2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルク&ロードなお馬さん(2歳・21日放牧へ) | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上牡馬・入厩組) »

2019年8月25日 (日)

今週の出走馬(8/25)

<日曜日>

Photo_2 ナイトバナレット

新潟9R・五頭連峰特別・芝1600mに石橋Jとのコンビで出走します。

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:21日に坂路コースで追い切り

担当助手「21日に坂路で追い切りました。間隔が詰まっていますし、再度新潟までの輸送が控えていますので、馬なりで反応を確認する程度に控えました。でも、動きは前走以上に良くなっていますし、上積みが感じられますよ。前走は出遅れたことと、内回りの1400mとあって、この馬には厳しい競馬になってしまいましたね。その中でも最後まで伸び脚は見せてくれましたし、次に繋がる競馬をしてくれたと思います。今回は外回りの1600mと条件としてはこの馬にピッタリだと思いますので、大きく立ち遅れることなく、リズムよく追走することが出来れば良い競馬をしてくれると思います」(8/22近況)

中 谷 21栗坂良 52.6- 38.3- 25.1- 12.4 馬なり余力

Photo_6 シグナライズ

8月25日(日)小倉10R・別府特別・混合・芝1200mに西村淳Jで出走します。8月21日(水)良の栗東・坂路コースで1本目に55.9-40.0-25.1-12.2 馬なりに乗っています。追い切りの短評は「スピード感十分」でした。発走は14時50分です。

○西浦調教師「8月21日(水)は終い重点。続けてレースを使っているものの、状態は変わりなくキープしています。ハンデ53kg。その点も好材料でしょう。前走が上々で惜しい内容。今回も同じような競馬が出来れば、十分にチャンスを見出せるのでは・・・」

≪調教時計≫
19.08.21 助手 栗東坂良1回 55.9 40.0 25.1 12.2 馬なり余力

Photo ロードプレミアム

8月25日(日)札幌12R・2019ワールドオールスタージョッキーズ第4戦・混合・芝1800mに藤田菜Jで出走します。8月21日(水)重の札幌・ダートコースで5ハロン70.2-55.1-40.7-13.2 5分所をゴール前仕掛けています。追い切りの短評は「鋭さひと息」でした。発走は16時15分です。 

○斎藤調教師 「8月16日(金)に札幌へ移動。既に態勢は整っており、21日(水)はダートで軽く反応を確かめる程度でした。抽選の結果、藤田菜七子騎手と初コンビを組むことに。今週の内容とコンディション次第ながら、2000m戦への連闘策も検討しています」

≪調教時計≫
19.08.21 助手 札幌ダ重 70.2 55.1 40.7 13.2 G前仕掛け

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

3~4角に掛けてのカーブがきつい新潟の芝1400mは追走に苦労するのは分かっていただけに、ゲートでの立ち遅れが痛すぎた前走のナイトバナレット。最後の直線は前を行く馬の勢い・伸びが止まらない中、最後方に近いところから9着まで押し上げてきたことは一定の評価は出来るでしょう。その前走から中1週のローテで再度の新潟戦。他馬からすれば強行軍ですが、食欲旺盛で暑い時季を気にしないこの馬には問題なし。馬体重も絞れやすいと思います。今回もゲートは遅いと思いますが、道中で無駄な脚を使うのなら今度は外回りの新潟の直線へ賭けた方が良さそう。石橋脩Jには折り合いをしっかりつけてもらい、直線に賭ける乗り方をお願いしたいです。

シグナライズは右回り+軽い芝の小倉でも2着に好走と芝1200mへの高い適性力を前走で証明。これは本物だと見ていいと思います。ただ、勝ち味に遅いところがあるので、このクラスを勝ち上がるにはもう少し楽に追走できるようになってきて欲しいところ。まあ、この点はレースを重ねていくことで良化・解消を遂げてもらえればと思います。今回は西村淳Jとの初コンビ。少し操縦性の難しいところはありますが、道中は下手に動かずに出たなりの位置で我慢して欲しいところ。そして直線は馬群を割ってくる感じで抜け出してきてくれれば。開催が進んで荒れてきた馬場は大歓迎ですし、ハンデ戦で53キロの斤量も魅力的。好走できる条件は揃っているので、出来ればここで久々の勝利と行きたいです。

ロードプレミアムは国内・世界から名だたる腕達者が集めるワールドオールスタージョッキーズのレースへ参戦。腕っぷしの強い騎手に乗って欲しかったのですが、抽選で藤田菜Jとのコンビに。正直なところちょっと残念ですが、まずは折り合いをつけて脚を溜めることに専念して乗ってもらいたいところ。そして3角あたりからは自分のリズムで前とのポジションを押し上げて行ってもらえれば。直線での失速を恐れずに強気に乗ってきてもらえればと思います。ただ、小回りの1800mは現状のプレミアムには忙しい条件なので、結果を求めるのはちょっと辛そう。来週の札幌・日高特別への連闘は濃厚だと思うので、期待は次かなと見ています。

« シルク&ロードなお馬さん(2歳・21日放牧へ) | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上牡馬・入厩組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

今週の出走馬」カテゴリの記事

ロードプレミアム」カテゴリの記事

ナイトバナレット」カテゴリの記事

シグナライズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルク&ロードなお馬さん(2歳・21日放牧へ) | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上牡馬・入厩組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ