2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« JRAの競走馬登録が完了。坂路での乗り込みとゲート練習を併行して進めてきたが良化途上な面が目立つ現状。一旦牧場へ戻して鍛え上げていくこととなりました。★トルネードフラッグ | トップページ | 今週の出走馬(8/25) »

2019年8月25日 (日)

シルク&ロードなお馬さん(2歳・21日放牧へ)

Photo_3 クァンタムリープ

・在厩場所:21日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧

鹿戸師「引き続き乗り込みを重ねていましたが、週末に結膜炎を発症してしまいました。獣医に診てもらったところ、程度としては軽い方だそうです。恐らくここまでゲート練習から進めてきたことで、心身共に疲れが溜まっているのだと思います。それに、まだ動きにも緩さを感じますから、ここは無理をさせずに1度牧場にお戻しさせていただきたいと思います」(8/21近況)

Photo_3 ミスビアンカ

・在厩場所:21日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧

担当助手「ゲート試験に合格した後は、こちらで様子を見させていただきましたが、その後も疲れを見せることもなく状態は変わりありませんでした。体調だけ見ればこのままデビューに向けて進めて行けそうですが、馬体にまだ緩さがあるので、もう少し成長を促す方が良いでしょう。母も時間とともに逞しくなってきたことを考えると、同様に育てていく方がこの馬には良いと思います。気の強さは母譲りですが、飼い葉食いは本当に良いですし、気持ちが悪い方に逸れなければこの先ドンドン良くなってくると思うので、ノーザンファームしがらきでこれまでの疲れを取ってもらうとともに、デビューに向けて調整してもらいます」(8/21近況)

Photo_6 ロードフェローズ

8月21日(水)に栗東トレセンを出発。千葉・ケイアイファームへ移動中です。秋以降のレース出走へ向けて心身の立て直しを図ります。

○藤岡調教師 「合格の判定は得たものの、決して速くないスタート。実際に競馬へ向かうまでには、まだまだ練習が必要でしょう。牧場で更に乗り込みを重ねて、その上で再入厩を目指す方針。具体的な時期に関しては、移動後の様子に応じて相談・・・ですね」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

競走馬としての第一関門・ゲート試験をまずは突破することが出来た3頭。次のステップとしてそのままデビューを目指すか一旦牧場へ戻して鍛え直すかの2択となるのですが、一頓挫あった馬もいて3頭共に21日の育成牧場へ放牧に出ています。

3頭の中で一頓挫あったのはクァンタムリープ。コツコツ乗り込みながらデビューを目指す方向へ切り替えていくのかなと見ていましたが、長い目で見れば焦る必要はないと思っていたので一息入れることとなったのは歓迎。ただ、結膜炎という頓挫があったのは事実なので、まずは楽なメニューに止めて、結膜炎の治療・回復を優先してもらえればと思います。

ミスビアンカとロードフェローズはゲート合格後は牧場で鍛え込むことが決まっていたので予定通りではあります。ミスビアンカは母の性格をよく受け継いでいるようなので、我の強さがレースへ行って気の悪さではなく勝負根性に繋がってくれることを願っています。ロードフェローズは甘い採点のおかげでゲート試験に合格したと言えるので、デビューを迎える前に改めてゲート練習を重ねておく必要はありそうです。また、少しトモの甘い体型だと思うので、コツコツ乗り込むことで着実な良化を得てから帰厩してもらえれば思います。

« JRAの競走馬登録が完了。坂路での乗り込みとゲート練習を併行して進めてきたが良化途上な面が目立つ現状。一旦牧場へ戻して鍛え上げていくこととなりました。★トルネードフラッグ | トップページ | 今週の出走馬(8/25) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

クァンタムリープ」カテゴリの記事

ミスビアンカ」カテゴリの記事

ロードフェローズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« JRAの競走馬登録が完了。坂路での乗り込みとゲート練習を併行して進めてきたが良化途上な面が目立つ現状。一旦牧場へ戻して鍛え上げていくこととなりました。★トルネードフラッグ | トップページ | 今週の出走馬(8/25) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ