2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

出資馬一覧

最近のコメント

« 次走は来月14日の福島・牝馬限定の芝2000mを目指すことに。19日に帰厩する予定になっています。☆エレンボーゲン | トップページ | ライバル達が競走除外になったことが1番の勝因であるのは確かも、若さを残す走りでも悠々と押し切ったことを評価したい。2戦目での勝ち上がり。☆ボンディマンシュ »

2019年6月20日 (木)

シルクなお馬さん(2歳牡馬・NF早来組)

Photo_3 サリオス

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン

担当者「先週末、こちらへ無事に到着しています。熱発も見られず、到着後も飼い葉は食べており、体調面に大きな問題はなさそうですね。ただ、本州からの移動でしたので、現在は無理せずウォーキングマシンでの運動に止めており、今後も状態を見極めつつ徐々に立ち上げていきたいと思っています。元々、この時期にしては完成度の高い馬だと思っていましたが、それに応える走りを初戦から見せてくれて良かったです。この夏は北海道で過ごす方針だと聞いていますが、さらにパワーアップした走りを見せられるようしっかりと調整していきたいですね」(6/15近況)

Photo_3 エルスネル

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週1回屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本+周回コースで軽めのキャンター2700m、週4回周回コースで軽めのキャンター2700m、残りの日は軽めの調整

担当者「この中間は周回コースでの長距離運動を増やし、精力的に乗り込んでいます。体重に大きな変化はなく引き続き成長を待ちたいところですが、毛艶や張りはかなり上向いてきましたね。気性面に関しては、以前より落ち着きが出てきており成長が窺えます。ここまでとても順調に進めることが出来ていますので、今後も移動の声が掛かるまで体力強化・体調維持に努めていきたいと思います。馬体重は426キロです」(6/15近況)

Photo_3 ディランズソング

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週4回屋内坂路コースでハロン14~17秒のキャンター1本、週1回周回コースで軽めのキャンター2700m、週1回トレッドミル、残りの日は軽めの調整

担当者「歩様に関しては良化しましたので、現在は坂路調教の回数を増やし、ペースも日によっては終いハロン14秒まで上げています。手前をすぐに変えたり、前重心で走ったりと、まだまだ体力不足の感が否めないですが、背中から伝わる感触には素質を感じますよ。このペースの調教を続けても、今のところ歩様の硬さはありませんので、今後もしっかりと乗り込みながら、体力強化に努めていきたいと思います」(6/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クァンタムリープ以外のNF早来で調整中の2歳牡馬の近況をまとめて。

新馬戦を快勝したサリオスは8日に移動してきましたが、ひとまず無理を避ける形でウォーキングマシンでの運動のみ。北海道への輸送も問題なく終え、特に気になる点は見受けられません。次走については札幌2歳Sへの参戦はあり得るかもしれませんが、秋競馬からの再始動が有力かなと思います。

エルスネルは馬体重のアップがもっと叶えば最高なのですが、工夫を凝らしながら精力的に乗り込むことが出来ているのは○。父ロードカナロアなのでスピードは良いモノがあると思うので、非力さを補う体力を養うことがとにかく大事。引き続き距離をしっかり乗り込むことを優先していって欲しいです。

ディランズソングは坂路で速いところを乗り出していますが、走りのバランスが良くなく、馬体を持て余しているというのもあるでしょうが、体力不足が顕著。この夏は北海道でコツコツ乗り込むことが必要かなと思います。素質はそれなりに秘めていると思うので、今はしっかり土台を築くこと・素質に磨きを掛けることに全力を注いでもらいたいです。

« 次走は来月14日の福島・牝馬限定の芝2000mを目指すことに。19日に帰厩する予定になっています。☆エレンボーゲン | トップページ | ライバル達が競走除外になったことが1番の勝因であるのは確かも、若さを残す走りでも悠々と押し切ったことを評価したい。2戦目での勝ち上がり。☆ボンディマンシュ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

サリオス」カテゴリの記事

エルスネル」カテゴリの記事

ディランズソング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 次走は来月14日の福島・牝馬限定の芝2000mを目指すことに。19日に帰厩する予定になっています。☆エレンボーゲン | トップページ | ライバル達が競走除外になったことが1番の勝因であるのは確かも、若さを残す走りでも悠々と押し切ったことを評価したい。2戦目での勝ち上がり。☆ボンディマンシュ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ