2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 次走は24日の芝1600mを予定しています。☆ロードユリシス | トップページ | シルクなお馬さん(3歳上・NFしがらき組) »

2019年11月12日 (火)

シルクなお馬さん(4歳上牡・セ馬・入厩組)

Photo ウォリアーズクロス

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:6日に坂路コースで時計
・次走予定:11月17日の京都・西陣S

国枝師「6日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。カレンブーケドールと併せて、道中はウォリアーズクロスが追走して行く形から、最後は馬体を並べてゴールしています。今週から短期免許を取得したオイシン(O.マーフィー騎手)に乗ってもらいましたが、フィジカル的に問題はなく、いつでも走れそうな状態だと言っていましたよ。最後まで力強いフットワークで走り切れていたように、おそらく来週には態勢が整うと思いますし、17日の京都・西陣Sを目標に調整していきたいと思います」(10/30近況)

マーフィ 6美坂良 53.5- 38.7- 25.4- 12.7 馬なり余力 カレンブーケドール(古オープン)馬なりを0.5秒追走同入
助 手 10美坂良 57.4- 41.7- 27.2- 13.3 馬なり余力

Photo_3 ロイヤルアフェア

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:6日に南Wコースで時計
・次走予定:11月17日の福島・ダ2400m(内田J)

加藤士師「この中間はゲート練習を交えて調教を行っていますが、以前はゲート裏やゲート内でも立ち上がろうとしたりしていたものの、そういった悪さは見せなくなってきています。6日には南Wコースで併せて追い切りましたが、元々走ることに対して前向きではないので、乗り手がサポートしてあげないといけない感じでしたね。ただ、途中で気を抜いたりすることなく、この馬なりにしっかりと走れていましたし、来週に向けて十分に負荷の掛かった追い切りを消化することが出来ました。ここまで順調に調整できていますが、ゲートを含めて今後も出来る限りの準備をしっかりと整えておきたいと思います」(11/7近況)

助 手 6南W良 68.2- 53.3- 39.3- 12.9 一杯 ポベーダテソーロ(古馬1勝)一杯の内1.0秒先行同入
助 手 10南W良 57.9- 41.9- 13.5 馬なり余力

Photo_3 ヴィッセン

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:6日にCWコースで追い切り
・次走予定:京都11月23日・高雄特別(荻野極J)

斉藤崇師「6日にCWコースで追い切りました。エリザベス女王杯に出走を予定しているクロノジェネシスと併せましたが、先行し、直線で並び掛けられると、最後はやや遅れを取った程度で最後まで良い感じで走っていましたよ。騎乗した荻野極騎手も『前回より馬の雰囲気が良かったです』と言っていたぐらいですから、この馬なりに良い状態を維持していますね。レースまでにまだ2週ありますから、この調子で動きを良くしていきたいと思います。なお、ジョッキーは引き続き荻野極騎手に依頼しています」(11/7近況)

助 手 3栗B良 69.6- 54.7- 40.3- 12.3 馬なり余力 アナバチャーレ(新馬)馬なりの外同入
荻野極 6CW良 86.6- 70.0- 54.2- 39.7- 11.6 馬なり伸る クロノジェネシス(古オープン)馬なりの外1.0秒先行アタマ遅れ
助 手 10CW良 89.4- 72.5- 56.5- 41.3- 12.5 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

京都で使うか東京で使うかを検討中だったウォリアーズクロスは十分走れる態勢にあるということから、今週末の京都・西陣Sへ向かうことに決定。6日の追い切りではO.マーフィーJに跨ってもらい、JCへの出走を予定しているカレンブーケドールとの併せ馬で追走して同入と場所と言える動きを見せてくれています。あとは初めてとなる関西圏への輸送がどう出るか。気性面で変な癖はない馬なので無難にこなしてくれるのではないかなと思いますが。

ロイヤルアフェアは今週末の出走へ向けて、追い切りではしっかりした動きを披露。仕上がりに関しては何ら不安はありません。自分からグイグイ走ろうとする面が少ないので長距離は合っていると思いますが、小回りコースで出入りの激しい競馬になった時の対応には不安も。あと、ゲート練習も継続して行っていますが、実戦へ行くと悪さをしたがる馬なので、実際のレースを見てみないと効果があったかは何とも言えません。1勝クラスで掲示板に乗れるところまでは前進して欲しいです。

ヴィッセンは帰厩後、順調に追い切りを消化。元々稽古は地味な馬ですが、6日の追い切りではエリザベス女王杯に出走したクロノジェネシスに食らい付く動きを披露し、状態の良さ・雰囲気の良さを感じます。次走の鞍上は引き続き荻野極Jに決定したのも良かったです。京都は時計が速くなる傾向がありますが、開催が進んだ馬場は味方してくれると思うので、3角過ぎからの坂の下りを利用したロングスパートを見せて欲しいです。

« 次走は24日の芝1600mを予定しています。☆ロードユリシス | トップページ | シルクなお馬さん(3歳上・NFしがらき組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ヴィッセン」カテゴリの記事

ウォリアーズクロス」カテゴリの記事

ロイヤルアフェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次走は24日の芝1600mを予定しています。☆ロードユリシス | トップページ | シルクなお馬さん(3歳上・NFしがらき組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ