2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 少しずつ馬は良くなっているも、性格に闇を抱える馬。ワンペースの走りということでダート戦へ矛先を向けてきましたが、砂を被ってパニックになってしまう可能性は大。出来る限り、気分を損なうことなく走らせてバテない強みを生かし、少しでも上の順位を目指して欲しい。★ジェラーニオ | トップページ | サマーマイルシリーズの第1戦に間に合うことが出来たも、安田記念での不利で被った右トモの腫れがなかなか引かず。牧場で乗り込むことが出来ていないし、帰厩後も軽めの調整。M.デムーロJが乗ると全く伸びが違う馬ですが、今回に関してはさすがに厳しそう。★ロードクエスト »

2019年7月21日 (日)

前走より少し相手が揃った感じも、1ハロン延長+開催最終日の舞台は合っている筈。ここも道中脚を溜める競馬で末脚勝負に徹するのみですが、初コンビとなる横山武Jの手腕にも期待。☆ロードプレミアム

201906_20190721061101

Photo_3 ロードプレミアム(牡・斎藤誠)父ディープインパクト 母インディアナギャル

7月21日(日)函館10R・松前特別・混合・芝2000mに横山武Jで出走します。7月17日(水)良の函館・ウッドチップコースで5ハロン70.2-54.3-39.9-12.8 7分所をゴール前仕掛けています。併せ馬では強目の相手の内を0秒9追走して0秒2先着。追い切りの短評は「幾分上向くも」でした。発走は14時50分です。

○斎藤調教師 「7月14日(日)に戻ってからの初時計を記録し、17日(水)は他厩舎の馬を相手にウッドで併せる形。良好なコンディションを保っており、終いに仕掛けると十分な伸びを示しました。例によって道中に脚を溜めるつもり。上位争いを演じたいです」

≪調教時計≫
19.07.17 助手 函館W良 70.2 54.3 39.9 12.8 G前仕掛け ウインアクティーボ(2歳未勝利)強目の内0秒9追走0秒2先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回函館6日目(07月21日)
10R 松前特別
芝2000メートル 3歳上2勝クラス 特指 混合 定量 発走14:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 バケットリスト 牝4 55 菱田裕二
2 2 フリージングレイン 牡5 57 C.ルメール
3 3 ロードプレミアム 牡6 57 横山武史
4 4 イノセントミューズ 牝3 52 北村友一
5 5 ユニコーンライオン 牡3 54 岩田康誠
6 6 トミケンボハテル 牡5 57 丹内祐次
6 7 ハウエバー 牡5 57 柴山雄一
7 8 プレイヤーサムソン 牡6 57 四位洋文
7 9 スワーヴノートン 牡5 57 吉田隼人
8 10 ピッツバーグ せ6 57 松岡正海
8 11 ムーンレイカー 牡4 57 池添謙一

○磐井助手「短期放牧明けになりますが、状態は凄く良さそう。距離が延びるのも好材料。流れ一つ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

時計の掛かる馬場で成績を残しているロードプレミアム。パワータイプですし、北海道の洋芝は向くものと前走は期待したのですが、芝1800mでは前有利の展開が多く、もう一つ詰め切れないレースが多かったのですが、前走はまさにその典型。開幕週の馬場+Sペースも不向きで最後方から進めたプレミアはちょろっと差を詰めただけの6着に終わってしまいました。

その後は一旦北海道のケイアイファームへ放牧に。1週間ほど軽めの調整に終始するも、その後は緩めすぎることなくハロン15秒の調教を定期的に消化し、今回の10日競馬に備えてきました。帰厩後のプレミアムの体調自体は何ら不安はありませんが、馬体重は前走から増えていないことを願っています。

また、今回の舞台は前走から1ハロン延長の芝2000mで開催最終日。条件は前走から明らかに好転します。少し相手が揃っている気はしますが、レースでのプレミアムは道中脚を溜める形で末脚勝負に徹するのみ。横山武Jとの初コンビとなりますが、父譲りの大胆な騎乗でプレミアムの良さを引き出して欲しいです。そしてしばらくはコンビが継続されるように、今後に期待の持てる走りを見せて欲しいものです。

« 少しずつ馬は良くなっているも、性格に闇を抱える馬。ワンペースの走りということでダート戦へ矛先を向けてきましたが、砂を被ってパニックになってしまう可能性は大。出来る限り、気分を損なうことなく走らせてバテない強みを生かし、少しでも上の順位を目指して欲しい。★ジェラーニオ | トップページ | サマーマイルシリーズの第1戦に間に合うことが出来たも、安田記念での不利で被った右トモの腫れがなかなか引かず。牧場で乗り込むことが出来ていないし、帰厩後も軽めの調整。M.デムーロJが乗ると全く伸びが違う馬ですが、今回に関してはさすがに厳しそう。★ロードクエスト »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードプレミアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少しずつ馬は良くなっているも、性格に闇を抱える馬。ワンペースの走りということでダート戦へ矛先を向けてきましたが、砂を被ってパニックになってしまう可能性は大。出来る限り、気分を損なうことなく走らせてバテない強みを生かし、少しでも上の順位を目指して欲しい。★ジェラーニオ | トップページ | サマーマイルシリーズの第1戦に間に合うことが出来たも、安田記念での不利で被った右トモの腫れがなかなか引かず。牧場で乗り込むことが出来ていないし、帰厩後も軽めの調整。M.デムーロJが乗ると全く伸びが違う馬ですが、今回に関してはさすがに厳しそう。★ロードクエスト »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ