2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« コース形態を考えると内枠を引き当てて積極策を期待していたも、残念ながら外枠へ。今回も前走同様に揉まれない位置で追走し、直線では集中力を切らすことなく大外からじわじわ脚を伸ばし続け、5着以内をひとまず目指して欲しい。★ロードイヒラニ | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組) »

2019年10月20日 (日)

C.ルメールJを背に1週前追い切りを消化。このひと追いでグッと良くなって来て欲しい。☆アーモンドアイ

201910_20191020093601 

Photo_3 アーモンドアイ(牝・国枝)父ロードカナロア 母フサイチパンドラ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:17日に南Wコースで時計
・次走予定:10月27日の東京・天皇賞・秋(G1)・C.ルメールJ

国枝師「17日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中は3頭縦列の最後方を追走して行き、直線で最内に入れて脚を伸ばして、しっかりと先着しています。今日はクリストフ(C.ルメール)に乗ってもらいましたが、問題ないとのことでしたし、スタンドから動きを見ていても、直線でスッと加速していく走りは、さすがだなと思いましたよ。ここまで特に不安なところはなく調整できていますし、来週の追い切りにもクリストフに乗ってもらい、天皇賞で結果を残せるようしっかりと仕上げていきたいと思います」

C.ルメール騎手「17日の追い切りに乗せていただきました。最初跨った時は少し細いかなと思いましたが、ウォーミングアップを終えたら筋肉に張りが出てきたのか、ビルドアップして凄いと思いました。コースに入るとしっかり気合いが乗っていましたし、フットワークも良好で、直線で手前を変えると勢いよく加速してくれました。ゴール後に息をフーッと吐いていたものの、ドバイの時もそうでしたから問題ないと思いますし、調教での走り自体はとても良かったです。何よりも彼女(アーモンドアイ)は自分が何をすべきが分かっていて、角馬場で乗っている時はおっとりしていますが、追い切りになると気持ちが入ってしっかり走ってくれ、本当に素晴らしいと思います」(10/17近況)

助 手 14南W稍 73.3- 56.9- 42.0- 12.9 馬なり余力
ルメール 17南W良 66.4- 51.3- 37.6- 12.2 馬なり余力 コズミックフォース(古オープン)直強めの内0.4秒追走0.4秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【天皇賞】アーモンドアイ鋭伸 ルメール絶賛「脚と息に無駄がない」(デイリースポーツより)

安田記念で連勝が途切れたアーモンドアイだが、秋初戦に向けて仕上がりは順調。攻め駆けする僚馬を相手に17日、最先着を決めた。好メンバーを撃破し、再び連勝街道をひた走るか。 鞍上のルメールは軽く仕掛けただけだった。それでもアーモンドアイの反応は鋭かった。美浦Wでの1週前リハ。腰は柔らかく入り、肩は伸び伸びと体幹から遠くのチップをとらえる。まるでデビュー前の2歳馬を相手にするようにスイスイ進む。向正面では2馬身ずつの3頭縦列だったが、ゴールは最内に入ってきっちり最先着を果たした。

5F66秒1-37秒6-12秒4に、国枝師は「しまいの反応を確かめてもらった」と説明する。これだけ聞けば軽めにサッとやっただけにも思えるがさにあらず。外先行は既に6勝、オープン勝ちもある5歳馬レッドローゼス。中の4歳馬コズミックフォースは昨年のダービー3着馬だ。美浦屈指のトップ調教師は、在厩馬から実戦明けの馬を除いて、最も実績上位の2頭を併走馬に配した。

指揮官は「ドバイと同じようにすごくリラックスして動きもいい」と上機嫌。鞍上の感触も悪いはずがない。「すごくいい追い切り。馬場入りから動きがとても良かった。脚と息に無駄がない。直線もいい脚を使ってくれたね」。安田記念は不利が重なって3着に終わったが、雪辱に向けて本来の力を発揮できるとみていいだろう。最強女王が、着々と態勢を整えつつある。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

いよいよ来週に迫った天皇賞・秋(G1)。先月26日に美浦へ戻って来て調教・追い切りを重ねているアーモンドアイ。正直、昨年の良かった頃に比べると、『どうかな?』という感じで見てきましたが、1週前追い切りはC.ルメールJを背にWコースで併せ馬を敢行。相手には実績を残している馬をチョイスし、時計以上の負荷が掛かっていると思いますが、内から悠々と先着。息遣いに物足りなさは残りますが、このひと追いでグッと良くなってきてくれると思うので、ひとまず良い追い切りは出来たと思います。また、最終追いにもC.ルメールJが駆けつけてくれるので、あとは微調整程度で軽く気合をつけ、レースへ向けて心身のバランスを整えてもらえればと思います。

相手は強力ですが、まずは不利なく自分の力を出し切れるレースを期待しています。それが出来れば、結果は自ずとついてきてくれるでしょう。

« コース形態を考えると内枠を引き当てて積極策を期待していたも、残念ながら外枠へ。今回も前走同様に揉まれない位置で追走し、直線では集中力を切らすことなく大外からじわじわ脚を伸ばし続け、5着以内をひとまず目指して欲しい。★ロードイヒラニ | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

アーモンドアイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コース形態を考えると内枠を引き当てて積極策を期待していたも、残念ながら外枠へ。今回も前走同様に揉まれない位置で追走し、直線では集中力を切らすことなく大外からじわじわ脚を伸ばし続け、5着以内をひとまず目指して欲しい。★ロードイヒラニ | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ