2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(1歳・関東牡馬) | トップページ | 10月12日と13日の東京競馬は台風の影響を鑑みて中止が決定 »

2019年10月11日 (金)

直線で外から2着馬の強襲を受けて勝負根性に火が付く。すぐに内から盛り返して約1馬身ほど前へ出ると最後までその差は詰まらず。レコードのおまけ付きでデビュー戦からの連勝で初重賞制覇を遂げる。☆サリオス

201910_20191010044901

Photo_3 サリオス(牡・堀)父ハーツクライ 母サロミナ

土曜東京11R サウジアラビアロイヤルC(G3・芝1600m) 優勝(1番人気) 石橋脩J

スタートを決めて、3番手を追走します。楽な手応えで直線に向き、残り400m地点から追い出されると、最後までしっかり伸びて、1分32秒7のレコードタイムで初重賞制覇を飾っています。

石橋脩騎手「中間にゲート練習もしていたので、スタートは難なく決まりました。開幕週と言うこともあり、ある程度のポジションは欲しいと思っていたため、スッと理想的なポジションを取れたと思います。今日の相手は恐らくクラヴァシュドールだと思っていたので、外から迫ってきたタイミングで追い出しを開始しました。一瞬並びかけられましたが、更に加速して伸び負けることなく、むしろ最後は突き放してくれる完勝劇でしたね。非常に能力の高い馬ですし、これからがより楽しみになりました。このような潜在能力の高い馬に乗せていただいて、とても光栄ですし、調教時からたくさん勉強させてもらいました」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好馬体。1完歩目はそれほど速くなかったものの、行き脚はついた。ガッチリと手綱を持って3番手をキープ。行きっぷり良く直線へ。外から2着馬に並ばれたが、馬体を併せるとそこからグイッとひと伸び。終わってみれば完勝だった。従来のレコードを0秒3更新。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン/近日中に滋賀県・NFしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの調教

堀師「先週はありがとうございました。時計の速い決着になりましたから、その後の状態が心配でしたが、幸いレース後はすぐに息が入りましたし、こちらが想像していたよりも疲れはありませんでした。ただ、両前の捌きの硬さであったり、右トモの入りがあまり良くない感じでもありましたから、無理をさせず放牧に出させていただきたいと思います。次走については、賞金加算出来ましたので、牧場での回復状況を見ながらじっくりと吟味させていただきます」(10/9近況)

⇒⇒10日に滋賀県・NFしがらきへ放牧に出ています。(10日・最新情報より)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【サウジアラビアRC】サリオス 2歳コースレコードV!デビュー2連勝で重賞初制覇(スポニチより)

5日の東京メイン、2歳重賞の「第5回サウジアラビアロイヤルC」は1番人気サリオスが直線で抜け出し、1分32秒7の2歳コースレコードでV。17年のこのレースでダノンプレミアムがマークした1分33秒0を0秒3更新した。

デビュー2連勝で重賞初制覇。堂々とG1戦線に名乗りを上げた。近2年、後のG1馬3頭を出した出世レースでこの強さ。生産したノーザンファーム吉田勝己代表は「来年のダービー(出走)は決まったかな」とリップサービスも滑らかだ。石橋も「力を出せて良かった。こういう馬に乗せていただいてありがたい」とホッとした表情を見せた。

逃げたアブソルティスモを見ながら想定通りの3番手。「ゲートは上手に出てくれると思っていた。内めの枠でこういう(速い)馬場。後ろからにならないようポジションを取りに行こうと思った」。全て石橋の思い通りに運んだ。新馬戦と同じ上がり3F33秒1。ただ、好位からの横綱相撲でマークした今回は中身が濃い。「2着馬(クラヴァシュドール)もかなりの脚(3F33秒1)を使っていたが伸び負けなかった。力がある。G1でも」。石橋は力強く締めくくった。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

唯一、東京・芝1600mを勝っていましたし、デビュー戦の内容からここで躓いてもらっては困ると正直思っていたサリオス。レース・パドックはライブで見ることは出来ず、結果を知ってからレースを見直すことになりましたが、まずは結果を知ってホッと一安心。ダノンプレミアム・グランアレグリアがここを勝っているように若駒の登竜門といえる1戦に名前を刻むことが出来ました。

馬体重は前走からプラス6キロ。元々大きいのでこれぐらいの増減はさほど影響はなかったのかなと思います。帰厩前後にちょっとしたトラブルはありましたが、ひと追い毎に動きは良化していたのでほぼ万全の態勢でレースへ臨めたのかなと思います。

レース運びは序盤ゆっくり進めて、直線勝負に徹するのかなと見ていましたが、マズマズのスタートを切って3番手追走。それほど速くない流れでも折り合いはしっかり付き、上々の行きっぷり+抜群の手応え。あとは直線で手応え通りに伸びてくれればという感じだったのでしょう。

最後の直線、ゆっくり追い出しに掛かったサリオス。ただ、その際の反応がやや鈍く、終始サリオスをマークしてレースを進めてきたクラヴァシュドールがその間隙をぬって先頭を窺う脚色。実際、少し前に出られていたと思いますが、外から被せられても怯むことなく、逆に勝負根性に火が付く結果に。内からすぐに盛り返すして約1馬身ほど前へ出ると、最後までその差は詰まりませんでした。育成当初からオンオフがしっかり付く馬でしたが、オンの時にここまでの勝負根性を発揮するとは、頭の下がる思いです。

レース後のサリオスはレコード決着になったこともあり、馬体に硬さが見られ、疲れは相応にあったと思います。ただ、そこまで深刻ではないと思うので、まずはNFしがらきでしっかり休ませ、心身のリフレッシュを図ってもらえればと思います。次走に関しては、まずは状態の良さありきで決めていって欲しいです。

レースを使いつつピリピリしてきたので、距離延長には多少不安は感じますが、今回のようなレースが出来るなら2000mは克服してくれそう。多頭数の競馬は経験していませんが、操縦性の高さと勝負根性の良さから問題ないと思いますし、混戦になって更に良さが出そうなタイプかも。ただ、完成度が高いのは事実なので、成長力をどこまで備えているのかが大きなキーポイントになるのかなと見ています。

« シルクなお馬さん(1歳・関東牡馬) | トップページ | 10月12日と13日の東京競馬は台風の影響を鑑みて中止が決定 »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

サリオス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(1歳・関東牡馬) | トップページ | 10月12日と13日の東京競馬は台風の影響を鑑みて中止が決定 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ