2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組) | トップページ | 7日に栗東・森田厩舎へ入厩しています。☆ロードベイリーフ »

2019年6月 9日 (日)

物足りない結果に終わった前走。中間の調整は意欲的でひと叩きして動き・雰囲気は確実に良化。あとは精神面の弱さが今回も結果に響いてしまうかどうか。逃げるのなら引き離し気味に行って欲しい。★ピボットポイント

2019052000_2

Photo ピボットポイント(牡・友道)父ディープインパクト 母ペンカナプリンセス

日曜阪神8R 3歳上1勝クラス(芝1800m)5枠7番 岩田康J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日にCWコースで追い切り

友道師「5日にCWコースで追い切りました。岩田騎手に感触を確かめてもらいましたが、『前回より馬の雰囲気が良くなって、走りに力強さがありますね。上積みがありそうです』と言っていました。確かに前走後から馬の雰囲気が良くなって、良い傾向だなと感じていましたが、ジョッキーも追い切りでそれを感じてくれたようですし、上積みが期待できそうですね。前走後は距離を延ばすなど色々考えましたが、2000m以上の距離に出走させた時は少し長い印象を受けていたので、それを踏まえて番組を検討した結果、9日の阪神・芝1800mに向かうことにしました。岩田騎手もそちらの方が良いと言ってくれましたし、状態の良さと、久々のワンターンのコースが良い方に出てくれればと思っています」(6/6近況)

助 手 2栗P良 83.5- 66.3- 49.9- 36.6- 11.7 強目に追う
助 手 4栗坂良 60.0- 44.2- 29.1- 14.4 馬なり余力
岩田康 5CW良 82.9- 67.1- 52.3- 38.4- 12.1 一杯に追う

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回阪神4日目(06月09日)
8R 3歳上1勝クラス
サラ 芝1800メートル 指定 定量 発走13:50
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ギャツビー 牡6 56 坂井瑠星
2 2 クリノクーニング 牡4 57 松山弘平
3 3 ローズカラー 牝3 49 三津谷隼人
4 4 カヌメラビーチ 牡3 54 藤岡康太
4 5 ドゥオーモ 牡6 57 藤岡佑介
5 6 プリンセスルーラー 牝5 55 幸英明
5 7 ピボットポイント 牡4 57 岩田康誠
6 8 キンショーボヌール 牡3 54 中井裕二
6 9 ガウディウム 牡5 57 石橋脩
7 10 シーリア 牝4 55 北村友一
7 11 ショウナンタイザン 牡6 55 西村淳也
8 12 ペルクナス 牡3 54 川田将雅
8 13 トップウイナー 牡3 54 和田竜二

○友道師 「コーナー2つのコースの方が競馬はしやすい感じがする。距離短縮で前進があれば」(競馬エイトより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

NFしがらきで冬場じっくり乗り込まれてきた成果でガラッと変わってくることを期待した前走のピボットポイント。プラス6キロでの出走で、太目感なく幾らか逞しさがアップ。これまでは遅かったスタートですが、二の脚が付いてスッと前へ行けたのはちょっとビックリしました。あとは積極的に運んでひと伸びが利くかどうかでしたが…。

4角を回ってくる時には若干手応えに余裕はなくなっていましたが、それなりに勢いはあり。追って渋太く頑張ってくれることを期待したのですが、実際は追って伸びあぐねる感じで6着。10頭立てだったので悪くても掲示板は確保してくれると思ったのでショックは大きかったです。自分から止める感じはなかったですが、久々の実戦の分or外からプレッシャーを掛けられたことが響いたか。まあ、どちらも正解かなと思いますが、良血の坊ちゃんで勝負根性が足りず、諦めやすいのが成績の停滞に繋がっていると思います。

期待外れに終わった前走から中2週で臨む今回。中間の調整は引き続き意欲的に攻められ、ピボットポイントはそれに応える動きを披露。ひと叩きして追い切りの動き・雰囲気は確かに良くなっています。これならレースへ行って上積みがあるかもしれません。

レースの運び方に関してですが、個人的には序盤はじっくり構え、勝負どころから外目をジワッと捲っていく形がベストだと思っていますが、ここは逃げ馬不在なので前走の行き脚があれば逃げの手に出るかもしれません。ただ、溜めて逃げても、いざ追って伸びないでしょうから、後続を少し離し気味に引っ張ってもらいたいです。

成長曲線が緩やかでまだまだ良くなる余地があると言われてきて、実際に良くはなってきても、それが結果に反映されない現状。逞しさが増したことで堂々と立ち振る舞うことが出来るかなと見ていましたが、周囲を気にしてしまう面は相変わらず。

まあ、今回はひと叩きして雰囲気は良くなっているので、それが結果に結び付くのかどうかに注目。楽しみは持っていますが、今回も結果・内容に進歩がないようなら頭の痛い話に。とにかくピボットポイントには年輩馬の意地を見せてもらい、最低限の目標として5着以内確保は達成してもらいたいです。

« シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組) | トップページ | 7日に栗東・森田厩舎へ入厩しています。☆ロードベイリーフ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ピボットポイント」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルクなお馬さん(2歳牡馬・NFしがらき組) | トップページ | 7日に栗東・森田厩舎へ入厩しています。☆ロードベイリーフ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ