2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

出資馬一覧

最近のコメント

« 生き残りを賭けた最後の戦いに挑むも善戦止まり。今後は地方に転籍し、JRAへの再登録を目指すことになりました。★マカリカ&ロードアブソルート | トップページ | プラス8キロでの出走と余裕のある造りでパドックでの集中力も一息。外目の4番手でレースの流れには乗れていたも、2度ほど不利を受ける場面があって最後は精神的に苦しくなってしまう。この敗戦(10着)が今後の競走生活に響かなければ良いのですが。★ロードユリシス »

2019年9月 5日 (木)

重馬場まで馬場が悪化するとは想定外。ゲートが開く音にビックリして立ち上がるように出てしまう。道中の行きっぷりも一息で厳しい競馬になってしまうも、直線は大外からマズマズの伸びを見せて4着へ。1度実戦を経験して良い方へ変わってきて欲しい。★リアンティサージュ

2019091800

Photo_3 リアンサージュ(牡・須貝)父オルフェーヴル 母ローブティサージュ

日曜小倉5R メイクデビュー小倉 2歳新馬(芝1800m)4着(2番人気) 武豊J

最内枠から大きく出遅れてしまい、最後方からレースを進めます。終始馬場の良い外目を通り、直線も大外から末脚を伸ばしますが、デビュー戦は4着で終えています。

武豊騎手「返し馬は落ち着いていましたし、良い雰囲気でレースに向かえると思ったのですが、ゲート内で潜ろうとするなど、幼さを見せてしまいました。スタートしてからも自分から進んでいくような感じでは無く、下に脚を取られていましたから、今日のような重たい馬場は合いませんね。競馬に対して慣れが必要だと思いますが、素質を秘めていそうですし、これから心身共に成長してくればとても楽しみですね」

須貝調教師「ゲートはこれまで問題なかったですし練習もしてきたのですが、1番枠で待たされた影響もあると思います。大きく出遅れてしまったのですが終いは伸びてくれましたし、今日の内容からすると距離はもう少しあってもいいのかもしれませんね。道悪の馬場を走った後ですからしっかりとレース後の状態を確認してから、いったんノーザンファームしがらきへ移動させていただこうと思います」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

仕上がる。スタートで出遅れ。そのあと道中は最後方で進みが悪かった。ラストはビップテッペンの外でよく伸びてこれを交わしたが、大勢の決したあと。次走で真価が問われることになりそう。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:4日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧

須貝師「小倉からトレセンに戻った後も大きな問題はなく、体調も変わりありませんでしたが、予定通り一旦牧場へお戻しさせていただきました。牧場で馬体のケアを行ってもらい、その後も問題なければいつでも戻せるように進めてもらいます。次走までにゲート練習をしておきたいので、それを踏まえて帰厩の段取りをつけたいと考えています」(9/4近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

開催最終日ということで荒れ馬場は想像していたのですが、雨天による影響で道悪競馬(重馬場)になるとは考えてもいませんでした。蹄の形状+トビの大きい走りをするリアンティサージュにはより不利な条件。一方、当面のライバルと見ていたヴェルトライゼンデは馬格があり、母系はドイツ血統。こういう馬場は得意だと見ていました。

パドックに登場したリアンティサージュは2人引きでの周回。調教時は乗りやすくて素直な馬ということでしたが、パッと見の印象は幾らか神経質そうでピリピリしたもの秘めている感じ。競馬を使っていくとやはりテンションが上がりやすくなるかもしれません。その辺りは父オルフェーヴルの血が色濃く出ているのでしょう。仕上がり自体はかなり良かったと思います。

レースに関してですが、最内枠でスッと枠に収まったのですが、2歳新馬ということでゲート入りに手こずる馬が1・2頭いて、リアンティサージュは待たされることに。中で暴れ出すところまでは行かないも、ゲート内でキョロキョロして落ち着きを欠く感じ。『ちゃんと出てくれるかなあと』と心配していたら、案の定、出遅れることに。ゲートが開く音にビックリして立ち上がるようにゲートを出てしまい、二の脚も付かなかったので、まさかの最後方追走となってしまいました。また、道中の行きっぷりも良くなくて軽く促しながらも追走。勝負どころからの反応ももう一つでしたが、4角を回ってくる時には何とかスピードに乗ってきて大外へ。直線では逆手前ながら渋太く伸びてきてくれましたが、勝ち馬ヴェルトライゼンデとの差は詰まらずじまい。ビップテッペンを交わして4着までが精一杯でした。

レース後のリアンティサージュですが、脚元等に異常はなし。体調も良さそうですが、一旦リフレッシュさせて2戦目へ向かうことに。4日にNFしがらきへ放牧に出ています。

1月生まれのリアンティサージュですが、デビュー戦を見て、思った以上に心身の幼さを残しているなあという印象。今回、仮に良馬場で競馬を行うことが出来ても、ヴェルトライゼンデを負かすところまでは行かなかったでしょう。レース運びに関しては正攻法の競馬よりは出遅れる形になったとはいえ今回のように脚を溜める形で進めた方が良さが出てそう。良いバネは持っていると思うので、現状は京都や新潟の軽い芝+平坦コースが1番力を発揮できる舞台でしょうねえ。

今回は残念な結果になってしまいましたが、その中でもキラリと光るモノはありました。450キロ台の馬体が10~20キロほどボリュームアップし、レース数を重ねていってもテンションが上がり過ぎなければ、良いところまで行くかもしれません。それ故、これからの育成がリアンティサージュの将来を大きく左右することになってくると思います。幼さが残っている間は1度レースに使えば即放牧というスタイルで大事に使ってもらいたいです。

« 生き残りを賭けた最後の戦いに挑むも善戦止まり。今後は地方に転籍し、JRAへの再登録を目指すことになりました。★マカリカ&ロードアブソルート | トップページ | プラス8キロでの出走と余裕のある造りでパドックでの集中力も一息。外目の4番手でレースの流れには乗れていたも、2度ほど不利を受ける場面があって最後は精神的に苦しくなってしまう。この敗戦(10着)が今後の競走生活に響かなければ良いのですが。★ロードユリシス »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

リアンティサージュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 生き残りを賭けた最後の戦いに挑むも善戦止まり。今後は地方に転籍し、JRAへの再登録を目指すことになりました。★マカリカ&ロードアブソルート | トップページ | プラス8キロでの出走と余裕のある造りでパドックでの集中力も一息。外目の4番手でレースの流れには乗れていたも、2度ほど不利を受ける場面があって最後は精神的に苦しくなってしまう。この敗戦(10着)が今後の競走生活に響かなければ良いのですが。★ロードユリシス »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ