後はNFしがらきでのリフレッシュを挟んで、早くからここを目標に。元々攻め駆けしない馬なので攻め時計は地味ですが、本数はしっかり消化。先週の追い切りではハミにモタれるところがあり、馬体に余裕があるのかなと見ていましたが、今週の追い切りではそういう素振りは見せず、真面目に駆けていた様子。力を出せる状態には整ったでしょう。

今回は阪神から京都に舞台を移しますが、輸送の短い競馬場なら力を出せるのでコース替わりに関してはプラマイ0。パワー型なので開催が進んで馬場が傷んでいるのは苦にしないでしょう。また、8頭立てなので競馬はしやすいと思います。あとは前走から1キロ増になったハンデがどう響くかでしょう。

レースぶりに関してはヴィッセンをよく理解してくれている荻野極Jの手腕に託すのみ。決め手で見劣るのは重々分かっているので、外回りの坂の下りを利用して後続を待つことなくロングスパートを。直線で失速することを恐れずに攻めの姿勢を貫いて欲しいです。そしてそこに勝利or好結果がついてきてくれることを願っています。

« 今回は右回りに戻す。ダ1400mは初挑戦ながら、スピードを生かしたいこの馬には最適な舞台かも。芝スタートにしっかり対応できれば、二桁着順のここ2走からガラッと変わってきても…。★インペリオアスール | トップページ | 芝2000mの2鞍のどちらかでデビューを迎える予定。☆ロードフェローズ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今回は右回りに戻す。ダ1400mは初挑戦ながら、スピードを生かしたいこの馬には最適な舞台かも。芝スタートにしっかり対応できれば、二桁着順のここ2走からガラッと変わってきても…。★インペリオアスール | トップページ | 芝2000mの2鞍のどちらかでデビューを迎える予定。☆ロードフェローズ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ