2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(牝馬・NF天栄組) | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NFしがらき組) »

2019年7月 9日 (火)

4日に栗東・角居厩舎へ入厩しています。☆ヴィースバーデン

201906_20190703014601

Photo_6 ヴィースバーデン(牝・角居)父ディープインパクト 母ワイルドココ

2019.07.04
7月4日(木)に栗東・角居勝彦厩舎へ入厩しました。初めて経験する環境に慣れさせながら当面は1ハロン18秒前後のキャンターで仕上がり具合の把握に努める方針。ひとまずはゲート試験の合格を目標に調整を行ないます。

○辻野調教助手 「千葉の育成場へ移ってからも調整は順調に運んでいた様子。受け入れ態勢の整った7月4日(木)に厩舎へ迎えています。ある程度の状態は伝え聞いているものの、実際に本馬に触れるのは今回が初めて。特徴を探りつつ進めて行きましょう」

2019.07.02
千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン20~22秒ペース)。7月4日(木)に栗東・角居勝彦厩舎へ入厩の予定です。

○当地スタッフ 「先週は緩やかなリズムで周回。7月3日(水)の夜間にこちらを離れるスケジュールが決まった点を踏まえ、コンディションの維持を心掛けています。ピリッとした性格でも、環境に慣れてからは落ち着いた雰囲気。楽しみな素質を秘める印象です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

5月末に募集締切のアナウンスがあったヴィースバーデン。有力馬が揃う角居厩舎なのでそれから待たされるのは仕方ないですが、大きなトラブルなく進めることが出来たのは一安心。ようやく厩舎から声が掛かり、4日に栗東・角居厩舎へ入厩しています。

非力な面が多く残るので、ゲート試験合格後は一旦千葉へ戻される可能性はかなり大でしょうが、まずはトレセンという特殊な環境に慣れてもらい、第一関門のゲート試験をスムーズに突破してもらいたいです。

ヴィースバーデンは頑張ってもらわないといけない1頭ですが、1番の課題はこの母系らしいピリピリ感。千葉では無理に攻めていないのでテンションは不必要に上がっていませんが、デビューへ向けて追い切りを重ねるようになった際には気難しさを見せるかもしれません。その辺の修正に関しては、大舞台を多く勝ち取ってきた厩舎力で解決していってくれることを願っています。

« シルクなお馬さん(牝馬・NF天栄組) | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NFしがらき組) »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ヴィースバーデン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(牝馬・NF天栄組) | トップページ | シルクなお馬さん(4歳上牡馬・NFしがらき組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ