2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

出資馬一覧

最近のコメント

« ロードなお馬さん(2歳牡馬・千葉ケイアイファーム組) | トップページ | 右前脚球節に熱感と浮腫みが落ち着き、馬場でのトレーニングへ向けて感触を探っていたところ、今度は調教中に暴れて左前脚を捻るアクシデント発生。★ロードラウレア »

2019年5月17日 (金)

少頭数+相手関係にもやや恵まれた1戦だったので勝ちを意識するも、今回もペースアップした時にズブさを覗かす。何とか前に取り付き、最終障害を飛び終えた時は押し切れそうだったも、内で脚を溜めていた勝ち馬に伸び負けして2着に甘んじる。★ブライトクォーツ

201905_13

Photo_3 ブライトクォーツ(牡・荒川)父ワークフォース 母レースドール

日曜新潟4R 4歳上障害未勝利(障2890m)2着(1番人気) 熊沢J

好スタートを切りますが、二の脚つかず中団からの競馬になります。2周目の3コーナー手前から追い上げを開始し、直線では先頭に並びかけるも、勝ち馬との決め手比べに屈して2着でゴールしています。

熊沢騎手「エンジンの掛かりが遅い分、ペースが上がったところで上手く対応出来ませんでした。それでもこの馬なりに最後まで頑張ってくれており、直線では並びかけるところまで行けたのですが、切れる脚が無い分、勝ち馬に離されてしまいましたね。飛越に関しては2コーナーのところで完歩が合わなかったのを除くと、大きなミスは無かったと思いますよ。少しずつ慣れてきており、着順も上がってきていますから、もうあとひと押しで勝つところまで来ていると思います」

荒川調教師「向正面からずっと促し通しでしたね。あれが持ったまま上がっていけるようなら、進路を探しつつロスなく勝負どころを回って来られるのでしょうが、ずっと追い通しだから外を回らざるを得ないですね。それでも良い形で最終障害に向かえましたが、ロスがあった分捕まえ切れませんでした。ただ、時計的には悪くありませんし、いずれチャンスは回ってくるはずです。この後はトレセンに戻ってからの状態を見てどうするか検討します」(レース結果)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

押していこうとしたが、行けずに後方で雑な飛越。それでも、2周目の向正面で動いていって勝負どころでは前を射程圏に捉える。最終障害飛越前には先団の外。最後は内から抜け出していた勝ち馬に馬体を併せに行ったが伸びてきたが、届かなかった。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

・在厩場所:栗東トレセン
・調教内容:軽めの運動

荒川師「トレセンに戻って状態を確認いたしましたが、出走したなりの疲れは見られるものの、飼い葉は食べてくれていますし、数日軽めの運動でケアしてあげれば問題ないでしょう。良い状態でレースに向かえただけに勝ち切れず歯痒いですが、堅実に走ってくれているので、後は展開と相手次第でしょう。次走の予定につきましては熊沢騎手と相談しながら検討していきたいと思います」(5/15近況)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

コース替わりに一抹の不安は感じていたも、幾らか恵まれた相手関係+少頭数ということで、今回は待望の初勝利の期待大と見ていたブライトクォーツ。プラス2キロでの出走でしたが、ひと叩きしたことで馬体にメリハリが出て、馬体はむしろスッキリ見せていました。

ゲートを出た途端、頭1つ出る程の好発を決めたブライトクォーツ。そのまま先手を奪っていくのかなと見ていたのですが、二の脚が遅くてモタモタ。また、最初の障害での飛越が雑になってしまったことで中団より後ろ目のポジションになったのは想定外。馬に囲まれる位置での追走となって窮屈そうでしたし、仮に前の馬が落馬をすると巻き込まれてしまうなあとドキドキして見守っていました。個人的には早目に少し引いて、外目に出してノビノビ走らせてあげて欲しかったです。

レースは2周目の向正面からジワッとペースアップしましたが、ブライトクォーツは今回もズブさを覗かせて、スムーズに追い上げていくことは出来ず。熊沢Jはその後ずっと追い通しで4角手前で何とか前を射程圏に捉えるところまで押し上げ、最終障害を飛ぶ頃には横並びの位置へ。飛越して着地後、珍しくモタモタしなかったので、持ち前のスタミナを生かしてこのまま押し切れると思ったのですが…。一足先に先団に取り付き、内で息を潜めていたローレルヴィクターが直線で追われると再加速。熊沢Jは馬体を併せに行きますが、逆にひと伸びされてしまうことに。今回も最後のところで決め手のなさ・詰めの甘さが出てしまいました。

レース後のブライトクォーツはしっかり走った分の疲れは残るも、カイ食い等は問題なし。次走に関しては熊沢Jと相談して決めるとのことですが、出走となるとローカル場所から阪神or東京でのレースとなります。決め手のない馬なので直線ダートはプラス。ただ、飛越に雑なところがある馬なので、気を引き締めてないと落馬の恐れがありそうです。

あと、レース運びに関してですが、どうしても勝負どころでのペースアップにスムーズに対応できずに置かれるので、豊富なスタミナを生かして早目にポジションを押し上げていることが必要。途中で先頭へ立つぐらいの強引さがあっても良いのかなと思います。熊沢Jはブライトクォーツの癖・特徴は十分把握してくれているでしょうから、結果を出せるような乗り方を考え、実践して欲しいです。

« ロードなお馬さん(2歳牡馬・千葉ケイアイファーム組) | トップページ | 右前脚球節に熱感と浮腫みが落ち着き、馬場でのトレーニングへ向けて感触を探っていたところ、今度は調教中に暴れて左前脚を捻るアクシデント発生。★ロードラウレア »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ブライトクォーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロードなお馬さん(2歳牡馬・千葉ケイアイファーム組) | トップページ | 右前脚球節に熱感と浮腫みが落ち着き、馬場でのトレーニングへ向けて感触を探っていたところ、今度は調教中に暴れて左前脚を捻るアクシデント発生。★ロードラウレア »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ