2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 五分のスタートからスッとレースの流れに乗ることが出来たも、前走でハナヘ行く競馬をした影響か行きたがる素振り。また、終始外々を回らされることになってしまってスタミナを浪費してしまう。その結果、勝負どころで早くも怪しい脚色になり、見せ場を作ることなく11着に敗れてしまう。★ピボットポイント | トップページ | 先手を主張すれば逃げることが出来るかなと見ていたも、他馬が速くて好位からの競馬に。道中はやや苦しい位置取りも、勝負どころから強気に仕掛けていってことが大正解。直線は一旦先頭に躍り出るシーンを作るも、最後は人気馬の末脚に屈して4着。収穫のあるレースは出来た。☆ロードヴァンドール »

2019年11月22日 (金)

シルクなお馬さん(4歳・入厩組)

Photo_6 シグナライズ

11月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に54.0-39.4-25.6-13.0 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。12月7日(土)中京・鳥羽特別・混合・芝1200mに予定しています。

○西浦調教師 「11月20日(水)も坂路で。相応に気合いを付けています。リフレッシュが図れており、イイ感じで駆けていた印象。いずれにせよ本馬の場合、落ち着いて競馬へ臨めるか・・・がポイントでしょうね。今のところは計画通り。乗り役を調整中です」

≪調教時計≫
19.11.20 助手 栗東坂良1回 54.0 39.4 25.6 13.0 馬なり余力

Photo_6 ロードエース

11月20日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に53.4-38.3-24.7-12.4 馬なりに乗っています。短評は「坂路コースで入念」でした。12月7日(土)中山・アクアラインS・混合・ダ1200mに三浦騎手で予定しています。

○松下調教師 「11月20日(水)は余力十分に相応のタイムを記録。以前から稽古は動けるものの、イイ感じで駆けていたでしょう。だいぶ本来の姿を取り戻して来たのかな・・・と。背腰に疲れが溜まり易いタイプだけに、上手くケアしつつ進めたいと思います」

≪調教時計≫
19.11.20 助手 栗東坂良1回 53.4 38.3 24.7 12.4 馬なり余力

Photo_6 ロードダヴィンチ

美浦トレセンで1ハロン18秒前後のキャンターを消化。この馬なりに中間も順調な過程を踏んでおり、この調子を維持しながら更に調整を進めます。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、12月7日(土)中山・3歳上1勝クラス・混合・ダ1800mに予定しています。

○新開調教師 「トレーニングの再開に至ってからも順調そのもの。減った身体を徐々に戻しつつ、時計を出すタイミングを検討しています。11月20日(水)は坂路で普通キャンター。当初の候補に間に合わないようであれば、4週目へスライドするかも知れません」

☆★情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ここまでソフトな追い切りに終始しているシグナライズですが、リフレッシュが叶ったことで動きは軽快。また、落ち着きを増す為にプール調教を併用していますが、これが良い効果を生んでくれればと思います。

ロードエースは反動が出やすいタイプなので追い切り後のケアは欠かせませんが、20日の追い切りは相応の時計をマーク。それでいて余裕を感じさせるので良い雰囲気でここまで来ていると思います。暑さに弱いので休養が長引いてしまいますが、脚力は良いモノがあるので何とかOP入りを果たして欲しいです。

ロードダヴィンチは暮れの中山戦へ向け、馬体の回復を優先中。それ以外は特に不安は見当たらないので、次走に関しては臨機応変に対応していってもらえればと思います。

« 五分のスタートからスッとレースの流れに乗ることが出来たも、前走でハナヘ行く競馬をした影響か行きたがる素振り。また、終始外々を回らされることになってしまってスタミナを浪費してしまう。その結果、勝負どころで早くも怪しい脚色になり、見せ場を作ることなく11着に敗れてしまう。★ピボットポイント | トップページ | 先手を主張すれば逃げることが出来るかなと見ていたも、他馬が速くて好位からの競馬に。道中はやや苦しい位置取りも、勝負どころから強気に仕掛けていってことが大正解。直線は一旦先頭に躍り出るシーンを作るも、最後は人気馬の末脚に屈して4着。収穫のあるレースは出来た。☆ロードヴァンドール »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードダヴィンチ」カテゴリの記事

シグナライズ」カテゴリの記事

ロードエース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 五分のスタートからスッとレースの流れに乗ることが出来たも、前走でハナヘ行く競馬をした影響か行きたがる素振り。また、終始外々を回らされることになってしまってスタミナを浪費してしまう。その結果、勝負どころで早くも怪しい脚色になり、見せ場を作ることなく11着に敗れてしまう。★ピボットポイント | トップページ | 先手を主張すれば逃げることが出来るかなと見ていたも、他馬が速くて好位からの競馬に。道中はやや苦しい位置取りも、勝負どころから強気に仕掛けていってことが大正解。直線は一旦先頭に躍り出るシーンを作るも、最後は人気馬の末脚に屈して4着。収穫のあるレースは出来た。☆ロードヴァンドール »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ