最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(4歳上・牧場組) | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組) »

2019年10月23日 (水)

在厩調整での中2週のローテを懸念していた通り、レースでは精神面のゆとりがなくなって反抗するような面を出してしまう。そんな中でも4着に食い込んできているようにこのクラスでは力上位は確かなのですが…。★インヘリットデール

201909_20191023212102

Photo インヘリットデール(牝・高野)父ルーラーシップ 母フサイチエアデール

土曜京都9R 久多特別(芝1400m)4着(2番人気) 北村友J

前走に引き続きブリンカーを着用しています。まずますのスタートを切るも行き脚が付かず中団やや後方8番手を追走します。最後の直線で懸命に脚を伸ばしますが、上位馬には及ばず4着でレースを終えています。

北村友一騎手「前回と違って今回は返し馬の段階から進みが少し悪いなと感じていたのですが、レースでもそれが出ていましたね。スタートそのものは悪くなかったですし、そのまま流れに乗って行けると思ったのですが、急に耳を絞り、突っ張ってブレーキを掛けてしまいました。道中は考えていたポジションが取れず、追走で一杯でしたし、最後の直線も伸びてはいますが、前走ほどの勢いはありませんでした。前走と比べると明らかに気難しいところが出てしまっていましたから、心身ともに苦しいところがあったのかもしれません」

高野調教師「調整の段階では気難しいところは見せなかったですし、コンディションとしては前走以上の手応えでした。ただ、続けてレースを使ったことで、苦しさから気難しいところが出てしまったのかもしれません。その中でも掲示板をしっかり確保してくれましたし、デビューから20戦して掲示板を外したのはたった一度だけですから、本当に大した馬ですね。このまま続戦しても良い結果に繋がらないでしょうから、レース後はその日のうちにノーザンファームしがらきへお戻しさせていただきました。この後は牧場で状態を確認してからになりますが、問題なければ年内の出走を目指したいと考えています」(レース結果)

⇒⇒19日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧に出ています。(21日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

6キロ増で太め。中団。直線ではナイトバナレットの内に進路を確保したが、外のピエナミントには伸び負けて、結局ケイアイサクソニーも掴まえ切れなった。ワンパンチが課題。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

手頃な頭数+直線の長い京都・外回りへのコース替わり+距離2度目で前進あるのみと見ていたインヘリットデール。ただ、在厩調整で臨む中2週が心的に悪影響を及ぼさないかだけが心配でした。そしてその心配が現実のものになってしまうことに。

レースはライブで見れていないので、パドックや返し馬の雰囲気は分かりませんが、北村友Jのコメントだと返し馬で気難しさを出していたとのこと。スタートは五分に出ましたが、行き脚はそれほどなかったので、出たなりの位置で折り合いに専念することを優先。画面上では自らブレーキを掛けているとは感じませんでした。また、4角を回ってくる時は内でじっと我慢できる余裕があったので、あとは手応え通りに伸びてくれるだけでしたが…。ジリジリ脚を使い、際どい3着争いに顔を覗かせてくれましたが、前走のような勢いは見られませんでした。前走後の調整ぶりを見ると、良い雰囲気を維持できていると思ったのですが、インヘリットデールの隠し持った気難しさはそう簡単なものではありませんでした。

レース後はのインヘリットデールですが、トレセンへ帰厩することなく、その足でNFしがらきへ。年内の出走を目指してようなので緩めずに乗り込みながら、精神面のリフレッシュ・改善に時間を設けてもらいたいです。反抗しながらでも上位に顔を覗かせたように、このクラスは勝たないといけないので、次走こそ勝ち切ってスッキリさせて欲しいものです。

« ロードなお馬さん(4歳上・牧場組) | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)インヘリットデール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(4歳上・牧場組) | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NF天栄組) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ