2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 身のこなし・フットワークの良さから素質を秘めるのは確かも、線が細くてビシビシやっていない現状。未知な面が多くて期待よりも不安な気持ちが強いも、追い切り時の良い雰囲気を実戦でも発揮して欲しい。☆ヴィースバーデン | トップページ | 走ることに嫌気が差している現状。そんな中でも掲示板にくる力はあるので、距離短縮+ブリンカー着用が良い方へ出てくれれば、粒の揃った今回のメンバー相手でも差はない筈。良い転機となるレースにして欲しい。★インヘリットデール »

2019年9月28日 (土)

障害練習を本格化させて約1ヶ月で出走へ。前向きに障害を飛んでいくようにセンスを秘めていますが、短距離からの転身なのでスタミナが鍵に。転向初戦の今回はまずは無事に完走して欲しい。☆シングルアップ

201905_20190926043501

Photo シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

土曜中山4R 3歳上障害未勝利(障・2880m)8枠11番 森一J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:25日に障害練習~Bコースで追い切り

寺島良師「25日に障害練習を行った後にBコースで時計を出しました。ここ最近はコントロールが利く様になり、乗り易くなったと感じていましたが、障害練習を行ったことでこれまで以上に良い走りが見られるようになりました。追い切りの動きも本数を重ねて良くなりましたし、良い仕上がりでレースに向かえそうです。障害飛越に関しても練習を開始してからここまでスムーズに行えましたし、時折ムキになるところは見せつつも、鞍上とのコミュニケーションがしっかり取れているので、競馬には影響ないレベルです。実戦に行けば勝手が違ってくるので、こればかりは何とも言えませんが、実戦の方がしっかり見て飛んでくれると思いますので、状態の良さが良い結果に結び付いてくれればと思っています。26日に中山競馬場へ移動し、27日にスクーリングを行ってレース当日を迎えたいと思います」(9/25近況)

助 手 22栗坂良 58.2- 42.1- 27.0- 13.0 馬なり余力
森 一 25栗障良 67.8- 51.3- 36.1- 11.9 追って一杯

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第4回中山8日目(09月28日)
4R 3歳上障害未勝利
障2880メートル 混合 定量 発走11:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ブレイヴバローズ 牡5 60 西谷誠
2 2 ユイノシンドバッド 牡4 60 大江原圭
3 3 ホリデーモード せ4 60 伴啓太
4 4 クールエイジア 牡7 60 山本康志
5 5 ストロングヘヴン せ3 58 石神深一
5 6 ストレイライトラン 牡4 60 五十嵐雄祐
6 7 ヴォルパンテール 牝4 58 蓑島靖典
6 8 ハギノフロンティア 牡4 60 熊沢重文
7 9 ジョーカーワイルド 牡4 60 小野寺祐太
7 10 スリーミュージアム 牡6 60 伊藤工真
8 11 シングルアップ 牡3 58 森一馬
8 12 ロスカボス せ6 60 上野翔

○寺島師 「平地では厳しくなっているし、障害に。前向きにポンポンと飛ぶし、前日にスクーリングもするので、うまく運べれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

新馬戦→フェニックス賞を連勝していたシングルアップはクラス再編成で3勝クラスに分類されることになり、前走の小倉・佐世保Sで再スタートとなったのですが、スタート後に小脚が使えない弱みが出てレースの流れに乗れず、追走に手一杯。ただ、勝ち馬とそれほど変わらない位置にはいたので瞬発力があれば上位争い出来たんでしょうが、速い脚を持っていないシングルアップは流れ込むだけ。もう少しやれるかなと見ていましたが、現実は3勝クラスでも厳しいということでした。

レース後はNFしがらきでリフレッシュ。前走以前に操縦性のアップと身のこなしの良化を図る為、障害練習を取り入れることを視野に入れていましたが、今回は早速実行することに。自分から飛んでいく姿を見せ、意外にもセンスを秘めていることが判明。距離延長でも通用しなかったら、障害入りもありだなあというぐらいの認識でした。ただ、その後、栗東へ戻ってきた時には障害入りがほぼ既定路線になっていて、森一Jをパートナーに障害練習を本格化させていくことに。最初は集中できている時と散漫な時とでは飛越にバラつきが目立ちましたが、練習を重ねる毎に進歩。練習がてらに挑戦した障害試験は100秒割れの上々の時計で合格し、今回から障害デビューとなりました。

中間の調整に関しては週末に坂路で軽く時計を出し、週中に障害練習を行い、翌日または当日にCWコース等で長目から意欲的な追い切りを課すパターン。短距離を使ってきた馬なので障害戦に出走するにはスタミナが1つ鍵になります。それを意識して取り組んできたシングルアップですが、転向初戦からスンナリ対応出来る程、甘いものではない筈。2~3戦ほど経験することで良い勝負が出来るようになってきてくれればと考えています。

それ故、今回に関しては過度の期待は控え、まずは無事に完走することが1番でしょう。その中でチラッとでも良いので障害馬としてのセンスを見せてくれれば上々でしょう。出資馬で障害へ転向した馬は必ず1勝はしてくれているのでシングルアップもそれに続くことは十分可能な馬だと思います。

« 身のこなし・フットワークの良さから素質を秘めるのは確かも、線が細くてビシビシやっていない現状。未知な面が多くて期待よりも不安な気持ちが強いも、追い切り時の良い雰囲気を実戦でも発揮して欲しい。☆ヴィースバーデン | トップページ | 走ることに嫌気が差している現状。そんな中でも掲示板にくる力はあるので、距離短縮+ブリンカー着用が良い方へ出てくれれば、粒の揃った今回のメンバー相手でも差はない筈。良い転機となるレースにして欲しい。★インヘリットデール »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

シングルアップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 身のこなし・フットワークの良さから素質を秘めるのは確かも、線が細くてビシビシやっていない現状。未知な面が多くて期待よりも不安な気持ちが強いも、追い切り時の良い雰囲気を実戦でも発揮して欲しい。☆ヴィースバーデン | トップページ | 走ることに嫌気が差している現状。そんな中でも掲示板にくる力はあるので、距離短縮+ブリンカー着用が良い方へ出てくれれば、粒の揃った今回のメンバー相手でも差はない筈。良い転機となるレースにして欲しい。★インヘリットデール »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ