最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 27日に美浦・稲垣厩舎に帰厩しています。☆ヴェルトゥアル | トップページ | ひと追い毎に時計を詰めて仕上がりは良好。ただ、マイルは幾分長いような気がするので、正攻法の競馬ではなく道中じっくり構えて末脚をしっかり伸ばす競馬を見せて欲しい。☆エルスネル »

2019年9月29日 (日)

牝馬のような線の細さが大きな課題も、操縦性が高く、追ってからしっかりしているのは○。追い切りでもそれなりに動いていますが、実戦の芝へ行って更に良さが出そう。☆ロードドミニオン

Photo_20190928071001

Photo_6 ロードドミニオン(牡・西浦)父ロードカナロア 母サウンドオブハート

9月29日(日)阪神5R・2歳新馬・芝1600mに中谷Jで出走します。9月25日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に56.4-41.1-26.5-12.7 末強目に追っています。併せ馬では馬なりの相手を0秒8追走して同時入線。追い切りの短評は「脚取り確か」でした。発走は12時10分です。

○西浦調教師 「もう殆んどデキているだけに、9月25日(水)は調整程度です。追い切る毎に良化。初めての実戦で未知数ながら、楽しみを持って送り込みます。乗り役が埋まっていたように、ここに来て一気に頭数が増加。厳しい抽選を強いられるかも・・・」

≪調教時計≫
19.09.25 中 谷 栗東坂良1回 56.4 41.1 26.5 12.7 末強目追う エターナリー(2歳未勝利)馬なりを0秒8追走同入

☆★情報と画像は(株)ロードサラブレッドオーナーズのHPより☆★

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回阪神9日目(09月29日)
5R メイクデビュー阪神 2歳新馬
芝1600メートル 指定 馬齢 発走12:10
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ハーランズハーツ 牡2 51 斎藤新
1 2 レガーメペスカ 牡2 54 藤井勘一郎
2 3 インザムード 牡2 54 田中健
2 4 クリノヴィンセント 牡2 54 松田大作
3 5 アシャカチャン 牝2 51 団野大成
3 6 アヴェイル 牝2 54 和田竜二
4 7 ルベルアージ 牡2 54 吉田隼人
4 8 ベストジーニスト 牡2 54 柴山雄一
5 9 レペット 牝2 53 横山武史
5 10 メイショウウナサカ 牡2 54 藤岡康太
6 11 スペラーレ 牡2 54 北村友一
6 12 ガリレイ 牡2 54 太宰啓介
7 13 バーグアンノール 牝2 54 松山弘平
7 14 エルスネル 牡2 54 荻野極
7 15 ニシノパッシオ 牝2 51 亀田温心
8 16 ロードドミニオン 牡2 54 中谷雄太
8 17 シゲルキンセイ 牡2 51 岩田望来
8 18 ナムラマホーホ 牡2 51 三津谷隼人

※緑字は他クラブ出資馬

○西浦師 「しっかり乗り込んできたし、今週は併せ馬でサッと。芝向きのいい走りをするよ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【阪神新馬戦】ロードドミニオン、カナロア×実績馬の母で大物誕生の予感(スポニチより)

日曜阪神5R(芝1600メートル)、ロードドミニオン(牡=西浦、父ロードカナロア)の母サウンドオブハートは現役時代に重賞1勝。11年阪神JF3着、12年桜花賞4着と、G1実績もあり、17年当歳セレクトセールでは3240万円の値を付けた。西浦師は「入厩当初は動きがひと息だったけど、やるごとに良くなってきた」と手応えをつかんでいる。今週はレースで騎乗する中谷を背に坂路で4F56秒4~1F12秒7をマーク。良血からついに大物誕生か。デビュー戦の走りに注目だ。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

血統的には気になる存在でしたが、牝馬のような線の細さがネックになっていたロードドミニオン。価格に似合った活躍は難しそうと見送る方針ではあったのですが、ロードの2歳牡馬で1番期待していたロードクラージュが案外な走りになってしまい、すぐさま去勢手術(現在は骨折で休養)へ。他の出資済の牡馬も先行きが怪しくなってきたことから、負債が増えることを覚悟で出資することに。調教動画では少し頭の高い走法も、これは母父アグネスタキオンの影響だと思いますし、変な癖もなく操縦性の高さが長所。血統馬なので体力が備わってくれれば動きも自然と良くなってきてくれると願望込ではあります。

募集締め切り後は7月4日に栗東・西浦厩舎へ。新しい環境に慣らしながらゲート練習を進めてきましたが、約1週間でゲート試験を1発クリア。血統馬らしい学習能力を見せてくれてホッと一安心。その後は線の細さを幾らかでも解消する為に、一旦千葉へ戻り、コツコツと乗り込んできました。馬体面での変化は乏しくても、基礎体力は間違いなく養われたと思います。

8月22日に再度栗東へ戻ってきたロードドミニオンはここを目標に調教・追い切りを重ねてきました。時計に関してはビックリするほどのものは出ていないも、追ってからしっかり伸びていますし、坂路だけでなくCWコースでもしっかりした動きを披露。トビの大きい走りをする馬みたいですし、非力さが残る現状なので実戦の芝へ行って更に良さが出てくれそう。デビュー戦からいきなり出資馬対決となりましたが、こちらの方が舞台は合っている感じがしますし、多頭数で持ち味の操縦性の高さが活きてきそう。あとは追い切り同様、追ってからしっかり脚を繰り出してもらえればと思います。良いモノを秘めているのは確かなので、使って行きながら馬体面の成長が伴ってきてくれることを願うばかりです。

« 27日に美浦・稲垣厩舎に帰厩しています。☆ヴェルトゥアル | トップページ | ひと追い毎に時計を詰めて仕上がりは良好。ただ、マイルは幾分長いような気がするので、正攻法の競馬ではなく道中じっくり構えて末脚をしっかり伸ばす競馬を見せて欲しい。☆エルスネル »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードドミニオン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 27日に美浦・稲垣厩舎に帰厩しています。☆ヴェルトゥアル | トップページ | ひと追い毎に時計を詰めて仕上がりは良好。ただ、マイルは幾分長いような気がするので、正攻法の競馬ではなく道中じっくり構えて末脚をしっかり伸ばす競馬を見せて欲しい。☆エルスネル »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ