最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 初めての実戦でパドックから舞い上がってしまうことを覚悟していたも、拍子抜けするほどの落ち着きを披露。前有利の流れで捉え切ることは出来なかったも、最後まで渋太く踏み止まってデビュー戦で2着に食い込む。☆ボンディマンシュ | トップページ | ロードなお馬さん(3歳・牧場組) »

2019年6月 6日 (木)

体と気持ちが噛み合わない現状で今回も変わり身は厳しいと見ていたも、前々の位置で競馬を進めることが出来たのが良かったのか、直線では外へ持ち出して最後までじわじわ加速。久々に力のあるところを見せて3勝目を挙げる。☆ブロードアリュール

2019051400

Photo_3 ブロードアリュール(セ・尾関)父ゴールドアリュール 母ブロードアピール

土曜東京12R 3歳上1勝馬クラス(ダ1400m)優勝(5番人気) 丸山J

ブリンカーとシャドーロール着用。まずまずのスタートを切ると積極的に運び、好位に付けていきます。残り400mあたりで外に進路を切り替えて追い出されると、粘る2着馬をきっちりと差し切って、3つ目の勝利を掴んでいます。

丸山騎手「今日は内枠で決して楽ではない競馬になりましたが、最後はしっかりと脚を伸ばして差し切ってくれました。これまでは肉体面と精神面が上手く噛み合わずに力を発揮できていませんでしたが、やはり能力のある馬ですね。それでもまだ体を使い切れていない感じはありましたし、これからもっと良くなってきそうな雰囲気はありますよ」

尾関調教師「ここに来て去勢の影響が出てきてしまったのか何とも言えませんが、馬体重は16キロ減ってしまっていたものの、特に細くは映りませんでした。前走が後ろから運んで案外な結果だったので、今回は積極的に運んで欲しいとリクエストしていました。直線でジョッキーが進路を確認する仕草をしていましたし、手応えがあるのかなと思いましたが、その通りしっかりと差し切ってくれましたね。調教の感じからすると、前走時とそれほど変わった感じがなかったので、正直に言って半信半疑な部分があったのですが、力があるところを見せられて良かったです。この後はトレセンで馬体を確認してから最終的に判断したいと思いますが、結果を残してくれましたし、一旦放牧に出させていただく方向で考えています」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

初ブリンカー。シャドーロール。16キロ減で細く映るぐらいの仕上げ。好位のインでスムーズにレースの流れに乗る。直線でコースの中ほどへ。追い出されるとグイッと加速。先に抜け出していた2着馬を残り100mあたりで交わした。馬具効果と去勢明け2戦目で本来の力を発揮。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:軽めの調整

尾関師「先日はありがとうございました。レース後に状態を確認したところ、両前球節に少し疲れは見られますが、大きく問題になる程のものではありません。今回の走りを見るとやはり1400mが現状は合っていると思いますし、使えそうなら東京や中京も含めて出走を検討したい気持ちはありますが、脚元のこともありますから無理はさせない方針です。明日、騎乗して軽めに動かす予定にしており、その動きを見て最終的にどうするか決めていきたいと思います」(6/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NF天栄での調整の際、今回は坂路での乗り込みを解禁し、低迷が続く現状から抜け出そうと頑張ってきましたが、帰厩後の追い切りの動きを見ると、正直、ブロードアリュールはガラッと変わってきた感じはなし。ブリンカーを装着したところでそれほど効果があるとは思えず、今回も厳しい1戦になることを覚悟。ライブではレースは見ていませんでした。

ですので、後になってレース結果をクリックしたところ、勝っていたので正直ビックリ。パドックとレースの映像を見直しましたが、マイナス16キロで馬体はスッキリし過ぎかなと思いましたが、ブリンカー装着でもイレ込むような面はなし。シャキシャキ歩いていたのが目にとまりました。

最内枠からのスタートとなりましたが、丸山Jが促すとスッと2番手を伺うほどの出脚。その後は馬群の内で淡々と追走することなりましたが、頭を上げたりすることなく集中力を保ち、鞍上の手応えは上々。少し気合を付けつつでしたが、良い感じで最後の直線を向くことが出来ていました。

ただ、直線でいざ追われた際、丸山Jはトモを数回振り返る感じに。体と気持ちがマッチしていないんだろうなあと思いましたが、徐々にトモの入りが良くなってきたのか、ポジションを外へ持ち出して追い上げを開始。手応えの割に渋い伸びでしたが、丸山Jの鞭が飛ぶごとに反応し、じわじわ脚を伸ばしてくれたブロードアリュール。残り150mぐらいで先頭に立つと、そのまま押し切ってくれました。着差以上に強かったと思いますし、良馬場で1分24秒台で走れたのは今後に明るい材料です。

レース後のブロードアリュールですが、深刻という感じではないも、しっかり走り切ったことで両前球節に少し疲れが見られるとのこと。今日1度馬場で乗ってみて最終判断されるようですが、まだまだ良くなる余地を残していますし、ここで無理をする必要は何もありません。当初の予定どおり、一旦放牧に出ることを強く望みます。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

(追記)

⇒⇒7日に福島県・ノーザンファーム天栄へ放牧に出る予定です。 (6日・最新情報より)

« 初めての実戦でパドックから舞い上がってしまうことを覚悟していたも、拍子抜けするほどの落ち着きを披露。前有利の流れで捉え切ることは出来なかったも、最後まで渋太く踏み止まってデビュー戦で2着に食い込む。☆ボンディマンシュ | トップページ | ロードなお馬さん(3歳・牧場組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ブロードアリュール」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めての実戦でパドックから舞い上がってしまうことを覚悟していたも、拍子抜けするほどの落ち着きを披露。前有利の流れで捉え切ることは出来なかったも、最後まで渋太く踏み止まってデビュー戦で2着に食い込む。☆ボンディマンシュ | トップページ | ロードなお馬さん(3歳・牧場組) »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ