2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(2歳牝馬・千葉ケイアイファーム組) | トップページ | 最内枠を引き当てた時点で難しいレース運びになるのは分かっていたも、ダッシュが付かずに最後方からの競馬になったは誤算。直線は内を突いて差を詰めてくるも、前残りの展開では4着までがやっと。★ロードイヒラニ »

2019年5月16日 (木)

シルクなお馬さん(関東2歳牡馬・北海道組)

Photo_3 クァンタムリープ

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:週3回屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター、残りの日はトレッドミルで軽めのキャンター 

担当者「この中間からも調教メニューに大きな変化はありません。行きたがるような面はなく折り合ってスムーズに運べていますし、気難しいところも見せません。何より、この時期にしては操縦性が高いですね。また、このペースに慣れたのか手応え楽に登坂出来ているものの、左飛節の状態を確認しながらの調教ですから、無理にペースを上げることはしていません。脚元は依然として問題なさそうですので、この状態を維持出来れば近々ペースを上げていくつもりです。焦らず進めてきたことで、馬体は確実に良化してきましたし、体重も着々と増えてきて競走馬らしいシルエットになりました。あとはより筋肉が付いてくれば、更に見映えのする体になってくれると思いますので、引き続き脚元の状態を見ながら、継続的な乗り込みをしていきます。馬体重は473キロです」(5/15近況)

Photo_3 Poetic Richesの17

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム早来
・調教内容:ウォーキングマシン 

担当者「長時間の輸送もあり、少し馬体は緩んでこちらに入場してきましたが、トモの筋肉が落ちていることはありませんでしたし、概ね良い状態だったと思います。こちらの環境に慣らして、馴致等を軽く行った後、トレッドミルでキャンターを経て、坂路と周回コースでの運動まで進めていました。坂路では力強い走りを見せていただけでなく、何より背中の感触が良くて安定感がありますね。どちらかと言うとパワータイプで、道悪をこなしてくれそうな感じに受けます。ただ、直近の削蹄後に両前肢の歩様が硬くなったので、現在は大事を取ってウォーキングマシンでの運動に止めています。まだ焦る時期ではありませんから、じっくりと回復を促して、歩様が改善するまではトレッドミルを併用しながら進めていくことになるでしょう。馬体重は507キロです」(5/15近況)

Photo_3 マイティースルーの17

・在厩場所:北海道・ノーザンファーム空港
・調教内容:週2回屋内坂路コースでハロン14~16秒のキャンター2本、週2回周回コースで軽めのキャンター2500m、残りの日は軽めの調整

担当者「屋内坂路にてハロン14秒のペースで順調に乗り込むことができています。歩様に固さはなく、飛びの大きな走りをします。気性的には落ち着きのあるタイプですね。欲を言えば、もう少し前向きさが欲しいといったところですが、ここ最近では屋内坂路で最後までしっかり動けるようになってきていますよ。まだ少しハミに頼りながら、前掛かり気味のバランスで走っているので、トモの力をつけていくことを課題としています。とはいえ、2歳馬が牧場で行うペースの中では、一番負荷の高い移動前のペースを始めたばかりですから、バランスが悪くなるのも無理はないと思います。このペースでも飼い食いは良いですし、馬体も先月よりもフックラしてきています。今後もハロン14秒前後のペースをしっかりと乗り込んでいき、入厩に向けて乗り進めていきます。また、気持ちも乗ってくるように併せ馬を取り入れる予定です。移動はいまのところ6月後半を考えております。馬体重は458キロです」(5/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

クァンタムリープはペースを上げずにじっくり登坂中。多少ピリッとしたところはあるも、人間に反抗しようとする面は見られず。短距離向きですし、その操縦性の高さは大きなアドバンテージです。また、動画を見ても、弾力のある感じで走れているのも好感。タメを利かせれば良い脚を繰り出してくれそうです。素材は間違いなく良いと思うので、秋口でのデビューへ向けて、順調にステップアップしていってもらえればと思います。

ポエティックリッチーズの17は日本に到着後、順調に進められて坂路等で乗り出していましたが、直近の削蹄がフィットせず、両前脚の歩様を硬くしてしまうことに。幸い、大事には至っていないので、蹄の回復とともに騎乗運動を再開していけると思いますが、それまではトレッドミルを上手に活用しながら下地を整えていってもらえればと思います。

マイティースルーの17はトモがパンとしていない分、ハミに頼った走りになっているようですが、ハロン14秒の調教に食らい付いているのは○。これから本数を重ねていけば、動きにも余裕が出てきてくれるでしょう。また、前向きさが少し足りない点はNFのノウハウを生かし、日々の調教から良い刺激を与えていって欲しいです。

« ロードなお馬さん(2歳牝馬・千葉ケイアイファーム組) | トップページ | 最内枠を引き当てた時点で難しいレース運びになるのは分かっていたも、ダッシュが付かずに最後方からの競馬になったは誤算。直線は内を突いて差を詰めてくるも、前残りの展開では4着までがやっと。★ロードイヒラニ »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

クァンタムリープ」カテゴリの記事

シェダル」カテゴリの記事

ディランズソング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(2歳牝馬・千葉ケイアイファーム組) | トップページ | 最内枠を引き当てた時点で難しいレース運びになるのは分かっていたも、ダッシュが付かずに最後方からの競馬になったは誤算。直線は内を突いて差を詰めてくるも、前残りの展開では4着までがやっと。★ロードイヒラニ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ