最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 今週の出走馬(9/14-16) | トップページ | 実績のある舞台+騎手に戻って巻き返しを期待していたも、開幕週の高速馬場+決め手勝負の競馬では分の悪さを露呈。ただ、正攻法の競馬でレースにしっかり参加させたことが良い刺激になってくれれば。★ロードプレミアム »

2019年9月13日 (金)

タフな競馬を強いられましたが、圧倒的人気に応える横綱相撲。ここでは力が違った印象。今後更に活躍するには馬体の充実+スムーズに手前を替えることが必要。☆クレッセントムーン

2019091800_20190911053801

Photo クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレイバー

日曜阪神8R 3歳上1勝馬クラス(ダ1800m)優勝(1番人気) 川田J

まずまずのスタートから二の脚を活かし、中団4番手を追走します。1000mを通過したあたりからペースが上がると同時に押し上げていき、最後の直線では残り200mで先頭に立つと、その後も後続馬を寄せ付けず2着に2馬身以上の差をつけて待望の2勝目を挙げています。

川田騎手「返し馬の段階から暑さが堪えているなと感じましたし、レースに行っても1コーナーで手前を変える余裕がなく、左手前のまま差し掛かったぐらいでした。道中はこれまでの競馬と違って、良い感じで追走していたという訳ではなかったですし、早い段階で外から仕掛けてくる馬がいた為に、こちらも同じように動いて行かざるを得ない厳しい展開で馬にとっては、相当過酷なレースになってしまいました。3コーナーも左手前のまま差し掛かろうとしていたので、さすがに強引に手前を変えさせましたが、その後は最後まで力を振り絞って頑張ってくれました。ゴールした後は体力が残っておらず、ヘロヘロになって戻ってきたように、レース後はかなり疲れた様子でした。この過酷な条件の中でも力を示してくれましたし、クレッセントムーンなりに力を付けていますね」

高野調教師「ありがとうございました。かなりの支持をいただいていただけに、ここは良い結果を残してほしいと願っていました。ジョッキーも言っていましたが、本当にこの暑い中、最後まで全力を出し切ってくれました。馬体重は10キロ増えていましたが、前にも言ったように、まだ筋肉が付き切っておらず、メリハリのある馬体にはまだ遠いので、もう少し時間を掛けて大事に育てていきたいですね。おそらくレースの疲れはかなりあるでしょうから、トレセンに戻って状態を確認した後は、一旦牧場へお戻しする方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

ほぼ仕上がる。ゲートを出たなりにポツンと中団。3ハロン標手前で軽く促し、3ハロン標では抑えたまま2番手に。直線はカフジストームとのマッチレース。1ハロン標過ぎに先頭に立ち、そのまま押し切った。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動

高野師「レースのダメージはさすがに感じられましたが、徐々に回復に向かっていますし、しっかり疲れを取ってあげれば問題ないでしょう。この後は予定通り一旦牧場へお戻しさせていただきます。フレッシュな状態でレースに向かえば、過酷な条件でも最後まで頑張って力を示してくれますから、牧場で次走に向けて立て直してもらいます」(9/12近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

土日に同じ条件があった為、少頭数で相手関係に恵まれていたことが分かっていたクレッセントムーン。引き続き川田Jが乗ってくれることになったので正直ここは決めたい1戦でした。

レースはライブで見れていないので、パドックの雰囲気は分かりませんが、画像を見る限りは太目感はありませんし、プラス10キロはひと夏越しての成長の証でしょう。ただ、もっと全体的に肉付きが良くなって欲しいのであと10キロ増えても良いのかなと見ています。

レースぶりですが、スタートは若干出負けするも、軽く促して二の脚が付くとスッと4番手まで挽回。内の2頭が激しい先手争いをした為、縦長の展開となりましたが、クレッセントムーンと川田Jはスムーズな追走。勝負どころからジワッと押し上げて行こうと考えていたでしょうが、早目に外から捲られる展開になったので内から抵抗する感じで自身も早仕掛けへ。結果的に強気な競馬を強いられましたが、4角でカフジストームに並びかけて時点で勝負ありという競馬でした。直線はしっかり手応え通りに伸びてくれましたが、映像を見る限り、右手前のまま。道中は逆に左手前でずっと走っていたようなので、更に上のクラスを目指していくには手前の替え方が1つ課題になってきます。

レース後のクレッセントムーンですが、レース前から暑さが応えていたようですし、見た目以上にタフな競馬にもなったので疲労度は大。近日中にNFしがらきへ放牧に出てリフレッシュすることになっています。

今回はまさに完勝といった競馬ぶりでしたが、速い時計への対応力にも課題があるので、1つクラスが上がった際にどこまでやれるか。まあ、元々相手なりに走れそうな馬ですし、馬体の充実に関しては伸びシロを残しています。今まさに力を付けてきている段階だと思うので、強い相手に揉まれながら自身のレベルアップを図っていって欲しいものです。

« 今週の出走馬(9/14-16) | トップページ | 実績のある舞台+騎手に戻って巻き返しを期待していたも、開幕週の高速馬場+決め手勝負の競馬では分の悪さを露呈。ただ、正攻法の競馬でレースにしっかり参加させたことが良い刺激になってくれれば。★ロードプレミアム »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

クレッセントムーン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の出走馬(9/14-16) | トップページ | 実績のある舞台+騎手に戻って巻き返しを期待していたも、開幕週の高速馬場+決め手勝負の競馬では分の悪さを露呈。ただ、正攻法の競馬でレースにしっかり参加させたことが良い刺激になってくれれば。★ロードプレミアム »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ