2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ハイレベルの追い切りを連発して能力があるのは確か。その一方で若さも多く残している現状。先々は走ってもらわないと困る素材も、期待は1度使ってからかも。☆ロードクラージュ | トップページ | ここまでソエに悩まされてきたも、その不安はほぼ解消。今なら速い時計の決着にも対応できる筈。まだまだ上を目指せる馬ですし、逞しさを増した中でこれまでとは一味違う走りを見せて欲しい。☆クレッセントムーン »

2019年6月 8日 (土)

4歳になって物足りない結果が2戦続いたも、敗因がしっかりしているのは救い。多士済々のメンバー相手で今回も楽ではないも、出たなりの位置で脚を溜め、自分のリズムで競馬を進めて欲しい。★アンブロジオ

201905_31

Photo アンブロジオ(牡・菊沢)父ローズキングダム 母アンティフォナ

土曜東京11R 多摩S(芝1600m)4枠7番 津村J

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:5日に南Pコースで時計

菊沢師「5日に南Pコースで追い切りました。先週末にも坂路コースで時計を出していますし、今週は単走で息を整える程度にサラッと行いました。これまでと同様、素軽いフットワークで最後まで走れていて、動きは良かったですね。また、段々と気合いが入ってきて良い意味でアンブロジオらしさが出てきましたし、馬体には実が入って張りも出てきた感じがします。前走よりも状態は良さそうですし、前走は上手く脚が溜められずこの馬らしい走りが出来ませんでしたが、マイル戦でリズム良く進められれば良い走りを見せてくれると思っています」(6/6近況)

調教師 1美坂良 53.9- 40.2- 27.0- 14.0 馬なり余力
助 手 5南P良 66.6- 52.4- 39.3- 13.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回東京3日目(06月08日)
11R 多摩川S
サラ 芝1600メートル 3勝クラス 指定 混合 ハンデ 発走15:45
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アバルラータ 牝5 53 丸山元気
1 2 エルプシャフト 牡6 55 三浦皇成
2 3 リカビトス 牝5 54 C.ルメール
2 4 ラセット 牡4 56 柴山雄一
3 5 ペルソナリテ 牝6 53 丹内祐次
3 6 アシュリン 牝4 53 石川裕紀人
4 7 アンブロジオ 牡4 56 津村明秀
4 8 ミュージアムヒル 牝4 54 戸崎圭太
5 9 トーセンブレス 牝4 54 柴田善臣
5 10 サトノキングダム 牡6 55 M.デムーロ
6 11 エスターテ 牝4 52 松岡正海
6 12 メイショウオーパス 牡4 56 横山典弘
7 13 ルーカス 牡4 56 D.レーン
7 14 チャンピオンルパン 牡8 55 横山和生
7 15 バティスティーニ 牡6 55 石橋脩
8 16 レオナルド 牡6 54 内田博幸
8 17 トライン 牡4 55 松山弘平
8 18 ファストアプローチ せ4 56 木幡育也

○菊沢師 「前走は流れが速くて脚が溜まらなかった。その後は放牧を挟んだが、いつもより美浦で1本多く終えたし、状態は前走時より良さそう。距離は1600mでも大丈夫だからうまく脚をタメられれば」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

OP入りに手が届くところまで来ていながら、4歳になったアンブロジオは2戦連続で情けない結果に。ただ、2戦共に57キロを背負っていたとか、前々走は雪の影響で競馬が順延+スタート直後の不利、前走は僚馬の桜花賞挑戦に帯同して初めての関西圏のレースと明確な敗因を上げることが出来るのが救い。あとは大敗を2度連続で喫したことが精神面でどう応えているか。

前走後はいつも通り、NF天栄でリフレッシュを図ったアンブロジオ。脚元等に異常は見られず、すぐ乗り出すことは出来ましたが、良い頃の馬体の迫力を取り戻せないと本調子を欠く感じで大敗したことがやはり尾を引いている様子も。まあ、それでも地道に本数を乗り込んでくると、馬体の張り・毛ヅヤは良化を辿ってきて、最近少し大人しかったアンブロジオに以前のようなピリッとしたところが出てきました。崩れてしまっていた本来の姿を取り戻しつつあります。

今回の舞台は実績のある東京・芝1400mより1ハロン長いマイル戦。年齢・キャリアを重ねてズブさが窺えますし、脚をタメて走ることができれば辛抱できる距離だと思います。実際、右回りの中山ではハナ差の2着という結果を残していますし。ただ、マイル戦ということで相手は多士済々で、10回やれば10回勝ち馬が違っても不思議ではありません。このメンバー相手に1歩先んじて抜け出すというシーンは現状を踏まえれると想像し辛いもの。道悪に関しては、速い時計に1つ難があるアンブロジオなので、時計が掛かることはプラス。ただ、ぐちゃぐちゃになり過ぎると非力なタイプなので良くはないのかなと思います。あと1キロとは言え、56キロで戦えるのは勿論プラス。

復調の兆し・キッカケは窺えるも、冷静な目で見ると今回も苦戦することが濃厚。まあ、それは良くなる過程ということで辛抱強く、結果を受け入りたいと思います。ただ、ノーチャンスでもないので、津村Jにはロスのない競馬で脚を溜め、ゴール前の混戦に食い込んでくるような場面を作って欲しいです。

« ハイレベルの追い切りを連発して能力があるのは確か。その一方で若さも多く残している現状。先々は走ってもらわないと困る素材も、期待は1度使ってからかも。☆ロードクラージュ | トップページ | ここまでソエに悩まされてきたも、その不安はほぼ解消。今なら速い時計の決着にも対応できる筈。まだまだ上を目指せる馬ですし、逞しさを増した中でこれまでとは一味違う走りを見せて欲しい。☆クレッセントムーン »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

アンブロジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハイレベルの追い切りを連発して能力があるのは確か。その一方で若さも多く残している現状。先々は走ってもらわないと困る素材も、期待は1度使ってからかも。☆ロードクラージュ | トップページ | ここまでソエに悩まされてきたも、その不安はほぼ解消。今なら速い時計の決着にも対応できる筈。まだまだ上を目指せる馬ですし、逞しさを増した中でこれまでとは一味違う走りを見せて欲しい。☆クレッセントムーン »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ