最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 左トモを跛行するアクシデント発生。後日詳しく検査を行うことになりました。★フロントライン | トップページ | 1日に栗東へ。次走は26日の京都・安土城Sへ向かうことになりました。☆ダイアトニック »

2019年5月 2日 (木)

ロードなお馬さん(2歳牝馬・北海道組)

Photo_6 レインドロップス

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~17秒ペース)。

○当地スタッフ 「ここに来て両前脚にソエを確認。週1回の割合でショックウェーブ治療を施しているものの、ハロン13秒台の稽古を含めてメニューには手を加えていません。勿論、痛みが強くなるようであれば無理は禁物。経過に応じて柔軟な姿勢で接したいです」

Photo_6 シベール

三石・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、並脚1000m、ポリトラックコース・ダク1000m→キャンター2000m(1ハロン25~27秒ペース)もしくはダートコース・ダク1000m→キャンター2400~3200m(1ハロン22~25秒ペース)、ウッドチップ坂路コース・キャンター1200m×1本(1ハロン13~17秒ペース)。

○当地スタッフ 「出発候補に挙がるぐらいに動きは上々。ただ、相変わらずの食の細い面が減点材料となり、今回は他の同期に譲っています。疲労を溜め込まないようであれば、5月中に千葉へ送る可能性も。日々の様子に応じて最善のタイミングを判断したいです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

調教メニューを変更するまでには至っていないも、レインドロップスはこの中間、両前脚にソエが出ているのを確認。ショックウェーブ治療で対処しているようですが、今のところは痛がる素振りはない様子。ただ、じっくり成長を促している馬なので、ここで無理する必要はありません。症状が酷くなってから治療するのではなく、酷くなる前にしっかり治療優先へと切り替えてもらいたいです。

千葉へ移動できるレベルの動きを見せているシベール。ただ、相変わらず食が細く、馬体を細く見せているのでしょう。一度、獣医師に馬体をしっかりチェックしてもらい、胃潰瘍が出来ていないかなど調べて欲しいです。また、太くなれない原因として日々ピリピリしているのかなと思うので、落ち着きが出る環境を整えるのも1案でしょう。

« 左トモを跛行するアクシデント発生。後日詳しく検査を行うことになりました。★フロントライン | トップページ | 1日に栗東へ。次走は26日の京都・安土城Sへ向かうことになりました。☆ダイアトニック »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

シベール」カテゴリの記事

(引退)レインドロップス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 左トモを跛行するアクシデント発生。後日詳しく検査を行うことになりました。★フロントライン | トップページ | 1日に栗東へ。次走は26日の京都・安土城Sへ向かうことになりました。☆ダイアトニック »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

無料ブログはココログ