最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 右前の膝裏の腫れで休養が長引くも、函館競馬場へ移動してからは順調そのもの。脚部不安明けで58キロは楽ではありませんが、相性の良い舞台+この馬を知り尽している鞍上の手腕に期待。まずは無事に走り終えるのが1番も、長丁場ならまだまだやれるところを見せて欲しい。☆モンドインテロ | トップページ | 右トモの飛節の違和感でレースが開くも、精神面でのリフレッシュを感じさせ、デキ自体は良さそう。前走はスタートの失敗で大敗を喫するも、未勝利勝ちの内容なら1勝クラスでも通用して良い筈。仕切り直しの1戦でどこまでやれるか。☆プレミアムギフト »

2019年8月 4日 (日)

進退が決まってくる土壇場の戦い。強行軍で幾らかデキ落ちを匂わすも、とにかく今回は積極的に出していってどこまで粘り通せるか。悔いは残して欲しくありません。★ロードラウレア

2019072200

Photo ロードラウレア(牡・角居)父ロードカナロア 母キャトルフィーユ

8月4日(日)小倉7R・3歳未勝利・芝2000mに酒井学Jで出走します。7月31日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.1-39.7-25.4-12.6 一杯に追っています。併せ馬では馬なりの相手に0秒6先行して0秒3遅れ。追い切りの短評は「追われて案外」でした。発走は13時25分です。

○辻野調教助手 「7月31日(水)は終い重点。調子落ちが認められぬ反面、大きく変わったかと言うと・・・。まだピリッとした面に欠ける印象ですね。2度目の騎乗でジョッキーは特徴を掴んでいるはず。後が無い状況も踏まえ、前々で積極的に運べれば・・・」

≪調教時計≫
19.07.31 助手 栗東坂良1回 55.1 39.7 25.4 12.6 一杯に追う エルモンストロ(古馬2勝)馬なりに0秒6先行0秒3遅れ

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回小倉4日目(08月04日)
7R 3歳未勝利
芝2000メートル 指定 馬齢 発走13:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アスターブリザード 牡3 56 高田潤
2 2 アルベニス 牡3 56 岩崎翼
3 3 キタサンブラウン 牡3 56 高倉稜
3 4 ヤマカツマッハ 牡3 56 松山弘平
4 5 ダノングレーター 牡3 56 松若風馬
4 6 ルンルンクオリティ 牝3 54 田中健
5 7 アドマイヤジョイ 牝3 54 和田竜二
5 8 トーホウロドリゲス 牡3 56 浜中俊
6 9 マレシャル 牡3 56 幸英明
6 10 エイシンホルス 牡3 53 亀田温心
7 11 スマートエルピス 牡3 53 岩田望来
7 12 ルデュック 牡3 56 藤井勘一郎
8 13 ロードラウレア 牡3 56 酒井学
8 14 ダンツベスト 牡3 53 服部寿希

○辻野助手 「まだレースに気持ちが向いていませんし、体つきは良くなってきました。流れに乗って運べれば、今少しはと思います」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

近2走で9着→12着と敗れ、今回9着以下の成績なら出走停止が待っているロードラウレア。また、今開催で3歳未勝利が終わるので、5着以内に入らないとほぼほぼ今回が最終戦になってくるかと思います。デビューは遅れてしまいましたが、デビュー戦で1番人気に支持されたようにポテンシャルを秘めていると思うのですが、メドの立たない現状からレースを重ねるごとに人気を落としていっています。

前走はゲート出がそれほど良くなく、後方12番手からの競馬を強いられましたが、レースは前有利のSペース。どこかのタイミングで動いてくれるかなと見ていたのですが、最後まで動くことなく末脚勝負へ。この馬なりにジリジリと脚は使っていますが、道中前目のポジションにいた馬も同じような脚を使っているので伸びは目立たずじまい。最後はなだれ込むように12着に終わりました。

その前走から中2週で臨む今回。その前が中1週で使っているので計5週での3戦目。ここ2走も良い結果は得られなかったも、直前の追い切りは上々の動きを見せていましたが、今回は併せ馬で先行するも、追ってからが一息で先着を許す結果に。ビシッとやれたのは良かったのですが、精神的に辛くなってきているのでしょう。さすがに状態面での上積みは求められません。

ロードラウレアは集中力の維持に課題が残りますし、追って味があるタイプではありません。活路を見い出すのなら母キャトルフィーユのように逃げ・先行の競馬に持ち込み、スピードの持続力を生かす形でしょうが、現状は前向きさが足りず&ゲートからのダッシュが一息なのでそういう形に持ち込めず。ただ、今回は土壇場の1戦。出鞭を入れても前目に付けるという気迫が必要でしょうし、中団以降の競馬になった際は向正面あたりでポジションを押し上げていってもらわないといけません。待っていても勝利は掴めないので、失速を恐れずことなく立ち向かっていって欲しいです。個人的には最後の切り札という感じでブリンカーを使って欲しかったのですが、それは叶わず。悔いを残して欲しくなかっただけにちょっと残念に思っています。

« 右前の膝裏の腫れで休養が長引くも、函館競馬場へ移動してからは順調そのもの。脚部不安明けで58キロは楽ではありませんが、相性の良い舞台+この馬を知り尽している鞍上の手腕に期待。まずは無事に走り終えるのが1番も、長丁場ならまだまだやれるところを見せて欲しい。☆モンドインテロ | トップページ | 右トモの飛節の違和感でレースが開くも、精神面でのリフレッシュを感じさせ、デキ自体は良さそう。前走はスタートの失敗で大敗を喫するも、未勝利勝ちの内容なら1勝クラスでも通用して良い筈。仕切り直しの1戦でどこまでやれるか。☆プレミアムギフト »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードラウレア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 右前の膝裏の腫れで休養が長引くも、函館競馬場へ移動してからは順調そのもの。脚部不安明けで58キロは楽ではありませんが、相性の良い舞台+この馬を知り尽している鞍上の手腕に期待。まずは無事に走り終えるのが1番も、長丁場ならまだまだやれるところを見せて欲しい。☆モンドインテロ | トップページ | 右トモの飛節の違和感でレースが開くも、精神面でのリフレッシュを感じさせ、デキ自体は良さそう。前走はスタートの失敗で大敗を喫するも、未勝利勝ちの内容なら1勝クラスでも通用して良い筈。仕切り直しの1戦でどこまでやれるか。☆プレミアムギフト »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ