2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(関西牡馬・来週出走予定) | トップページ | 次走の鞍上がC.スミヨンJに決まりました。☆ダイアトニック »

2019年10月 5日 (土)

ブリンカー装着+馬体重を絞って臨んだ前走は不調を一変する走り。昇級戦で改めてどこまで通用するかですが、追い切りの動きは前走以上に素晴らしい動きを披露。仕上がり&状態は文句なしに良さそう。☆ブロードアリュール

2019061400_20191003031801

Photo_3 ブロードアリュール(セ・尾関)父ゴールドアリュール 母ブロードアピール

土曜東京12R 3歳上2勝馬クラス(ダ1400m)4枠7番 内田J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:2日に南Wコースで時計

尾関師「2日に南Wコースで追い切りを行いました。G1にも出走経験のある、古馬3勝クラスのロサグラウカとの併せ馬でした。霧の影響で道中の形は見えませんでしたが、直線に入ってからの動きは良かったと思いますよ。騎乗した内田騎手も好感触を持ってくれましたし、何より歩様がそこまで良いタイプではないですから、予め調教で乗ってもらえたことはプラスに働くでしょう。ここまで勝ち鞍は全て東京コースで挙げており、2勝クラスでも元々善戦していた馬ですから、今週のレースが非常に楽しみですね。また、前走と同様に、ブリンカーを着用して出走予定です」

内田騎手「2日の追い切りに乗せていただきました。尾関師からは攻め駆けする馬だと聞いていましたが、その通りとても良い動きを見せてくれました。並ばれてからグッと感情を出すところがあり、その点はレースでも良い方向に働いてくれればと思います。レース前にこの馬の癖を掴んでおくことができて良かったですし、最高の結果が出せるように頑張ります」(10/2近況)

助 手 29南W良 71.3- 55.8- 41.5- 13.7 馬なり余力
内田博 2南W良 キリ 馬なり余力 ロサグラウカ(古馬3勝)馬なりの内同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回東京1日目(10月05日)
12R 3歳上2勝クラス
ダ1400メートル 指定 定量 発走16:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ヤマイチジャスティ 牝6 53 木幡育也
1 2 アイアムジュピター 牡5 56 武藤雅
2 3 リスペクタブル 牡4 57 石川裕紀人
2 4 デピュティプライム セ6 57 M.デムーロ
3 5 ララパルーザ 牡6 57 大野拓弥
3 6 フィルムフランセ 牝5 52 岩田望来
4 7 ブロードアリュール セ5 57 内田博幸
4 8 イチゴミルフィーユ 牝3 53 伊藤工真
5 9 キングスヴァリュー せ4 57 石橋脩
5 10 コウエイアンカ セ4 57 戸崎圭太
6 11 クールリフレイン 牡4 57 太宰啓介
6 12 ザディファレンス 牡3 54 野中悠太郎
7 13 カゼノドリーム セ7 57 武士沢友治
7 14 コスモビスティー 牡4 57 柴田大知
8 15 ドゥラリュール セ6 57 横山典弘
8 16 ローレルジャック 牡6 57 松岡正海

○尾関師 「以前3着しているように、このクラスが壁になることはないはず。体質が強くなってきたし、仕上がりもいいので、ヒケは取りません」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

旧500万下でも9着→10着と低迷期を送っていたブロードアリュール。正直、そこから立ち直るのは難しいと見ていましたが、体質強化&気性面の改善を図る為に去勢手術を行ったり、歩様の硬さを気にするあまり手緩い調整にもなっていたので、坂路調教を取り入れて鍛えていく方針に切り替えるなど手は尽してきました。

前走では新たな試みとしてブリンカー装着でレースへ臨んだブロードアリュール。スタート良く、前目の位置でレースの流れには乗れていたも、道中の手応え・反応は今イチに見えたのですが、直線でやや強引に外へ持ち出したら戦闘モードに。ひと追い毎に前との差を詰めていくと、その勢いは鈍ることなく約2馬身差の完勝劇。馬体重が大きく減っていましたが、結果を見れば、それも良かったんでしょう。

前走後はNF天栄でリフレッシュ。一生懸命走り切ったことで歩様の硬さが和らぐのに時間を要してしまいましたが、トレッドミルを併用して少しずつ負荷を高めていくことに。そろそろ軌道に乗っていくかなと見ていたところ、今度は何かの拍子に驚いて、馬房の中で額に外傷を負ってしまうアクシデントが発生。場所が場所だけにペースダウンは避けられず、結局は実績のある秋の東京を目指して、じっくり進めていくこととなってしまいました。ただ、馬場での騎乗運動を再開後は順調に乗り込むことが出来、動きも上昇を遂げてきました。

9月12日に美浦へ戻って来てからも、歩様に硬さは残るものの、丹念に追い切りを積み重ねてきました。元々、攻めは動く馬ですが、2週にわたって日曜日の京都大賞典に出走予定のグローリーヴェイズを煽る動きを披露。去勢した馬体に気持ち等がフィットしてきて、体質強化が図られていると思います。最終追いはパートナーを変えましたが、引き続き活気ある動きを見せてくれていたようです。久々は全く気にしないので、あとは2勝クラスでどこまで通用するかです。

確かに旧1000万下で3着はありますが、その時の3着はあまり褒められた感じではなく、何とか3着に最後上がれた感じ。速い時計への対応力に課題があった馬なので、3勝挙げている好相性の舞台といえ過信は禁物でしょう。その一方でその当時とは馬のデキが違うと思いますし、体質強化で十分な負荷を与えてきた今なら時計を詰めたりと伸びシロはあります。連勝できれば勿論嬉しいですが、まずはこのクラスで通用するメドの立つ走りをしっかり示してくれればと思います。内田Jは追い切りで感触を確かめてくれているので、それを実戦でしっかり役立てて乗ってきてもらいたいです。

« シルクなお馬さん(関西牡馬・来週出走予定) | トップページ | 次走の鞍上がC.スミヨンJに決まりました。☆ダイアトニック »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ブロードアリュール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(関西牡馬・来週出走予定) | トップページ | 次走の鞍上がC.スミヨンJに決まりました。☆ダイアトニック »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ