2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(2歳牡馬・千葉ケイアイF組) | トップページ | 体と気持ちが噛み合わない現状で今回も変わり身は厳しいと見ていたも、前々の位置で競馬を進めることが出来たのが良かったのか、直線では外へ持ち出して最後までじわじわ加速。久々に力のあるところを見せて3勝目を挙げる。☆ブロードアリュール »

2019年6月 5日 (水)

初めての実戦でパドックから舞い上がってしまうことを覚悟していたも、拍子抜けするほどの落ち着きを披露。前有利の流れで捉え切ることは出来なかったも、最後まで渋太く踏み止まってデビュー戦で2着に食い込む。☆ボンディマンシュ

2019061400

Photo ボンディマンシュ(セ・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

土曜阪神2R 3歳未勝利(ダ1400m)2着(4番人気) 亀田J

まずまずのスタートから促しながら内目4,5番手を追走、4コーナーに差し掛かるあたりで外に出して、直線で懸命に脚を伸ばしますが、僅かに届かず、デビュー戦を2着で終えています。

亀田騎手「初戦とは思えないほど落ち着いていましたし、ゲートを出てからスッと流れに乗っていくことが出来ました。3コーナー過ぎで手応えが少し鈍かったので、気合いを入れたところ、そこでガツンと反応した為に外へ膨れ気味になり、外の馬に迷惑をかけてしまいましたが、最後の直線では手応えよりジリジリ脚を伸ばしてくれました。次走はもっとしっかり走ってくれるようになると思いますし、能力の高さは感じましたので、すぐチャンスがあると思います。折り合いは問題なかったので、距離が延びても対応してくれそうです」

中内田調教師「去勢したことで、入厩した当初と別馬かと思わせるぐらい素行が良くなり、競馬に行っても堂々と立ち振る舞っていましたね。返し馬からゲートインするまで問題なかったですし、レースに行っても既走馬相手でも流れに乗っていくことが出来ました。強いて言えば、もう1列前で競馬をしてほしかったですし、勝負どころも外の馬に迷惑が掛かってしまったので、そのあたりが上手く噛み合っていればもっと際どかったかもしれませんね。完成されるのはもう少し先だと思いますが、初戦でこれだけ良い競馬をしてくれたのですから、次走こそしっかり決めたいですね」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

太目。脚捌きは硬かった。推して押して先行3頭の後ろ。4角で外にモタれ、直線は右手前のままだったが、最後まで渋太く伸びて、ゴール前で粘る3着馬を捉えた。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動
・次走予定:阪神6月15日・ダ1400m、もしくは阪神6月22日・ダ1400m

中内田師「トレセンで状態を確認いたしましたが、思いのほか反動もなく、レースの疲れは見られませんでした。今週いっぱいはしっかり疲れを取り、馬の状態を見て来週か再来週の阪神・ダ1400mに向かいたいと考えています。初戦は出遅れてもすぐ流れに乗っていけるように3キロ減のジョッキーを起用しましたが、次はもっと楽な競馬が出来るようになると思うので、鞍上を強化したいと思っています」(6/5近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

トラブルが絶えず、6月になってようやくデビューすることが出来たボンディマンシュ。追い切りでは水準級の時計をマークできていても、素行の悪さからデビュー前に去勢手術を済ましているほどの馬なので、初めての実戦ではパドックから舞い上がって、競馬どころではなくなってしまうことを危惧していましたし、実際、高い確率でそうなってしまうんだろうなあと見ていました。

ですので、ボンディマンシュのパドックの映像を見た時はちょっと拍子抜けする感じ。1人で引けるぐらい落ち着いていましたし、逆に気合乗りが乏しく見えるほど。しっかり調教を積んできた甲斐があって、馬体も極端に太くは見せませんでした。『これならデビュー戦からいきなりやれるかも』と期待値はかなりアップして、レースを見守ることに。

スタートは五分に出るも、芝の走りは正直一息。少し促しつつでしたが、ダートへ入ると馬群の中でもスムーズに追走。ただ、レースの流れは思ったほど上がらなかったので、内々で動けないポジションにへ納まってしまったのは誤算。3角過ぎにやや強引に外へ持ち出したことで進路が出来ましたが、4角を回ってくる時の手応えはそれほど良くなかったと思います。

そしていざ直線で追われたボンディマンシュはジリジリという伸びでしたが、最後まで渋太さを発揮。勝ち馬を脅かすところまでは行きませんでしたが、2着は安泰。上々のデビュー戦だと思いますが、直線で手前を替え切れなかったのは着差を考えるとちょっと勿体無かったです。

レース後のボンディマンシュですが、それなりの疲れはあるも、クタッとした感じはなし。このまま厩舎での調整を続け、来週or再来週のダ1400mを目指すこととなりました。しっかり乗り込んだ後でのデビュー戦だったので使った上積みはそれほどないかもしれませんが、馬体は更に引き締まってはくるでしょうし、良い意味でピリッとしてきてくれるでしょう。実戦を1度経験したことは大きい筈。また、亀田Jは上手に乗ってくれたと思いますが、次走では鞍上強化を図るとのこと。川田J・和田Jあたりが乗ってくれるようなら嬉しいです。残された時間は意外と短いので、目の前のチャンスをしっかりモノにしていきたいです。

« ロードなお馬さん(2歳牡馬・千葉ケイアイF組) | トップページ | 体と気持ちが噛み合わない現状で今回も変わり身は厳しいと見ていたも、前々の位置で競馬を進めることが出来たのが良かったのか、直線では外へ持ち出して最後までじわじわ加速。久々に力のあるところを見せて3勝目を挙げる。☆ブロードアリュール »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ボンディマンシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(2歳牡馬・千葉ケイアイF組) | トップページ | 体と気持ちが噛み合わない現状で今回も変わり身は厳しいと見ていたも、前々の位置で競馬を進めることが出来たのが良かったのか、直線では外へ持ち出して最後までじわじわ加速。久々に力のあるところを見せて3勝目を挙げる。☆ブロードアリュール »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ