2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 6月30日の調教後に右前脚に腫れ・熱感を確認。3日にエコー検査を受けたところ、浅屈腱炎の診断が下る。競走馬登録を抹消することになってしまいました。★フロントライン | トップページ | 前走から1つ着順を落とすことになるも、チークピーシズの着用効果で直線で脚を使うところもありましたし、勝ち馬からコンマ5秒差とこれまでで1番内容の濃いレース。この経験を次走に繋げて欲しい。★ロードラウレア »

2019年7月 4日 (木)

初めての続戦も体質強化が進んだ今なら大丈夫だと見ていたも、想像以上にレース前から疲れていた様子。勝負どころからの反応が悪くなってモタモタ。最後は地力で盛り返してはきたも、そこでのロスが響いて5着に敗れてしまう。★クレッセントムーン

2019061800_20190703014501

Photo クレッセントムーン(牡・高野)父ヘニーヒューズ 母スカイクレイバー

土曜中京8R 3歳上1勝馬クラス(ダ1800m)5着(1番人気) 川田J

互角のスタートから4番手を追走、3コーナーあたりで置かれ気味になり、最後の直線ではジリジリ脚を伸ばしますが、上位馬を捉えきるところまでいかず5着でレースを終えています。

川田騎手「返し馬の感触は前走より良く感じましたし、馬の雰囲気は良かったです。ただ、レースに行くと前走のような行きっぷりが見られず、3コーナー手前あたりから段々とついて行けなくなってしまいました。最後の直線は地力でもう一度脚を伸ばしてくれましたが、レース前の馬の雰囲気とレースでの手応えがあまりにも違っていました。これまで間隔を取って出走していたこともありますし、初めて続戦したことで気持ちに余裕が持てなかったのかもしれませんね」

高野調教師「前走後も状態としては良かったですし、今の感じなら続戦しても力を発揮してくれると思い、今回の出走に至りましたが、1番人気の支持を受けたにもかかわらず結果を出せず申し訳ありません。ジョッキーの話にもあったように、レース前の雰囲気とレースに行っての走りがまったく噛み合っていなかったようです。馬自身はしっかりしてきていますが、もう暫くは心身ともにフレッシュな状態でレースに向かう方が良いのかもしれません。トレセンで状態を確認した後は一旦牧場へ戻してこれまでの疲れを取ってもらう予定です」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

好位のインから。半マイル標から促されていたが、進みが悪かった。直線はバーンスターに外から交わされて劣勢。ラストは4着馬の外で詰め寄っているが、5着までがやっと。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動

高野師「トレセンに戻って状態を確認しましたが、レースの疲れが少しあるものの、目立ったダメージはありませんでした。クレッセントムーンなりにしっかりしてきていますが、馬体を見るとまだ物足りなさを感じるので、もう一回り逞しくなってほしいですね。まだ伸びしろのある馬ですし、間隔を取りながら大事に出走させていきたいと思います。この後は一旦牧場へ戻してこれまでの疲れを取ってもらう予定です」(7/3近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

古馬との初対戦となった前走の好内容+相手関係に恵まれた感じだったので、ここできっちり2勝目を挙げて秋競馬に備えたいと目論んでいたクレッセントムーン。好スタートからレースの流れに乗り、折り合いも付いて良い感じだなと見ていたのですが、3角からのペースアップに対して急にモタモタしてしまい、4角を回ってくる時は手応え・反応が一息。まさかの変貌ぶりに溜息が漏れるほどでした。これまで休み休み使われてきましたが、体質強化が叶った今なら連戦でも問題なく前進してくれるものと見ていたのですが…。

前走からプラス4キロでの出走と仕上げに関しては抜かりはなかったと思いますが、パドックでは幾らか発汗が目立つ感じ。蒸し暑い天候だったので問題ないと判断したのですが、大きな敗因とは違うかもしれませんが、レース前からジリジリ消耗していたんでしょうね。そして気持ち(集中力)が続かなくなったのかな?

最後の直線ではこのまま沈むことを覚悟しましたが、川田Jの叱咤激励にクレッセントムーンも発奮。勝ち馬の末脚のような迫力こそなかったですが、じわじわと詰め寄る感じで4着馬と差のない5着まで。一応、地力は最後に示してくれました。

レース後のクレッセントムーンですが、2戦使ったなりの疲れは見受けられるも、馬体に異常はなし。デビュー時と比べると体質は明らかに強化されてきましたが、3歳の夏ということで精神面の充実はまだまだ。思っている以上にレースで気を張って頑張ってくれているので、もう少しの間は追い詰めない意味でもレース⇔放牧を繰り返した方が先々の成長・飛躍に繋がってくれるのかなと思います。今回、クレッセントムーンには非常にタフなレースになったと思いますが、苦しい中でも最後巻き返してきたのは価値があると思うので、このレースで得た経験値を次走以降で役立ててもらいたいです。

« 6月30日の調教後に右前脚に腫れ・熱感を確認。3日にエコー検査を受けたところ、浅屈腱炎の診断が下る。競走馬登録を抹消することになってしまいました。★フロントライン | トップページ | 前走から1つ着順を落とすことになるも、チークピーシズの着用効果で直線で脚を使うところもありましたし、勝ち馬からコンマ5秒差とこれまでで1番内容の濃いレース。この経験を次走に繋げて欲しい。★ロードラウレア »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

クレッセントムーン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 6月30日の調教後に右前脚に腫れ・熱感を確認。3日にエコー検査を受けたところ、浅屈腱炎の診断が下る。競走馬登録を抹消することになってしまいました。★フロントライン | トップページ | 前走から1つ着順を落とすことになるも、チークピーシズの着用効果で直線で脚を使うところもありましたし、勝ち馬からコンマ5秒差とこれまでで1番内容の濃いレース。この経験を次走に繋げて欲しい。★ロードラウレア »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ