2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 8月29日に栗東・角居厩舎へ帰厩しています。☆ヴィースバーデン | トップページ | シルクなお馬さん(5歳上・NFしがらき組) »

2019年9月 1日 (日)

厳しい条件だった前走を叩いて動きは確実に良化。56キロで戦えるのも有利。大混戦になりそうですが、実績のある舞台でまだまだやれるところを見せて欲しい。☆モンドインテロ

201908_20190830113401

Photo_3 モンドインテロ(牡・手塚)父ディープインパクト 母シルクユニバーサル

日曜札幌11R 丹頂S(芝2600m)5枠7番 荻野極J

・在厩場所:札幌競馬場
・調教内容:28日に札幌ダートコースで時計

手塚師「28日に荻野極騎手に手伝っていただき、札幌ダートコースで併せて追い切りを行いました。道中はモンドインテロが追走する形で、直線では内目に進路を取ると、最後は2馬身ほど先着しています。他厩舎の2勝クラスの馬との併せ馬でしたが、特に戸惑うこともありませんでしたし、乗っていた荻野騎手も『体は大きい馬ですが、思ったよりズブさが無くて反応は上々です』と感触は良かったようです。先週も時計は出せていましたし、今週もしっかり追ってもらって良い時計が出ましたから、仕上がりは良好ですよ。ハンデも56キロとこの馬にとっては手頃な斤量でしたので、得意の札幌の舞台でオープン特別4勝目を狙います」(8/29近況)

荻野極 28札ダ良 68.8- 52.6- 38.5- 12.1 直一杯追う ハウエバー(古馬2勝)馬なりの内0.8秒追走0.3秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回札幌6日目(09月01日)
11R 丹頂S
芝2600メートル 3歳上OP 特指 国際 ハンデ 発走15:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 カラビナ 牡6 54 藤岡佑介
2 2 ハナズレジェンド 牡6 53 川島信二
3 3 チェスナットコート 牡5 56 坂井瑠星
3 4 マイハートビート 牡4 53 吉田隼人
4 5 タイセイトレイル 牡4 55 中谷雄太
4 6 マイネルヴンシュ 牡5 54 丹内祐次
5 7 モンドインテロ 牡7 56 荻野極
5 8 ポンデザール 牝4 50 石川裕紀人
6 9 ヴァントシルム 牡5 55 藤岡康太
6 10 オブリゲーション 牡6 51 松岡正海
7 11 ヤマカツライデン 牡7 54 池添謙一
7 12 ドレッドノータス せ6 56 菱田裕二
8 13 ミライヘノツバサ 牡6 55 横山武史
8 14 メイショウスミトモ 牡8 55 柴山雄一

○藤井助手 「前走は長期休養明けで58キロ。それにペースが遅かったことも考えれば悲観する内容ではなかった。追い切りの動きが良かったように叩かれて順当に良化。斤量も56キロと軽くなるから改めて期待する」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

昨年末のステイヤーズSで3着に入り、芝の長丁場ならまだまだ頑張れることを示したモンドインテロ。その流れを受けて、今年の初戦を東京・ダイヤモンドSに定めて調整を進めていましたが、帰厩目前で右前の膝裏が腫れて歩様を乱すアクシデント。筋を伸ばしてしまった為、慎重に立て直すことになってしまいました。

そして約8ヶ月のブランクがあっての前走。早目に函館競馬場へ入厩し、丹念に乗り込んで復帰することは出来ました。鞍上にC.ルメールJを迎え、過去2連覇のある実績のある舞台(番組)。人気が分散していたとはいえ、最終的には1番人気に支持されていたのはビックリでした。レースはじっくり構えて末脚勝負。道中は折り合いが付いて良い感じでしたが、勝負どころからの反応が一息。直線でいざ追われてもピリッとした脚は使えず、ゴール前の叩き合いに加わることが出来ないまま6着に終わりました。ちょっと物足りなさは残りましたが、脚部不安明けで58キロの斤量。さすがに条件が厳し過ぎました。

その前走から中3週のローテで臨む今回。定量戦からハンデ戦に替わって斤量がどうなるか注目していましたが、2キロ減の56キロはちょっと恵まれた印象。1週前に函館競馬場から札幌競馬場へ移動してきましたが、ここ2週はダートで終い重点ながらビシッと追われ、上々の動き・時計をマーク。ひと叩きして良くなっているのは間違いありません。今回のパートナーは荻野極J。初めての騎乗となりますが、2週連続で追い切り(1週前は藤田菜Jの表記がありましたが、競馬ブックでは荻野極Jに修正されています)に跨り、感触を掴んでくれています。私の出資馬でズブさが目立つヴィッセンを好結果に導いてくれているので、モンドインテロとも手が合うように思います。ただ、荻野極Jらしい積極的な騎乗よりも、ここに関しては末脚を生かす競馬を試みて欲しいです。レースはそれなりに流れ、最後は渋太さ比べになってくると思うので、他馬が苦しくなっているところを差し込んでくれれば。悪くても、前走より上の着順に来てもらいたいです。

« 8月29日に栗東・角居厩舎へ帰厩しています。☆ヴィースバーデン | トップページ | シルクなお馬さん(5歳上・NFしがらき組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

モンドインテロ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月29日に栗東・角居厩舎へ帰厩しています。☆ヴィースバーデン | トップページ | シルクなお馬さん(5歳上・NFしがらき組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ