2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(2歳牡馬・NF空港組) | トップページ | 初めての実戦でパドックから舞い上がってしまうことを覚悟していたも、拍子抜けするほどの落ち着きを披露。前有利の流れで捉え切ることは出来なかったも、最後まで渋太く踏み止まってデビュー戦で2着に食い込む。☆ボンディマンシュ »

2019年6月 4日 (火)

ロードなお馬さん(2歳牡馬・千葉ケイアイF組)

Photo_6 ロードユリシス

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「5月31日(金)に全体53秒9、ラスト13秒5の記録を残しています。仕掛けた際の反応が遅かった他、迫る相手の存在に必要以上に意識が向いていた部分も課題。反応が再び出始めた右前脚のソエに対し、6月1日(土)に焼烙治療を行ないました」

Photo_6 ロードセッション

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「日が経つに連れて身体が戻っているのは何より。見た目の張りはまだまだかも知れませんが、跨り始められるだけの余裕は出て来ました。獣医師のアドバイスも踏まえ、遠からずに新たな段階へシフトする予定。この先も着実な良化を求めたいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ユリシスは先週に続き、金曜日に速いところを乗っていますが、幼さを覗かせて動きは一息。時計から推測すると、併せた相手はヴィースバーデンかと思いますが、牝馬ということで意識したところもあったのかもしれません。既にゲート試験を合格し、帰厩となればデビューまで時間はかからないでしょうが、ここにきて気性面の課題が目立ってきたのは悩ましいです。

セッションは引き続き馬体のボリュームアップを優先した日々を過ごしています。乗り運動を控えている分、馬体の張りは薄れていますが、ふっくらしてきたのは○。そろそろ騎乗運動再開にGOサインが出るものと思います。ただ、見た目とは裏腹に非力なところが目立つので、速い調教を始める前に普通キャンターでまずはコツコツ乗り込んでもらえればと思います。焦らずに行きましょう。

« シルクなお馬さん(2歳牡馬・NF空港組) | トップページ | 初めての実戦でパドックから舞い上がってしまうことを覚悟していたも、拍子抜けするほどの落ち着きを披露。前有利の流れで捉え切ることは出来なかったも、最後まで渋太く踏み止まってデビュー戦で2着に食い込む。☆ボンディマンシュ »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードセッション」カテゴリの記事

ロードユリシス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(2歳牡馬・NF空港組) | トップページ | 初めての実戦でパドックから舞い上がってしまうことを覚悟していたも、拍子抜けするほどの落ち着きを披露。前有利の流れで捉え切ることは出来なかったも、最後まで渋太く踏み止まってデビュー戦で2着に食い込む。☆ボンディマンシュ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ