最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 禁止薬物を含んだ飼料添加物を摂取した可能性のある馬ということで競走除外になりました。★インヘリットデール | トップページ | 【動画更新】オーサムゲイル »

2019年6月15日 (土)

川田Jを配して必勝態勢で臨む予定だったも、直前で再度3キロ減の騎手起用へ。1度レースを使ったことで気難しい面を出さなければ、ここでも上位争い。2戦目で初勝利を決めたい。☆ボンディマンシュ

2019061400_2

Photo ボンディマンシュ(セ・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

土曜阪神4R 3歳未勝利(ダ1400m)1枠2番 斎藤J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:12日に坂路コースで追い切り

中内田師「鞍上強化を図る為に川田騎手に依頼し、12日の追い切りで感触を確かめてもらったのですが、前捌きが硬いためストライドが前に伸びず、目一杯に追うと躓きそうな感じだった為に、やや追うことをためらったようです。トモがまだしっかりしていないことに加え、前捌きも少し硬めなところがあるので、そう感じてしまったのだと思いますが、初戦も同じような状態であれだけの競馬をしてくれましたし、上積みを考えると今週の出走でも良い競馬は出来ると思います。調教では川田騎手に乗ってもらいましたが負担重量を軽くした方が先行出来るでしょうし、物怖じしない若手騎手の方がしっかり諦めずに追ってくると思うので、3キロ減の斎藤新騎手で臨むことにしました。新人騎手の中では結果を出しているジョッキーでもありますし、しっかりゲートを出して初戦のようなレースを心掛けてもらおうと思います」(6/13近況)

川 田 12栗坂良 53.4- 38.7- 25.2- 12.4 馬なり余力 レッドモアナ(古馬1勝)一杯を0.4秒追走同入
斎 藤 14栗坂良 60.3- 44.6- 29.0- 14.1 馬なり余力

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回阪神5日目(06月15日)
4R 3歳未勝利
サラ ダ1400メートル 指定 馬齢 発走11:30
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 ニホンピロコレール 牡3 56 小牧太
1 2 ボンディマンシュ セ3 53 斎藤新
2 3 マテンロウカフェ 牡3 56 太宰啓介
2 4 ラー 牡3 56 酒井学
3 5 オーブラン 牡3 56 川須栄彦
3 6 インヴィンチービレ 牡3 53 岩田望来
4 7 ルフレシャンス 牝3 54 小崎綾也
4 8 キタサンハイドン 牡3 56 福永祐一
5 9 ダイシンリカール 牡3 56 松山弘平
5 10 ナムラシェパード 牡3 56 幸英明
6 11 ラッキーグラン 牡3 56 和田竜二
6 12 バトルウインリンク 牝3 54 城戸義政
7 13 ローザジルベルト 牡3 54 西村淳也
7 14 メイショウイギョク 牡3 55 川又賢治
8 15 マティス 牝3 54 浜中俊
8 16 ハクサンカイザー 牡3 56 松若風馬

○片山助手 「初めての競馬であれだけやれた。トップスピードに入ってからの走りがいい。まだ緩さは残るが、前走よりは良化」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

育成時、順調さを欠くことが多く、素行の悪さからデビュー前に去勢手術を行ったボンディマンシュ。ようやく6月になってデビューすることが出来た訳ですが、去勢手術を行って気難しい面はガラッと緩和。厩舎がしっかり再教育したのもあるでしょうが、パドックでは拍子抜けするくらい落ち着いた周回。レースでも内々のストレスの掛かる場所で競馬を進めることになるも我慢し、直線ではジリジリという伸びではありましたが、勝ち馬を1完歩ずつ詰め寄る走りを見せ、いきなり2着に食い込む健闘を見せてくれました。

その前走から中1週のローテで臨む今回。当初、確勝を期す為に中内田厩舎の主戦・川田Jを予定し、12日の追い切りで実際に感触を掴んでもらいました。時計や格上を煽る動きから追い切りは上々だと思うのですが、川田Jは前捌きの硬さに不安を覚えた様子。ちょっとバタバタしたのかなと思いますが、最終的には再度の減量Jの起用に落ち着き、2戦目は斎藤Jとのコンビで臨むことになりました。今年デビューした新人では抜けた成績を残していますし、実際なかなか腕の良いところを見せています。金曜日に跨ってくれたようなのでそこで掴んだ感覚をレースで生かしてもらえればと思います。

相手関係に目をやると、前走より相手は揃っている印象でしたが、禁止薬物を含んだ飼料添加物を摂取した可能性のある馬が競走除外に。その6頭の中には競馬ブックの本紙では本命・単穴・二重△・△1頭と4頭が該当。○印だったボンディマンシュには正直凄い追い風が吹きました。
2戦目の今回も平常心でレースへ臨み、ソツのない競馬出来れば、チャンスはかなり大きいかと。

不安は前捌きに硬さがある馬なので、ゲートを出て行き脚が付くかどうかと脚抜きの良い馬場になった際に対応できるかどうか。実際、デビュー戦時の芝部分の走りはスピードの乗りが良くないように見えましたから。逆に2戦目で行き脚が付くようならこの枠を生かしてハナを切るのも有りでしょう。また、現在の馬場状態は稍重。出来ればこれ以上脚抜きの良い馬場にはなって欲しくありません。

ここできっちり勝ち上がってくれることを願っていますが、デビューまで色々あった馬なので簡単に事が運ぶとは思えず。とにかく1度レースを使ったことで気難しいところが出てこないように。また、未勝利馬の猶予期間が刻々と迫ってくるので、掲示板を外すような大負けだけは回避して欲しいです。

« 禁止薬物を含んだ飼料添加物を摂取した可能性のある馬ということで競走除外になりました。★インヘリットデール | トップページ | 【動画更新】オーサムゲイル »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ボンディマンシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 禁止薬物を含んだ飼料添加物を摂取した可能性のある馬ということで競走除外になりました。★インヘリットデール | トップページ | 【動画更新】オーサムゲイル »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ