2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 次走の鞍上が木幡巧Jに決まりました。☆ロードダヴィンチ | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組) »

2019年11月 5日 (火)

現役最強を決めるようなメンバーが揃う中、残り300mでGOサインのボタンを押すと1頭だけ違う次元の末脚を発揮。最後は後ろを振り返る余裕も見せての完勝。ただただ、凄いの一言。☆アーモンドアイ

201910_20191105035901

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

日曜東京11R 天皇賞・秋(G1・芝2000m) 優勝(1番人気) C.ルメールJ

内枠からまずまずのスタートで、道中はロスなく5,6番手を追走します。抜群の手応えで内ラチ沿いからスルスル伸びると、2着馬に3馬身差をつける圧勝劇で、G1・6勝目を挙げています。

C.ルメール騎手「久々の競馬でしたし、東京の芝2000mの内枠で場合によっては包まれてしまう可能性もありましたから、そういった意味で少し心配な部分はありました。でも、スタートは良かったですし、サートゥルナーリアがすぐにプレッシャーを掛けてきたけど、上手くその後ろのポジションで競馬を運ぶことが出来ました。直線に向いて、アエロリットと内ラチの狭いところにスペースがありましたから、躊躇せずにそこを突いて行きました。追い出すと凄く良い反応で、とても良い脚を伸ばしてくれましたので、それには僕もアーモンドアイの上でビックリしましたし、結構早めに『これなら勝てる』と思いました。2歳から3歳にかけて身体的に成長しつつ競馬も上手になり、古馬になってからはさらにパワーアップして、今日も素晴らしい走りを見せてくれました。彼女(アーモンドアイ)のポテンシャルは本当にスペシャルだと思いますし、僕自身、平成最後と令和最初の天皇賞を勝つことが出来て、とても嬉しいです」

国枝調教師「最高の結果を残すことが出来て、ひとまずホッとしています。スタートをポンと出てくれて、3列目の内目を取れましたから、道中の形は完璧でしたね。あとは直線向いて閉じ込められなければと思っていましたが、問題ありませんでした。正直、このメンバーを考えるとしのぎを削るようなレースになると思っていたのに、一気に抜け出して突き放すアーモンドアイに驚きです。また、今日は装鞍からパドック、そして返し馬までとても落ち着きがありましたし、余計なことをしないクレバーな馬になりました。調教から自分の仕事が分かっているような感じでしたから、肉体的な面だけでなく精神的な面にも成長を感じています。レース後はフラフラするようなところがありましたし、かなり速い時計で走ってくれていますので、まずはトレセンに戻って馬体に異常がないかしっかり確認させていただいた上で、今後の予定を検討したいと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

落ち着きがあって無駄のないいつもの仕上がり。今日はゲート内でもガタつかず、好発。行きたい馬を行かせてスッと折り合う。直線はアエロリットと内ラチ沿いの隙間に入り込んでアッという間に抜け出した。ゴール前は後ろを振り返る余裕があり、0秒1差なら実質レコードといっていいだろう。現役最強馬の力を示した。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【天皇賞・秋】アーモンドV!“8割”で最強証明「令和の女傑」G1馬9頭蹴散らした(スポニチより)

これが日本が誇る女王の走りだ。G1馬10頭が集結した天皇陛下御即位慶祝「第160回天皇賞・秋」が27日、東京競馬場で行われた。1番人気アーモンドアイが2着ダノンプレミアムに3馬身差をつける圧勝。国内外含めG1・6勝目を飾った。牝馬の天皇賞・秋優勝は10年ブエナビスタ以来15頭目。鞍上のクリストフ・ルメール(40)は18年秋、19年春に続き史上3人目となる天皇賞3連勝を達成した。

「凄いな。びっくりです」。優勝会見の冒頭、アーモンドアイを管理する国枝師は喜びではなく感嘆の言葉を口にした。

課題のスタートを決め、好位5番手グループを確保。「(ゲートを)ポンと出てくれたので、まずはひと安心。(馬群の)内だったので、あとは締められないようにと思って見ていた」と師。直線に向くと前方でアエロリット、サートゥルナーリア、ダノンプレミアムが並んで叩き合う。内ラチ沿いに空いたスペースに飛び込むと、4頭が並んだのは一瞬。残り300メートルで抜け出すと、ルメールが右ステッキ2発。ここで勝負は決した。レコードにコンマ1秒まで迫る1分56秒2の好時計で、2着ダノンプレミアムを3馬身突き放した。

G1馬10頭が集結した一戦も、終わってみればまさに1強。末恐ろしい愛馬のポテンシャルを、国枝師は「何だか“おっかない”感じがした」とストレートに表現した。「メンバーがメンバーだからね。直線はもっと“しのぎを削る”ような争いになると思った。本当に凄い馬だよ」。いつもレースで完全燃焼するアーモンドアイ。楽勝に見えたが、レース後はこれまで同様に脚元がフラつくシーンも。恒例のコースに戻っての口取り記念撮影はキャンセル。検量室前で水をかけられ、そのまま厩舎へと引き揚げた。姿を見せない優勝馬に、場内が少しざわついたが、師は「止めると少しフラッとしたので大事を取っただけ」と説明した。

春の安田記念から中146日での勝利は、84年グレード制導入以降でレース史上最長間隔V。「休み明けで、クリストフも言っていたように8割の出来だった」と認めた指揮官。それでも圧巻のパフォーマンスでライバルを圧倒した。師は「これ以上求めてもどうか」と前置きした上で「いつも思っている以上に走ってくれる。まだ上がある、別の面を見せてくれる。そんな感じがする」と称えた。

次走はジャパンC(11月24日、東京)と香港カップ(12月8日、シャティン)の2択。師は「オーナーサイドと話し合い、馬の様子をしっかり見極めて決めたい」と話した。ジャパンCで連覇を狙うのか。それとも春のドバイに続き再び世界へ打って出るのか。JRA・G1・16勝を誇る名トレーナーに「凄い」を連呼させた女傑。舞台がどこになろうとも、人知を超えたパフォーマンスでファンを魅了し続ける。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:30日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

国枝師「先週はありがとうございました。レース後は少しフラフラとする場面こそあったものの、トレセンに着いてからは元気な様子で、飼い葉もしっかり食べていました。ただ、あの時計で走っていることで硬さも若干窺えますから、いつも通り1度放牧を挟んで馬体を回復させたいと思います。この後も国内外問わずG1戦線が続きますから、牧場での状態を見ながらどうするかオーナーや牧場サイドと相談して決めていきます」(10/30近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

前走の安田記念で不利が大きかったとはいえ、連勝にストップがかかったアーモンドアイ。1つケチがついたことで繊細な牝馬なので嫌な方向へ進んでいかないかレース前は不安があったのですが、終わってみればまさに圧巻の走り。

懸念されたゲートは上手にタイミングが合って好発。サートゥルナーリアのC.スミヨンJが内へ寄せてきてラチに接触しそうになる場面もありましたが、それにも全く動じるようなところがなかったです。

そしてレースは残り1000mからタイトな流れへ。前に当面のライバルのサートゥルナーリア・ダノンプレミアムらを置いて息を潜める形。直線を向いて各馬の鞍上の手が動き出す中、持ったままの手応えでスペースを探す余裕。2・3着馬が体力的に厳しくなってきたところで進路を見つけ、牝馬ながら躊躇なく内を抜けてきたのは立派。美浦のWコースは東の中央開催に合わせて左回り・右回りを切り替えていますが、左回りの追い切りでも3頭併せから内をスッと抜けてくる形を繰り返していたのも、本番での良い予行演習となったのかなと思います。また、あそこから瞬発力を生かされると、後ろから差すのは困難。これまで1頭も後ろから差されていないアーモンドアイは驚異的です。それでいて完調手前のデキですから…。

レース後、馬場での口取りに参加しなかったアーモンドアイですが、多少フラフラする場面はあったようですが、しっかりクールダウンしたことで問題なし。次走はジャパンCか香港遠征かのどちらかを予定しているようですが、一旦NF天栄へ放牧に出て馬体のメンテナンスを行っています。まもなく次走の予定がハッキリすると思います。

3歳春からG1戦線を駆け抜けてきて、消耗度があっても不思議ではない中、4歳の秋を迎えて更にパフォーマンスを上げているように思うアーモンドアイ。積み重ねてきた母系の血の爆発力・底力は計り知れないものを秘め、キングカメハメハ~ロードカナロアから受け継いだ精神力がそれを開花させたんでしょうねえ。3冠牝馬でも凄いことなのに、それ以上の高めへと進んでいく現状。ビックリさせられることばかりですが、今後も1戦1戦を大事に使っていってもらえればと思います。

« 次走の鞍上が木幡巧Jに決まりました。☆ロードダヴィンチ | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

アーモンドアイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次走の鞍上が木幡巧Jに決まりました。☆ロードダヴィンチ | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ