2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組) | トップページ | 高速馬場で取りこぼすことは想定していたも、立ち上がり気味でのスタート+寄られる不利で致命的な出遅れ。その後は10発以上の鞭を入れてポジションを一気に挽回しようとする酷い騎乗も重なり、終わってみればまさかの最下位。★シグナライズ »

2019年9月19日 (木)

煽り気味のスタート+序盤の飛越のモタモタでポジションが後ろになったのは誤算。勝負どころでもスムーズさを欠く場面もあって、この馬のタフさを生かし切れなかったも、無事完走して最後までジリジリ脚を伸ばして5着へ入ったことは評価。クラスに慣れていけば、いずれは通用しそう。☆ブライトクォーツ

201909s

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜阪神8R 阪神ジャンプS(G3・障3140m)5着(7番人気) 熊沢J

まずまずのスタートから、無難に2つの障害を飛越します。道中は中団を追走し、2周目の向こう正面あたりから徐々に押し上げて行き、最後の直線ではジリジリ脚を伸ばして5着でゴールしています。

熊沢騎手「久々のレースとあって道中はモタモタしていましたが、飛越は問題なかったですし、昇級戦としては最後までバテずによく頑張ってくれましたね。この距離でも道中は忙しく感じましたし、距離が延びれば延びるほど競馬がし易くなりそうです。襷コースからスピードを乗せていったところ、コーナーで外へ膨れてしまい、それに加えて前の馬が速くなかった為にブレーキを掛けることになってしまったのは痛かったですが、あそこをスムーズに立ち回って、もう一つ前のポジションでレースが運べていればもう少し差を詰め寄っていたかもしれません。相手関係を考えればよく頑張ってくれましたし、クラス慣れしていけば通用してくれそうですね」

荒川調教師「久々に加え、昇級戦としてはよく頑張ってくれましたね。休み明けの分、少しモタモタしていましたが、飛越は安定していましたし、最後までバテずにジリジリ伸びてくれました。レース後に状態を確認したところ、右前を落鉄していたのが分かりました。その影響も多少なりともあったと思いますし、重賞馬が揃う中でも最後までよく頑張ってくれました。クラスに慣れていけば十分通用してくれると思いますので、次走に向けて気持ちを切り替えていきたいと思います。この後はトレセンに戻って状態を確認したうえで検討させていただきます」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

序盤の2つの飛越がもうひとつ。その後はスムーズに飛んでいたが、勝負どころの3~4角では進出がままならず、何とか入着。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:東京10月12日・東京ハイジャンプ(J・G2)

荒川師「トレセンに戻って状態を確認したところ、右トモ球節に擦り傷があるぐらいで、右前を落鉄した影響もなく体調も変わりありません。今週いっぱい状態をしっかり確認し、それでも問題ないようでしたら、10月12日の東京ハイジャンプに向かいたいと考えています。次走は上積みもあるでしょうし、もっと良い競馬が期待できるでしょうから、良い状態でレースに向かえるように調整していきたいと思います」(9/18近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

夏競馬中は牧場でコツコツ乗り込んでいたので実戦は約3ヶ月ぶりとなった今回。マイナス8キロでの出走でしたが、馬体はスカッと見せていたように好仕上がりでブライトクォーツはレースへ臨むことが出来ていたと思います。

レースぶりに関しては、スタートを若干煽り気味に出て、最初の障害での飛越はモタモタ。未勝利ではスタミナ・渋太さで位置取りの拙さは補うことは出来たと思うのですが、今回はジャンプ重賞で好勝負してきた馬が相手。速い脚がないブライトクォーツはもっと前目での競馬をして欲しかったというのが率直な感想。少しレースが開いたこともマイナスに出てしまったのかなと思います。その後の飛越に関しては概ね順調。ひとまずレースの流れには乗れていたと思いますが、タスキコースを走り終えて終盤の順回りになった時にカシノランペイジの後ろでスムーズさを欠いた場面がありました。熊沢Jがコメントしているようにここで前との差を詰め切れなかったのが確かに結果に響いたと思います。また、どこでかは分かりませんが、レース中に右前を落鉄していたようです。

まあ、それでも初めての重賞挑戦+勝ち馬がそれなりのペースで逃げる消耗戦と厳しい条件の中、無事完走することが出来ましたし、最後までジリジリと脚を伸ばして5着に入ってきたのは合格点を上げることが出来るかなと思います。

レース後のブライトクォーツですが、右トモ球節に擦り傷が認められたも、落鉄の影響はなさそうですし体調自体は良好。もう少し様子を確認してからGOサインが出るようですが、変わりなく来ているようだと次走は来月12日の東京・東京ハイジャンプ(G2)へ果敢に挑戦する模様。今回のメンバーも何頭か出走してきますし、更なる強敵が加わってくるでしょう。ブライトクォーツには更なる試練と言えますが、未勝利を勝ち上がった時も1戦ごとに確かな成長ぶりを見せてくれたので、OP入り後も強い相手に揉まれながらクラスに慣れていってもらえればと思います。

« シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組) | トップページ | 高速馬場で取りこぼすことは想定していたも、立ち上がり気味でのスタート+寄られる不利で致命的な出遅れ。その後は10発以上の鞭を入れてポジションを一気に挽回しようとする酷い騎乗も重なり、終わってみればまさかの最下位。★シグナライズ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ブライトクォーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組) | トップページ | 高速馬場で取りこぼすことは想定していたも、立ち上がり気味でのスタート+寄られる不利で致命的な出遅れ。その後は10発以上の鞭を入れてポジションを一気に挽回しようとする酷い騎乗も重なり、終わってみればまさかの最下位。★シグナライズ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ