2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

出資馬一覧

最近のコメント

« ソエと左膝の痛みで復帰がズレ込むも、帰厩後は引き続き上々の時計・動きを披露。良いスピードはあるので前走から1ハロン短縮のこの距離は大いに味方してくれそう。☆ジーナアイリス | トップページ | 前走時のデキはキープ。待望の外枠を引き当てた今回は前進を期待したいも、斤量差の大きい3歳馬の勢いに立ち向かうことが出来るかとなるとワンパンチ足りないような…。最低限の目標として次走の優先権確保はクリアして欲しい。☆ロードイヒラニ »

2019年6月 2日 (日)

550キロ近い大型馬も乗り込み入念で動きも上々。軽い芝の切れ味勝負になった際にどういう走りを見せてくれるかが1つポイント。1頭強い馬がいますが、幸先の良い競走馬生活をスタートさせて欲しい。☆サリオス

Photo_3 サリオス(牡・堀)父ハーツクライ 母サロミナ

日曜東京5R メイクデビュー東京 2歳新馬(芝1600m)7枠7番 D.レーンJ

・在厩場所:美浦トレセン
・調教内容:29日に南Wコースで時計

堀師「29日に南Wコースで併せて追い切りを行いました。道中はサリオスが追走して行き、直線で内に入れて脚を伸ばすと、最後は馬体を並べてゴールしています。力強い脚取りで最後まで走れていて、手綱を取ってもらったレーン騎手も良い感触を得てくれたようです。今週の1400m戦も視野に入れて進めていましたが、大型馬だけに発馬時や仕掛けてから馬体に緩さがありますし、メンタル的にも落ち着きがありますから、2日の1600m戦でデビューさせることにしました。血統馬も出走してくるようですが、調教ではしっかりとした動きを見せていますし、レーン騎手もレースでの走りを楽しみにしてくれていましたから、初戦から良い走りを期待したいですね」(5/30近況)

レーン 29南W重 68.8- 53.7- 39.2- 12.9 馬なり余力 ヘリファルテ(古馬3勝)馬なりの内0.8秒追走同入

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回東京2日目(06月02日)
5R メイクデビュー東京 2歳新馬
サラ 芝1600メートル 指定 混合 馬齢 発走12:25
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 アブソルティスモ 牡2 54 C.ルメール
2 2 セイカタチバナ 牡2 54 津村明秀
3 3 アルトゥーロ 牡2 54 岩部純二
4 4 カクシン 牡2 54 戸崎圭太
5 5 オーヴァル 牡2 54 松岡正海
6 6 ニジノハシ 牡2 54 杉原誠人
7 7 サリオス 牡2 54 D.レーン
8 8 エクメディノツルギ 牝2 54 内田博幸

○森助手 「追い切りに乗ったレーン騎手は『動きが良かった』と好感触。大型馬だが、力を出せる仕上がり。ゲートの不安もなく、好勝負」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【東京新馬戦】アブソル最大のライバルは堀厩舎サリオス(スポニチより)

アブソルティスモの最大のライバルになりそうなのが名門・堀厩舎のサリオス(牡、父ハーツクライ)。550キロ近い雄大な馬体の持ち主で「4月上旬に入厩してここまで順調に来た。大型馬だが素軽さがあっていい動き。扱いやすい気性だし、ゲートの駐立や発進も練習して問題ない。初戦から力を出せる仕上がり」と森助手の評価も高い。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

預託先と価格からもっと人気を集めても不思議ではなかったサリオスですが、募集開始で500キロを超える馬体に不安を感じる前脚の造りを懸念される声が多かったです。勿論、私も気にはなりましたが、1発長打の可能性を秘める血統馬に申し込めばスンナリ出走できそうな感じだったので突撃することを決めた次第です。預託先の堀厩舎はこれまで1度もお世話になっていなかったことも背中を押したと思います。

1歳時は早めに育成厩舎へ移動したとはいえ、550キロを超える馬体重だったので脚元に負担が掛かり過ぎないように慎重に進められてきましたが、年が明けてからは順調にペースアップ。オン・オフの切り替えが非常に上手な賢い馬なので学習能力の高さ+操縦性の高さを発揮していってくれました。そして我が2歳勢のトップバッターとして4月5日に美浦・堀厩舎へ。

入厩してすぐ熱発でカイバが落ちることがありましたが、すぐに回復が進み、第一関門のゲート試験は問題なく早目にクリア。一旦牧場へ移して再教育となるのかなと見ていましたが、在厩調整で6月の東京開催でのデビューを目指すことに。そして2歳戦・開幕週の1鞍に名前を連ねることが出来ました。緩さはまだまだ残るも、競走馬としての完成度は現段階でなかなか高いと思います。

ただ、ここはダービー馬の半弟で評判の高いアブソルティスモとの激突。将来性は相手の方に分があるかと思いますが、ここへ向けての乗り込み量は豊富ですし、坂路だけでなくWコースで年輩馬相手に食らい付いているように仕上がりも上々。堂々とした立ち振る舞い+操縦性の高さはデビュー戦で有利に働くでしょうし。あとはパワー型の馬なので、軽い芝でスピード・キレを発揮することが出来るかどうか。新馬戦なのでSペースからの瞬発力勝負になってくるでしょうから。

G1の安田記念と同じ舞台に立つサリオス。幸先の良い競走馬生活のスタートを切れることを願っています。

« ソエと左膝の痛みで復帰がズレ込むも、帰厩後は引き続き上々の時計・動きを披露。良いスピードはあるので前走から1ハロン短縮のこの距離は大いに味方してくれそう。☆ジーナアイリス | トップページ | 前走時のデキはキープ。待望の外枠を引き当てた今回は前進を期待したいも、斤量差の大きい3歳馬の勢いに立ち向かうことが出来るかとなるとワンパンチ足りないような…。最低限の目標として次走の優先権確保はクリアして欲しい。☆ロードイヒラニ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

サリオス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソエと左膝の痛みで復帰がズレ込むも、帰厩後は引き続き上々の時計・動きを披露。良いスピードはあるので前走から1ハロン短縮のこの距離は大いに味方してくれそう。☆ジーナアイリス | トップページ | 前走時のデキはキープ。待望の外枠を引き当てた今回は前進を期待したいも、斤量差の大きい3歳馬の勢いに立ち向かうことが出来るかとなるとワンパンチ足りないような…。最低限の目標として次走の優先権確保はクリアして欲しい。☆ロードイヒラニ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ