2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« スタート直後に他馬に寄られて今回も大きな不利を被るも、それにも負けずに中団の位置までリカバーして追走。最後は力尽きてしまうも、残り300mぐらいまでは先団に食らい付いて頑張り・意地を見せる。★ロードクエスト | トップページ | ハイレベルの追い切りを連発して能力があるのは確か。その一方で若さも多く残している現状。先々は走ってもらわないと困る素材も、期待は1度使ってからかも。☆ロードクラージュ »

2019年6月 8日 (土)

距離延長+直線ダートはプラスも、雑な飛越を見せる時があるので固定障害への対応力が今回の結果に直結しそう。慎重な性格なので戸惑う可能性は正直高そうで…。★ブライトクォーツ

201905_33

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

土曜東京4R 3歳上障害未勝利(障3000m)8枠14番 熊沢J

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:5日に障害練習~障害コースで追い切り

担当助手「5日に障害練習を行った後に追い切りました。障害練習に関しては全く危なげないですし、とても上手に飛越していましたよ。追い切りは先週長めからしっかり負荷を掛けているので、今週は直線だけサッと気合いをつけた程度でしたが、動きは良かったですよ。飛越に関しては心配していませんし、あとは勝負どころでスッと自分から動いて行けるかどうかに尽きますね。平地と同じで、どうしてもズブさが出てしまうために、勝ち切れないレースが続いてしまっています。何とか調子が良いうちに決めてほしいですね」

熊沢騎手「前走後は疲れがあるのかなと感じた時もありましたが、すぐ持ち直しましたし、逆に前走以上に調子が上がっていますよ。障害練習は慣らし程度で十分ですし、スクーリングもレース当日の朝に軽く見せる程度にして、ガスを抜いてあげてレースではリラックスした状態で臨めるようにしたいと思っています」(6/5近況)

助 手 2栗坂良 59.6- 43.8- 28.9- 14.1 馬なり余力
熊 沢 5栗障良 70.9- 54.0- 38.2- 12.6 追って一杯

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

第3回東京3日目(06月08日)
4R 3歳上障害未勝利
サラ 障3000メートル 混合 定量 発走11:40
枠 馬 馬名 性齢 重量 騎手
1 1 クスリバコ 牡4 60 伴啓太
2 2 リネンソング 牡6 60 蓑島靖典
3 3 メイショウボンロク 牡8 60 中村将之
3 4 スターオブペルシャ せ6 60 五十嵐雄祐
4 5 エールブリリアンツ 牡5 60 白浜雄造 
4 6 ウインバローラス 牡7 60 大庭和弥
5 7 エジステンツァ 牡5 60 佐久間寛志
5 8 ビーハグ せ7 60 小野寺祐太
6 9 トゥルーウインド 牡7 60 山本康志
6 10 グランソード 牡4 60 難波剛健
7 11 スマートヴォルフ 牡4 60 金子光希
7 12 シゲルタケノコ せ4 60 草野太郎
8 13 ニシノベイオウルフ 牡4 60 大江原圭
8 14 ブライトクォーツ 牡5 60 熊沢重文

○佐藤助手 「起用な方ではなく。勝ち味に遅い面があるが、力は十分。状態も変わりないから」(競馬ブックより)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

頭数&相手関係に恵まれた前走の新潟戦は待望の初勝利と期待を大きくして見守ったのですが、ペースアップした3角過ぎで一旦置かれてしまい、押して押して差を埋めていって直線を迎えるも、勝ち馬に内から出し抜けを食らうと最後までその差が詰まらずじまい。飛越は上達しているのですが、勝負どころでズブさを発揮+最後の最後での詰めの甘さは平地時代から一向に克服できない課題。勝ちパターンとすれば、スタミナは豊富なので、勝負どころを迎えるまでに好位またはハナまで押し上げておく必要があるのかなと個人的には考えます。

前走後、少し疲れは出たようですが、回復を優先したことで上手にリカバー。1週前にしっかり追って、直前の追い切りは東京への輸送が控えているので上がり重点。持ち前のタフさを発揮し、デキ落ちということはまずありません。

ただ、障害4戦目の今回はローカルではなく本場での障害戦。スタミナはあるので距離が延びること、詰めの甘さがあるので直線ダートは味方してくれるかなと思うのですが、今回は竹柵・いけ垣・水ごうとこれまでとは違う障害。1戦ごとに飛越は上達しているとはいえ、これまでのレースでも1・2回は雑な飛越でドキッとさせられました。今回もそういう面を出してしまうと、最悪のケースとして落馬まで十分考えられるでしょう。まあ、そのあたりの課題は熊沢Jも認識してくれているでしょうから、大外枠を生かして窮屈な走りにならないようにお願いします。

相手関係ですが、障害経験組なら何とか互角以上に対応できると思いますが、未知なのが初障害となるスターオブペルシャ。平地でOP勝ちを勝っているように脚力は断然ですし、障害試験で破格の時計を出して、飛越のうまさも目立っていたとのこと。スタミナさえもてば、アッサリやられてしまう可能性も。初めての障害戦に戸惑って欲しいものです(苦笑)。

まあ、順調に着順を上げてきている障害戦の結果から、いつ勝っても不思議ではない存在のブライトクォーツ。消耗戦になればよりチャンスは拡大します。あとは固定障害に対する適応力だけ。経験を積んでいけば大丈夫とは思いますが、慎重な性格ゆえに初体験の今回は苦労しそうな感じ。着順を落とすことになっても悲観し過ぎず、無事に完走できたことだけでも良しとして前を向いていたいです。

« スタート直後に他馬に寄られて今回も大きな不利を被るも、それにも負けずに中団の位置までリカバーして追走。最後は力尽きてしまうも、残り300mぐらいまでは先団に食らい付いて頑張り・意地を見せる。★ロードクエスト | トップページ | ハイレベルの追い切りを連発して能力があるのは確か。その一方で若さも多く残している現状。先々は走ってもらわないと困る素材も、期待は1度使ってからかも。☆ロードクラージュ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ブライトクォーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スタート直後に他馬に寄られて今回も大きな不利を被るも、それにも負けずに中団の位置までリカバーして追走。最後は力尽きてしまうも、残り300mぐらいまでは先団に食らい付いて頑張り・意地を見せる。★ロードクエスト | トップページ | ハイレベルの追い切りを連発して能力があるのは確か。その一方で若さも多く残している現状。先々は走ってもらわないと困る素材も、期待は1度使ってからかも。☆ロードクラージュ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ