2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

出資馬一覧

最近のコメント

« 【出資理由】マチカネタマカズラの18 | トップページ | 【出資理由】プチノワールの18 »

2019年8月10日 (土)

追い切りは地味な内容が続くも、少しずつでも動けるように。予想外のダ1800mでのデビューがどう出るかですが、レースの流れに乗った競馬をまずは見せて欲しい。その中で今後に繋がるモノを見せてくれれば良しとしたい。★ロードユリシス

Photo

Photo_6 ロードユリシス(牡・高野)父ロードカナロア 母レディハピネス

8月10日(土)新潟5R・2歳新馬・混合・ダ1800mに戸崎Jで出走します。8月7日(水)良の栗東・坂路コースで2本目に56.7-40.6-25.4-12.4 強目に追っています。併せ馬では一杯の相手に0秒1先行して0秒3遅れ。追い切りの短評は「動きマズマズ」でした。発走は12時35分です。

○高野調教師 「8月7日(水)は予定よりも幾らか遅い時計に。パートナーにも先着を許しています。とは言え、仕上がりは上々。相応にゲートも出るだけに、砂を被らずに運べるでしょう。どのぐらい初戦から走れるか・・・。使えば更に良化を遂げそうです」

≪調教時計≫
19.08.07 助手 栗東坂良2回 56.7 40.6 25.4 12.4 強目に追う ショウナンサリュー(古馬2勝)一杯に0秒1先行0秒3遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回新潟5日目(08月10日)
5R メイクデビュー新潟 2歳新馬
ダ1800メートル 指定 混合 馬齢 発走12:35
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ラマトリス 牝2 54 大野拓弥
2 2 シゲルミカヅキ 牡2 54 江田照男
2 3 タガノビューティー 牡2 54 石橋脩
3 4 カラーズオブラヴ 牝2 54 武士沢友治
3 5 ナックライオン 牡2 54 木幡初也
4 6 アールブリッツ 牡2 54 三浦皇成
4 7 マイネルティプトン 牡2 54 柴田大知
5 8 ロードユリシス 牡2 54 戸崎圭太
5 9 アポロアーリー 牡2 53 武藤雅
6 10 アレアシオン 牡2 54 内田博幸
6 11 キヨセ 牡2 54 木幡巧也
7 12 シエスタキー 牡2 54 丸山元気
7 13 クロカドッグ 牡2 53 野中悠太郎
8 14 ノーブルライラック 牝2 54 吉田豊
8 15 コスモスーベニア 牡2 54 津村明秀

○村本助手 「順調に乗り込んで、反応が良くなってきた。スタートのセンスも良いと思うよ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

追加候補として様子を見ていたレディパステルの17ことロードユリシスは募集締切のアナウンスを受けてポチッと。管囲が細くて脚元の故障のリスクを感じつつ、『良くて1勝』というロードのロードカナロア産駒にまた出資することになったのですが、馬っぷりの良さ+動画ではかなり良い雰囲気で走れているように思えたのが出資への決め手となりました。

4月半ばに初入厩舎を果たしたユリシスは母系から手こずることを懸念しましたが、真面目な性格で物覚えも良かったようで1週間程度で1発合格。ただ、ゲート練習の疲れもあったのかトモがクタッとし、両前にはソエの症状が見つかったので、ここで無理する必要はないことから千葉・ケイアイファームへ戻して再調整することに。まずはトモとソエのケアを重点的に行い、5月半ばから本格的な調教へ。定期的にトレセンでの追い切りに近い調教を取り入れてきましたが、手応え良く追走できても、いざ追われてからが案外。スッと加速できないのはトモの緩さや精神面の幼さが残るからでしょう。走り方を理解できれば変わってくるとは思います。

再入厩となったのが7月17日。ゲート試験は既に合格済だったのでデビューへ向けての追い切りを重ねていくことになりました。時計に関しては強調できるモノは見せておらず地味ですが、ユリシスなりにひと追い毎に動けるようにはなってきました。そして戸崎Jを背に今日を迎えることが出来ました。

正直、芝の短距離馬だと思い込んでいた為、切れ味が一息とはいえダートの中距離戦でのデビューはビックリ。本当にこの条件に適性があるのか今でも疑いの気持ちが強いのですが、まずは陣営の見立てを信じることに。地味な追い切り時計+併走遅れが目立つ中、そこそこ印が回っているのはビックリ。ゲートは上手みたいなのでスッと流れに乗れるかなと思いますが、直線で追われてから加速することが出来れば良いのですが…。やっぱりモタモタしてしまうかなあ。

まあ、今回に関しては早い段階で競馬を経験できることが1番の収穫だと思います。その中で今後に繋がる・楽しみになる走りを見せてくれれば良しとしたいです。デビュー戦で派手に負けてしまうロード馬のトラウマが付き纏いますが、戸崎Jの手腕に託すのみです。

« 【出資理由】マチカネタマカズラの18 | トップページ | 【出資理由】プチノワールの18 »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードユリシス」カテゴリの記事

コメント

ロードユリシスのデビュー戦驚きました。ロケットスタートから直線向くまでは押し切るかと思いましたが1番人気馬にピタッとマークされたのと距離ですかね。
戸崎騎手のコメントがダート向きの走法と言われていますがパドックでは1頭だけ芝馬が混じっている感じがしたんですがねぇ。距離も馬体見た感じマイラーだと思います。トモに力が付き募集時の馬体のイメージに戻ればきっと走ってくれると信じています。
でもこれでダート続戦になりそうですね。

まんまるさん、おはようございます。
ロードユリシスはパドックでイレ込まないか心配していましたが、思っていたよりも素直なタイプかもしれません。メンコを着けていたとはいえ1人で引くことが出来ていましたし。

スタートは速そうだとは思っていましたが、それ以上のロケットスタート。ただ、1番人気馬にピッタリ付いてこられたのは痛かったですし、直線では少し寄られる場面も。ただ、そこから再度脚を使っていたので根性はありそうですね。

パワフルな走りではないので芝向きかなと見ていましたが、騎手と調教師が揃って言うのですからダートも合っていたのでしょう。次はダ1400mぐらいで走りを見てみたいですね。早く1つ勝って、成長を促すことが出来ればと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【出資理由】マチカネタマカズラの18 | トップページ | 【出資理由】プチノワールの18 »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ