2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 1日の追い切り後に左前脚に腫れを確認。エコー検査を行った結果、浅屈腱炎の診断が下る。7日にNF早来へ移動しています。★パラダイスリーフ | トップページ | シルク&ロードなお馬さん(2歳未デビュー牡馬・入厩組) »

2019年11月10日 (日)

追い切りを重ねても、手術した喉の具合は気にならないも、全速力で走ることになった際に息苦しくなることを憶えてしまっているようだと厄介。転厩緒戦で仕上がりは良さそうも、精神面の脆さという課題も存在するので、良い結果をイメージし辛くて…。★ロードダヴィンチ

2019072000_20191110035601

Photo_6 ロードダヴィンチ(牡・新開)父ロードカナロア 母レディアーティスト

11月10日(日)東京7R・3歳上1勝クラス・ダ2100mに柴田大Jで出走します。11月6日(水)良の美浦・ウッドチップコースで5ハロン70.8-56.5-42.4-12.9 8分所を馬なりに乗っています。併せ馬では一杯の相手の外を通って0秒4先着。追い切りの短評は「動きスムーズ」でした。発走は13時15分です。

○新開調教師 「相応の本数を積んで準備が整っている点を踏まえ、11月6日(水)は確認程度。しっかりと動けていました。転厩初戦で未知な面が揃うものの、納得の仕上がりで送り込めそう。予定していたジョッキーが負傷で乗れず、柴田大知騎手に頼んでいます」

≪調教時計≫
19.11.06 助手 美南W良 70.8 56.5 42.4 12.9 馬なり余力 ヴィジョンオブラヴ(古馬2勝)一杯の外0秒4先着

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第5回東京4日目(11月10日)
7R 3歳上1勝クラス
ダ2100メートル 指定 定量 発走13:15
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ジェイケイエース 牡3 55 北村宏司
2 2 ハツセ 牝3 53 三浦皇成
3 3 サルーテ 牡4 55 木幡育也
4 4 ロードダヴィンチ 牡4 57 柴田大知
4 5 プレイングラン 牡3 55 吉田豊
5 6 スズノアリュール 牡4 57 武士沢友治
5 7 サージュミノル 牡4 56 野中悠太郎
6 8 ボヘミアラプソディ 牡3 55 田中勝春
6 9 トウシンアサヒ 牡5 54 山田敬士
7 10 サクララージャン 牡3 55 横山典弘
7 11 アリスカン 牡5 56 武藤雅
8 12 ベルウッドカザン 牡3 55 黛弘人
8 13 ニューツーリズム 牡3 55 大野拓弥

○新開師 「追う毎に動きは良化しているし、喉の手術明けだけど状態もいい。まだ緩さがあるので、長い距離は良さそう」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

夏の函館へ参戦するも、2戦とも惨敗してしまったロードダヴィンチ。敗因とすれば他馬に囲まれて一気に手応えを失ったという気持ちの問題と勝負どころで捲りに行った際に喉に異音を生じていたという疾患の問題。デビュー戦で一緒に走った馬は有馬記念を制して凱旋門賞へ参戦するところまで駆け上がったのに、ダヴィンチは下級クラスで燻ぶり続けています。

前走後は喉の具合をチェック。静止している限りでは、喉の状態に問題はなかったのですが、速いところを行った際の喉の具合をチェックしたところ、神経が麻痺しており、気道を塞いでいることを確認。喘鳴症の手術を行うことが決定したのですが、それと同時に栗東・藤原英厩舎から美浦・新開厩舎への転厩も決まりました。ドライな決定にちょっと考えさせらえれましたが、訳ありの馬をよく引き取ってくれたと思います。

7月末に喉の手術を終えたダヴィンチは新たな競走生活へ向けて再始動。術後1ヶ月ぐらいは軽めの調整に終始してきましたが、そこからは通常の放牧馬と同じように徐々に負荷を高めて、動きの質と状態を高めてきました。牧場時の感触では手術した喉の具合はかなり良さそうとのですが、全速力で走ることになる実戦でどうなのか。まずはそこを1つ知りたいというか確認したいです。全速力で走ると息苦しくなることをダヴィンチが憶えてしまっていると厄介です。

美浦入り後のダヴィンチは最初モタモタするところが目立ちましたが、追い切りを重ねて少しずつ動きはスムーズに。寒さが増してきて太目が残るかもしれませんが、走れる態勢は整っていると思います。あとは喉の具合と共に、揉まれ弱い精神面の脆さが出てしまうかどうか。転厩緒戦でブリンカーは外していますが、シャドーロールorチークピーシズは着用してくるのかはチェックしたいです。距離のダ2100mはさすがに長いように思いますが、大トビでワンペースな走法を生かして積極策で競馬を進めて欲しいです。

鞍上は先週の競馬で負傷した木幡巧Jから柴田大Jにスイッチ。思いきった競馬をして欲しいので、木幡巧Jには気の毒ですが、そういう面ではこの変更は良かったように思います。相手関係に目を遣ると抜けた存在はいないも、この舞台を何走から走っている馬が揃っている印象。最後まで集中して走り、喉に問題がなければよもやの激走というシーンはゼロではないと思いますが、冴えない成績が続く近況から前向きな期待は持ち辛くて…。距離の不安と揉まれ弱さが出てしまうと、大きく沈んでしまうでしょうねえ。厳しい結果は避けられないかもしれませんが、喉の手術+美浦への移籍をキッカケに再浮上の道を歩み出してもらいたいです。

« 1日の追い切り後に左前脚に腫れを確認。エコー検査を行った結果、浅屈腱炎の診断が下る。7日にNF早来へ移動しています。★パラダイスリーフ | トップページ | シルク&ロードなお馬さん(2歳未デビュー牡馬・入厩組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードダヴィンチ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 1日の追い切り後に左前脚に腫れを確認。エコー検査を行った結果、浅屈腱炎の診断が下る。7日にNF早来へ移動しています。★パラダイスリーフ | トップページ | シルク&ロードなお馬さん(2歳未デビュー牡馬・入厩組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ