2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(牡馬・入厩組) | トップページ | キャリア4戦目で待望のスプリント戦。これまでの戦いぶりからこの舞台が合っているのは確かなので、気分良く先行させ過ぎず、直線でひと伸びできるようにタメを利かせた走りで変わり身を期待。勿論勝ち負けして欲しいも、5着以内を何とか死守して欲しい。★マカリカ »

2019年7月14日 (日)

前走より明らかに相手強化の1戦も、序盤からポジションを取りに行き、速い脚が使えない分、後続を待ちすぎることなく自分から仕掛けていって欲しい。あとは最後の直線でどこまで辛抱できるかどうか。☆エレンボーゲン

201907_20190712123001

Photo エレンボーゲン(牝・鹿戸)父ブラックタイド 母ショアー

日曜福島6R 3歳未勝利・牝馬(芝2000m)1枠2番 大塚J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:10日に坂路コースで時計

鹿戸師「10日に坂路コースで併せて追い切りを行いました。道中は1勝クラスのアロハブリーズを誘導する形で最後は並び掛けられるも、しぶとく脚を使って同入で終えています。先週末も重たい馬場の中である程度時計が出ていたため、動きについては心配していませんでした。今週も動きは変わらず良好でしたし、前走で優先出走権を獲ったものの放牧させたことで心身ともにフレッシュな状態ですね。また、前走と同様にレースではブリンカーを着用する予定で、大塚海渡騎手には積極的な競馬をしてもらおうと思います。ここでは力は上位でしょうから、何としてでも勝ちあがりを決めたいですね」(7/11近況)

助 手 7美坂重 55.9- 40.9- 26.6- 12.8 馬なり余力
助 手 10美坂良 55.2- 40.7- 26.4- 12.7 馬なり余力 アロハブリーズ(古馬1勝)馬なりに0.6秒先行同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第2回福島6日目(07月14日)
6R 3歳未勝利
芝2000メートル 指定 牝馬 馬齢 発走12:55
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アーブルルージュ 牝3 53 菊沢一樹
2 2 エレンボーゲン 牝3 51 大塚海渡
2 3 プリンセスシャイン 牝3 51 小林凌大
3 4 シビックテック 牝3 54 横山典弘
3 5 ベストデイエヴァー 牝3 51 山田敬士
4 6 ビジュティエ 牝3 54 柴田大知
4 7 サクラテゾーロ 牝3 51 木幡育也
5 8 マリノオードリー 牝3 53 木幡巧也
5 9 スパークオブライフ 牝3 51 藤田菜七子
6 10 グロリアーナ 牝3 54 戸崎圭太
6 11 ノアクリスティン 牝3 54 松岡正海
7 12 ラテルネラ 牝3 54 江田照男
7 13 オールイズスパーブ 牝3 54 吉田豊
8 14 スズロザーナ 牝3 54 三浦皇成
8 15 ココリアッピア 牝3 52 野中悠太郎

○鹿戸師 「ブリンカーと3キロ減騎手が良かったのか、前走は先行して頑張った。間を開けて体調は変わらないから、今回も楽しみ」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ダートを使ったり、芝の長丁場を使ったりと適性を探ってきたエレンボーゲン。それがなかなか結果に結び付かなかったのですが、前走は芝2000mに照準を合わせ、斤量差を出すために減量Jを起用。最後の直線で手応え程、伸びなかったのは物足りなく思ったのですが、前々の競馬から最後までジリジリ脚を伸ばして3着へ。相手に恵まれたところは多分にあったとしても、1つ結果を残せたことは未勝利突破へ希望を繋ぐことが出来ました。

前走後は馬体重が減っていたこともあって、早めに一息入れることを選択。そして器用な立ち回りを生かすために小回りの福島・芝2000mに照準を合わせてきました。牧場時からここまでトラブルなく良い雰囲気で来ていると思いますが、前走時に減らしてしまった馬体重が思ったほど戻っていないのが心配。今は前走よりマイナス体重になってしまうことは何とか回避したいところ。馬自身は活気があって、体調そのものは不安はなさそうですが…。

今回、1枠2番と先行するには絶好といえる枠を選択。ゲートが開く音に反応してしまうのでどうしても立ち遅れると思いますが、福島・芝2000mはスタートから1角まで少し距離があるので、前走以上に序盤は押していって3番手以内で1角を回っていって欲しいです。速い脚は使えませんが、非力な馬なので、出来れば良馬場でレースを迎えたいです。

福島開催が関東のメイン場になるので、前走のローカル・新潟開催と比較すると相手関係はグッと強化された感じですが、エレンボーゲンと大塚Jのコンビはとにかく前走の再現を目指して競馬に挑むのみです。そして手応え程、追って伸びなかった前走の結果を踏まえ、3角過ぎの勝負どころでは後続を待つことなく、早めにエンジンを吹かしていってもらえればと思います。あとはどこまで辛抱出来るですが、失速を恐れることなく、果敢に勝利を掴みにいって欲しいです。

« シルクなお馬さん(牡馬・入厩組) | トップページ | キャリア4戦目で待望のスプリント戦。これまでの戦いぶりからこの舞台が合っているのは確かなので、気分良く先行させ過ぎず、直線でひと伸びできるようにタメを利かせた走りで変わり身を期待。勿論勝ち負けして欲しいも、5着以内を何とか死守して欲しい。★マカリカ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

(引退)エレンボーゲン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(牡馬・入厩組) | トップページ | キャリア4戦目で待望のスプリント戦。これまでの戦いぶりからこの舞台が合っているのは確かなので、気分良く先行させ過ぎず、直線でひと伸びできるようにタメを利かせた走りで変わり身を期待。勿論勝ち負けして欲しいも、5着以内を何とか死守して欲しい。★マカリカ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ