最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(2歳牡馬・NF早来組) | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牝馬・千葉ケイアイF組) »

2019年6月 4日 (火)

シルクなお馬さん(2歳牝馬・関西馬)

201906_6

Photo_3 オーサムゲイル(牝・高柳大)父キンシャサノキセキ 母シーズインクルーデッド

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2,500m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間も坂路コースでハロン16秒ペースの調教を続けていますが、本数をこなすに連れて徐々に力が付いてきていて、ハロン15秒に近いペースでも余裕を持って上がって来られるようになってきていますね。調教に向かう際の気難しい面も段々と解消されてきており、良いコミュニケーションが取れているように思います。暖かくになるに連れて馬体の見映えが良くなってきているのに加え、精神面での成長も感じられ、心身のバランスが取れてきているように思います。ただ、今はまだ焦らず丁寧に乗り込んで、本質的な体力強化を促しつつ、さらなる成長を待ちたいと考えています。馬体重は442キロです」(6/1近況)

201906_7

Photo_3 ミスビアンカ(牝・高橋忠)父ロードカナロア 母シャトーブランシュ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「リフレッシュ後は徐々に調教メニューを戻し、現在はリフレッシュ前と同じ週3回の坂路調教をこなしています。いつも2本ずつ登坂しており、1本目は硬さが目立ち、体を上手く使えずハミに乗っかって走るところがあるのですが、2本目になると解れてくるのか、体全体を使って手応え良く登坂している姿を見ることが出来ます。また、周回コースでは良い意味で力を抜いて、体を柔らかく使って走ることが出来ています。リフレッシュ明け直後はさすがにうるさいところを見せていましたが、運動が進むにつれて人間の指示に反抗する場面は徐々に減ってきました。ここまでとても順調に良化してきていますよ。馬体重は475キロです」(6/1近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

オーサムゲイルはそろそろハロン15秒の調教を本格化させてとする段階に。ゴネたりする気難しさはだいぶマシになって、人間との信頼関係も築けてきた様子です。あとは速いところをしっかり乗り込んで、更なる体力強化をなし遂げてもらえればと思います。

ミスビアンカも母譲りの気難しさ・反抗する面はあるようですが、それほど深刻なものではなさそう。オーサムゲイル同様に丁寧に接していってあげれば解消されてくると思います。身のこなしの硬さは体をしっかり使い切れていないからでしょうから、内面がパンとしてくればこちらも問題ないと見ています。

« シルクなお馬さん(2歳牡馬・NF早来組) | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牝馬・千葉ケイアイF組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ミスビアンカ」カテゴリの記事

オーサムゲイル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(2歳牡馬・NF早来組) | トップページ | ロードなお馬さん(2歳牝馬・千葉ケイアイF組) »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ