2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 少頭数+相手関係にもやや恵まれた1戦だったので勝ちを意識するも、今回もペースアップした時にズブさを覗かす。何とか前に取り付き、最終障害を飛び終えた時は押し切れそうだったも、内で脚を溜めていた勝ち馬に伸び負けして2着に甘んじる。★ブライトクォーツ | トップページ | 五分のスタートから二の脚が付いてハナを奪うことに成功。ここ数走のように自分のリズムで直線を向くことは出来たも、久々+鼻出血明けでビシビシ攻めることが出来なかった分がさすがに響いて、直線での伸びと粘りを欠いてしまう。★ウォリアーズクロス »

2019年5月17日 (金)

右前脚球節に熱感と浮腫みが落ち着き、馬場でのトレーニングへ向けて感触を探っていたところ、今度は調教中に暴れて左前脚を捻るアクシデント発生。★ロードラウレア

2019041800_1

Photo ロードラウレア(牡・角居)父ロードカナロア 母キャトルフィーユ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、角馬場でダク1500m→ハッキング3000m。5月9日(木)測定の馬体重は483キロ。

○当地スタッフ 「5月8日(水)よりダクとハッキングを行なっていたところ、11日(土)の調教中に暴れて跳ねた時に左前脚を捻った模様。若干の跛行が認められました。でも、夕方には回復。獣医師の診察でも異常は見付からず、一過性の症状だったのは何よりです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

デビューから3戦を終え、千葉で立て直し中のロードラウレア。移動後に右前脚球節に熱感と浮腫みが認められましたが、少し楽をさせたことで落ち着いた状態に。そろそろ馬場でのトレーニングを再開しようと、8日から角馬場で感触を確かめていたのですが、今度は11日の調教中に暴れて際に左前脚を捻るアクシデント。若干とはいえ跛行が認められるなど嫌な感じですが、獣医師の診察では異常は見つからず、ひとまず一過性の症状だったようです。

ただ、一頓挫あったのは確かなので、すぐに馬場でのトレーニングが再開するのは難しそうですし、焦って症状をぶり返してもいけません。左前の捻挫だけでなく、右前脚球節も引き続き入念なケアを行い、慎重を期しながら馬場での騎乗運動再開の時期を探っていってもらえればと思います。

« 少頭数+相手関係にもやや恵まれた1戦だったので勝ちを意識するも、今回もペースアップした時にズブさを覗かす。何とか前に取り付き、最終障害を飛び終えた時は押し切れそうだったも、内で脚を溜めていた勝ち馬に伸び負けして2着に甘んじる。★ブライトクォーツ | トップページ | 五分のスタートから二の脚が付いてハナを奪うことに成功。ここ数走のように自分のリズムで直線を向くことは出来たも、久々+鼻出血明けでビシビシ攻めることが出来なかった分がさすがに響いて、直線での伸びと粘りを欠いてしまう。★ウォリアーズクロス »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

(引退)ロードラウレア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 少頭数+相手関係にもやや恵まれた1戦だったので勝ちを意識するも、今回もペースアップした時にズブさを覗かす。何とか前に取り付き、最終障害を飛び終えた時は押し切れそうだったも、内で脚を溜めていた勝ち馬に伸び負けして2着に甘んじる。★ブライトクォーツ | トップページ | 五分のスタートから二の脚が付いてハナを奪うことに成功。ここ数走のように自分のリズムで直線を向くことは出来たも、久々+鼻出血明けでビシビシ攻めることが出来なかった分がさすがに響いて、直線での伸びと粘りを欠いてしまう。★ウォリアーズクロス »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ