2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 27日にNFしがらきへ移動しています。☆ハーツクリスタル | トップページ | 随所に心身の幼さを感じさせるも、センスの良さを感じさせるレースぶり。最後の最後で目立つ脚を繰り出して3着に食い込む。デビュー戦とすれば合格点を上げることが出来る内容。☆ロードベイリーフ »

2019年8月 1日 (木)

今回も小脚が使えない為、レースの流れに乗れずじまい。最後方追走から直線で少し脚を伸ばしただけで13着に敗れる。実績のある舞台でも見せ場を作れず、3勝クラスでも現状の厳しさを改めて知る結果に。★シングルアップ

201907_20190801061301

Photo シングルアップ(牡・寺島)父キンシャサノキセキ 母ラフアップ

日曜小倉11R 佐世保S(芝1200m)13着(8番人気) 松山J

今回もパドックから返し馬を行うまでパシュファイヤーを着用しました。まずまずのスタートを決めますが、行き脚が付かず最後方まで下がってしまいます。そのままの位置で最後の直線に差し掛かり、懸命に追われますが、上位馬を捉えきるほどの脚は見られず13着でレースを終えています。

松山騎手「以前は返し馬を行った際、なかなか制御が利かずに止まってくれませんでしたが、今回はコントロールが利く様になり、普通に返し馬を行うことが出来ました。スタートが決まれば好位でレースをしようと考えていましたが、ゲートを五分に出たものの、流れに乗っていくことが出来ず、後方まで下がってしまいました。二の脚はそこまで速い方ではありませんが、開幕週の馬場でスピード競馬となると余計について行くので精一杯でした。勝ち馬と同じ位置にいましたが、瞬発力勝負だと分が悪かったですね。今のシングルアップの持ち味を活かすのであれば、1400mから1600mぐらいの距離で、好位で長く脚を使うような競馬が理想だと思います。気性が大人になってきましたし、高い素質を持っている馬なので、条件さえ嵌ればもっとやれて良いと思います」

寺島調教師「実績のある小倉で変わり身を期待しましたが、全くついて行けなかったですね。小脚が使えないので、頭数が揃ってペースが速くなると、どうしても追走で一杯になってしまいますから、現状はもう少し距離がある方が良いかもしれません。ジョッキーが言っていたように、折り合いが付くようになった今なら、もう少し距離を延ばしても問題ないと思います。今後についてはトレセンに戻ってから検討したいと思いますが、夏場はあまり良い番組がありませんし、無理せず秋に備える方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン/8月1日に滋賀県・ノーザンファームしがらきへ放牧予定
・調教内容:軽めの運動

寺島師「先日は思うようなレースが出来ず申し訳ありませんでした。トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、目立った疲れはなく体調も問題ありませんでした。この後は一旦牧場へお戻しさせていただき、秋に備える予定ですが、今回の放牧期間中に障害練習を取り入れてもらう予定です。コントロールだけではなく、体の使い方など一から鍛え直してもらい、少しでもレースに活かせられるようになればと思っています」(7/31近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レースはライブで見れていないのでパドック・返し馬の様子は分かりませんが、パドックの画像を見ると、若干発汗が目立って気の悪さは感じますが、イレ込んでいる感じではなかった様子。プラス2キロでの出走と仕上がり自体は問題なかったと思います。

ゲートは普通に出たシングルアップですが、隣のラベンダーヴァレイが外へヨレたのもありますが、大方の予想どおり、行き脚が付かず後方からの競馬に。また、レースはテンに行きたい馬が多かったのでHペースの流れになって、終始軽く促しながらの追走になってしまいました。そして4角では最後方と既に勝負圏外だったシングルアップは最後の直線で内目をジリジリ伸びただけで13着まで。勝ったエイシンデネブはそれほど大差ない位置で追走していたので展開は向いたと思うのですが、瞬発力の違いをまざまざと見せられることに。まあ、勝ち馬はいずれOPや重賞を勝てる馬だとは思います。少頭数ならこの距離でも格好は付けられると思いますが、多頭数では見せ場すら作れず。松山Jの言うように多少操縦性が利くようになった今ならマイルを試してみても良いのかなと思います。速い脚を使えないのでスッとレースの流れに乗れないと辛いです。

レース後のシングルアップはクタッとすることなく元気一杯。ただ、小倉だと適性外の距離を使うことになるので先に余裕を持たせて秋競馬へ向かうことに。1日付でNFしがらきへ放牧に出ることに。前回は実施されませんでしたが、今度の放牧では障害練習を取り入れるとのこと。操縦性のアップや身のこなしの変化を求めての取り組みみたいですが、飛越にセンスが窺えるようなら障害転向という選択肢を1つ持っておいて欲しいです。それを実行するのはもう少し先でも良いので。

3勝クラスへ入るともう少しやれるかなと見ていたのですが、現状の厳しさを改めて知ることになった今回のシングルアップ。陣営はあの手この手と考えてくれているので、何とか1つでも嵌ってくれることを願うばかりです。

« 27日にNFしがらきへ移動しています。☆ハーツクリスタル | トップページ | 随所に心身の幼さを感じさせるも、センスの良さを感じさせるレースぶり。最後の最後で目立つ脚を繰り出して3着に食い込む。デビュー戦とすれば合格点を上げることが出来る内容。☆ロードベイリーフ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

シングルアップ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 27日にNFしがらきへ移動しています。☆ハーツクリスタル | トップページ | 随所に心身の幼さを感じさせるも、センスの良さを感じさせるレースぶり。最後の最後で目立つ脚を繰り出して3着に食い込む。デビュー戦とすれば合格点を上げることが出来る内容。☆ロードベイリーフ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ