2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組) | トップページ | 30日に栗東・松下厩舎へ帰厩しています。☆ピボットポイント »

2019年10月31日 (木)

1度実戦を経験してピリピリしてきて、レースでも幾分力んだ追走になるも、折り合いを欠くようなシーンはなし。ただ、直線入り口で進路が塞がって、馬場の悪い内へ切り替えないといけなくなったのは大誤算。上位3頭とはスムーズさを欠いた点とタフな馬場への適応力の差。4着に敗れたとはいえ悲観する内容でもなかった。★ヴィースバーデン

201910_20191031191701

Photo_6 ヴィースバーデン(牝・角居)父ディープインパクト 母ワイルドココ

10月26日(土)京都9R・萩S(L)・国際・芝1800mに和田Jで出走。7頭立て2番人気で6枠6番からスローペースの道中を6、6、5番手と進み、直線では中央を通って0秒4差の4着でした。馬場は稍重。タイム1分51秒2、上がり34秒7。馬体重は増減無しの418キロでした。

○角居調教師 「テンションが上がっているものの、だいぶ調教では手の内に入るように。あとは実戦にも落ち着いて臨めれば・・・と思います。今回は馬場状態も影響を及ぼした印象。もう少し身体も成長して欲しいですね。ひとまず厩舎へ戻ってダメージ等を確認。その上で今後のプランを相談しましょう」

○和田騎手 「中間は随分と気が入っており、その点に注意したレース運び。本当は内の2、3番手ぐらいを取りたかったのですけどね。何とか道中も我慢して走れていただけに、結果的には自分から動けば良かったかも。上手く乗れずに申し訳ありません。稍重にも対応していたとは言え、やはり元々が線の細いタイプ。軽いコースがベターなのは確かでしょう」

☆★画像と情報は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

先を急がず後方から。抑えて脚を温存。折り合って追走し、4角手前から促していく。直線入り口で両サイドから絞られる感じになって進路を切り替える場面があったがビュッとは伸びなかった。もっと軽い馬場が良さそう。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。今後は近日中に滋賀・グリーンウッドトレーニングへ移動して12月8日(日)阪神・阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)・国際・牝馬限定・芝1600mへ向けて態勢を整えます。

○酒井調教助手 「何度か進路が詰まる場面も。決して力負けとは違うでしょう。次走に関して協議。1勝馬だけに恐らく抽選対象と思われるものの、G1へ向けて準備を進めたいと思います。時間に余裕が持てる状況。1、2週ほどリフレッシュさせましょう」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ドイツの母系から道悪馬場になっても対応できるかなと見ていたヴィースバーデン。それなりに頑張ってはくれましたが、最後にワンパンチ足りなかったのは420キロ足らずの馬体では今の京都馬場はタフ過ぎたのかなと思います。

また、シグナライズの半妹ということで1度実戦を経験してピリピリ。イレ込むほどではなかったですが、デビュー戦のような伸びやかな歩様で周回することは今回出来ていなかったと思います。レースに関しても、行きたがる素振りを見せないか危惧する形で序盤は折り合いに専念。デビュー戦は楽に追走している感じでしたが、今回は幾らか力みがちな追走。この辺もデビュー戦のように弾けなかった要因かなと。また、最後の直線で内と外から進路を絞られて馬場の悪い内へ切り替えるしかなかったのも痛かったです。2着馬のシリアスフールがいやらしい位置で直線を向いていました。早目に外から交わしてくれていれば馬場の良い外へ切り替えることが出来たのですが…。

また、今回先着を許した3頭はそれぞれ500キロ前後の馬体の持ち主。単純にタフな馬場への対応力が高かったと思いますし、勝ち馬と2着馬はクラシック路線に必ず絡んでくるような馬。もう少し食い下がって欲しかった気持ちはありますが、デビュー戦勝ち後に一頓挫ありましたし、この経験を次走以降に役立ててもらえればと思います。

レース後のヴィースバーデンですが、脚元は大丈夫そう。一旦放牧に出して年明けから再始動かなと見ていたら、短期放牧に出して暮れの2歳G1を目指すことに。厩舎としても今回の敗戦は力負けだとは思っていないようですし、それなりにヴィースバーデンの素質・能力を買ってくれている証拠でしょう。近日中に滋賀・グリーンウッドへ移動予定ということで、まずはデビュー2戦での心身の疲れ・ストレスを解消し、馬体をしっかり膨らませて厩舎に戻ってきてもらいたいです。

« シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組) | トップページ | 30日に栗東・松下厩舎へ帰厩しています。☆ピボットポイント »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ヴィースバーデン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組) | トップページ | 30日に栗東・松下厩舎へ帰厩しています。☆ピボットポイント »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ