最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 課題のスタートで上へ伸び上がる形で出てしまったのが痛恨。ポジションを挽回するのに脚を使い、前を追い掛け過ぎてしまってHペースに巻き込まれる。最後は完全にバテてしまい9着に終わる。ちょっと運もなかった。★エレンボーゲン | トップページ | 【近況】【動画更新】サリオス »

2019年7月19日 (金)

17日に栗東・高野厩舎へ帰厩しています。☆ロードユリシス

201906_20190718174701

Photo_6 ロードユリシス(牡・高野)父ロードカナロア 母レディハピネス

2019.07.17
7月17日(水)に栗東トレセンへ帰厩しました。ひとまずは1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○高野調教師 「ここ最近は順調に乗り込めていた様子。準備OK・・・との連絡を受けて7月17日(水)に再び厩舎へ戻しています。既にゲート試験は合格しており、レース出走へ向けて進めるのみ。追い切りを重ねる過程で、適性を探って行ければ・・・ですね」

2019.07.16
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。7月17日(水)に栗東トレセンへ帰厩の予定です。

○当地スタッフ 「7月10日(水)に半マイル51秒9、1ハロン12秒6をマークしました。3歳馬2頭には幾らか遅れたとは言え、それなりのタイムを残せた感じ。課題の気難しい部分は少しずつ改善しており、実戦でどのように作用するかがポイントだと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲート試験合格後、両前脚にソエの兆候が見られたロードユリシスは千葉で再調整。ソエがぶり返したりトモに疲れが出たりしながらも、トレセンでの追い切りに近い強めの調教を4本ほど消化するなど鍛えられてきました。ただ、動きに関しては、トモの緩さや精神面の幼さが残る影響で正直ピリッとせず。手応えの割に伸び切れなかったり、他馬を気にするところも見受けられたりと不安は尽きません。

その一方で継続して乗り込めたことで体力面はだいぶ整ってきた様子。厩舎との打ち合わせによって17日に栗東・高野厩舎へ戻ってきています。ゲート試験は合格済なので、あとは追い切りを重ねていってデビューを目指すのみ。動き切れていない面は厩舎スタッフの力で幾らかでも改善を目指して欲しいです。

まあ、現状は到底初戦向きとは思えないも、結果は度外視して早目に1度実戦を経験させてあげることは長い目で見ればプラスに働いてくれると見ています。また、こういうタイプは2戦目がより大事になってくるかと思います。

« 課題のスタートで上へ伸び上がる形で出てしまったのが痛恨。ポジションを挽回するのに脚を使い、前を追い掛け過ぎてしまってHペースに巻き込まれる。最後は完全にバテてしまい9着に終わる。ちょっと運もなかった。★エレンボーゲン | トップページ | 【近況】【動画更新】サリオス »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードユリシス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 課題のスタートで上へ伸び上がる形で出てしまったのが痛恨。ポジションを挽回するのに脚を使い、前を追い掛け過ぎてしまってHペースに巻き込まれる。最後は完全にバテてしまい9着に終わる。ちょっと運もなかった。★エレンボーゲン | トップページ | 【近況】【動画更新】サリオス »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ