2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 今週の出走馬(11/30-12/1) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳未勝利・NFしがらき組) »

2019年11月28日 (木)

鞍上の手腕+実績のある京都外回りで1ハロン延長を克服して欲しかったも、この距離のスペシャリスト相手では荷が重かった結果に。回転の速いピッチ走法なので未経験の芝1200mで大きいところを狙っていって欲しい。★ダイアトニック

201911_20191122100701

Photo ダイアトニック(牡・安田隆)父ロードカナロア 母トゥハーモニー

日曜京都11R マイルCS(G1・芝1600m)10着(4番人気) C.スミヨンJ

15番枠からまずまずのスタートを決めると、後方に控えて脚を溜めていきます。最後の直線で大外に出して懸命に追われますが、前走のような伸び脚は見られずG1初挑戦は10着で終えています。

C.スミヨン騎手「直線までは前走と同じように溜める競馬をしたのですが、追ってからが前走ほど伸びませんでした。確かに前の馬に有利な流れだったのですが、内一頭分のいい馬場を狙うプランを選択したとしても、期待した走りは出来なかったと思います。前走でこの距離でも走れるとは思っていたのですが・・・。今回は直前の追い切りに乗っていないので、状態に関しては何とも言えない部分はあります」

安田隆行調教師「スワンSから中2週ではありましたが、硬さが出ることもなく、良い状態でレースに向かうことが出来ました。レース当日も前回と同じぐらいのテンションでしたし、これなら力を出してくれると思っていましたが、前走ほど弾けなかったですね。目に見えない疲れがあったのか、1600mの距離が少し長いのかはっきりしないですが、現状は1400mがこの馬の適性距離なのかもしれません。ただ、まだ成長途上でもありますし、これからの馬ですから、今回の経験が次走に繋がってくれると良いですね。この後はこれまでの疲れを取る為に、一旦牧場へお戻しさせていただく方向で考えています。次走の予定につきましては牧場で状態を確認しながら相談させていただきたいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

下見所ではメンコ。フットワークは硬め。後方。早々にラチ沿いに入れて追走。4角からジワジワと外へ舵を切り、直線では一瞬はビュッと伸びたが、あと1ハロンからモタれ加減になって伸びあぐねる。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/近日中に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調整

安田隆師「先週は良い結果を残すことが出来ず、申し訳ありませんでした。レース後は走ったなりの疲れはあるものの、脚元を含めて大きな問題はありません。この後は特に無理をさせる必要はありませんから、一旦放牧に出させていただく方向で考えています」(11/20近況)

⇒⇒22日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(22日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

実績のある京都・外回りなら鞍上の手腕込みで1ハロン延長を踏ん張ってくれるかなあ?と期待したダイアトニックでしたが、マイルのスペシャリスト相手にガチンコ勝負では辛かったという結果に。チャレンジーの立場なのでレース前の意気込みはさほどではなかったですが、10着という結果に終わると、物足りなく感じてしまいました。

外枠を引き当てましたが、早めにラチ沿いに寄せて、道中の距離ロスを回避。折り合いもしっかり付いていたと思います。ただ、確固たる逃げ馬がいなかったので、一団で進むことになってしまい、最後は瞬発力比べに。ダイアトニックは勝負どころからジワジワ外へ持ち出していき、スワンS同様に外目からの強襲を狙っていきました。そして最後の直線では一瞬グンと伸びてくるシーンを演出しましたが、その勢いは長続きせずに最後はジリジリと。苦しくなって内へモタれていたようですし、距離の壁を感じさせる失速でした。硬めの足捌き+回転の速いピッチ走法なので1400mを距離の上限と定め、大きいところを狙うなら1600mではなく1200mでしょう。このレースを見て、その思いを強く持ちました。

レース後のダイアトニックですが、G2→G1を転戦したことで相応の疲れは感じられるも、脚元等に異常は見当たらず。22日にNFしがらきへ放牧に出ています。少し時間が経ってから疲れ・反動が出ることもあるので、まずはしっかり休ませることが大事。それからゆっくりネジを巻いていくように調整を進めてもらえればと思います。暮れに1400mのG2戦(阪神C)が組まれていますが、ここは無理して使う必要はないのかなと思います。再度成長を促して、来年3月1日の阪急杯での復帰で良いのかなと思いますし、1200mに視野を広げていくのなら、阪急杯の翌週の中山・オーシャンCや2月頭の京都・シルクロードSも次走の候補でしょう。陣営がどこを選択してくるか興味深いです。

G1初挑戦はホロ苦い結果となりましたが、G1特有の雰囲気で競馬を経験できたことは今後のダイアトニックには貴重な経験となった筈。これで意気消沈することなく、更なるレベルアップを目指してもらいたいです。

« 今週の出走馬(11/30-12/1) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳未勝利・NFしがらき組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ダイアトニック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の出走馬(11/30-12/1) | トップページ | シルクなお馬さん(2歳未勝利・NFしがらき組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ