2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 高速馬場で取りこぼすことは想定していたも、立ち上がり気味でのスタート+寄られる不利で致命的な出遅れ。その後は10発以上の鞭を入れてポジションを一気に挽回しようとする酷い騎乗も重なり、終わってみればまさかの最下位。★シグナライズ | トップページ | ジョッキー・セレクション(2019・下半期/G1) »

2019年9月20日 (金)

今週の出走馬(9/21-22)

<土曜日>

Photo ロードベイリーフ

阪神2R・2歳未勝利・芝1600mに福永Jとのコンビで出走します。

Photo ロードプレミアム

中山12R・3歳上2勝クラス・芝1600mに松山Jとのコンビで出走します。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

今週は珍しくシルク馬の出走がなく、ロード馬2頭という寂しい顔ぶれに。

ベイリーフは夏の新潟で3着→4着。追ってからもう一つピリッとした脚は使えないも、レースぶりはマズマズ安定していたと思います。今回も短期放牧を挟んでの1戦。ガラッと変わってきた感じはありませんが、ビシッと追えているように状態自体は良さそう。ここ2走より前目の位置で折り合い、早目に抜け出して後続の末脚を封じるような形に持っていって欲しいです。

プレミアムは再度の中1週での出走。三浦Jは自厩舎の馬でこのレースへの参戦(結果的に抽選漏れ)となったので今回は松山Jとのコンビになりました。デキに関しては強行軍ですが、追い切りの感じはベイリーフ同様に元気一杯。ただ、走ることに飽きてきている現状でもあるので、前走で少し刺激を与えたことが良い方へ向かってくれるのかどうか。また、久々のマイル戦の流れに戸惑わなければ良いのですが。

« 高速馬場で取りこぼすことは想定していたも、立ち上がり気味でのスタート+寄られる不利で致命的な出遅れ。その後は10発以上の鞭を入れてポジションを一気に挽回しようとする酷い騎乗も重なり、終わってみればまさかの最下位。★シグナライズ | トップページ | ジョッキー・セレクション(2019・下半期/G1) »

今週の出走馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高速馬場で取りこぼすことは想定していたも、立ち上がり気味でのスタート+寄られる不利で致命的な出遅れ。その後は10発以上の鞭を入れてポジションを一気に挽回しようとする酷い騎乗も重なり、終わってみればまさかの最下位。★シグナライズ | トップページ | ジョッキー・セレクション(2019・下半期/G1) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ