2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

出資馬一覧

最近のコメント

« シルク&ロードなお馬さん(2歳牡馬・入厩組) | トップページ | 2日に栗東・中内田厩舎へ帰厩しています。☆ボンディマンシュ »

2019年5月 7日 (火)

内枠が災いして前目で流れに乗ることは出来なかったも、リズム重視の走りへ切り替えて最後は上々の伸びを披露。次走への優先権を確保。多少、勝ち味に遅くなっても、こういう競馬を自分のモノにしていけばまだまだ上を目指せる筈。☆ロードイヒラニ

2019031600_4

Photo_3 ロードイヒラニ(牡・千田)父ロードカナロア 母レディカーニバル

4月29日(月)京都8R・4歳上500万下・混合・芝1600mに松山Jで出走。15頭立て2番人気で2枠3番から平均ペースの道中を11、10、10番手と進み、直線では外を通って0秒3差の5着でした。馬場は良。タイム1分33秒5、上がり34秒1。馬体重は4キロ増加の470キロでした。

○松山騎手 「2、3番手へ・・・と思ったものの、周りが速くて断念。あれ以上に無理を強いれば、最後に余力を失ってしまいます。リズム重視に切り替えた格好ながら、前へ行った組が残る傾向のコース状態で・・・。前々走は余裕を持って追走できていたのに対し、軽い京都の馬場だと軽く促しながらの道中。今回に関しては1ハロン延びた方が楽だったかも知れません」

○千田調教師 「内枠で難しい競馬だったものの、外へ持ち出してからはキッチリ。内容自体は悪くなかったと思います。今回は5着以内も確保。ひとまずはレース後の様子と番組を確かめ、その上で新たなプランを検討する方針です」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

【次走へのメモ】

パドックではメンコ。中団やや後ろ。ミエノウインウインのひとつ前の位置で進んで、こちらは4角から直線にかけて外へ。こちらも目につく脚勢で追い上げて掲示板確保。(B誌)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

レース後も特に異常は認められません。現在は心身のリラックスに重点を置いた調整。馬自身の状態に応じて追い切りを行ない、体調、条件、出走状況等を踏まえながら目標のレースを決めます。

○千田調教師 「無事にトレセンへ。見た目には変わらぬ様子で過ごしており、今のところは脚元等も大丈夫そうですね。マイル戦を中心に番組は色々と組まれる状況。馬自身のコンディションに加えて相手関係、乗り役の兼ね合いも含めて考えたいと思います」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

スンナリとした流れなら力を出し切れるロードイヒラニですが、内枠を引き当てた時点で苦戦を覚悟。ハナへ行けるようなダッシュがあれば逃げての手に出て欲しかったですが、それはさすがに難しいんだろうなあと考えていました。

実際、ゲートを五分に出たイヒラニでしたが、回りが速くて5番手ぐらいの位置。内々で少しゴチャつきそうな感じがあったので、松山Jはスッと控える形を選択。これは賢明な判断ですし、道中は悪くない走りだったと思います。3角過ぎから徐々に外目に持ち出し、4角を回る時は大外から直線へ。

いざ追い出されたイヒラニですが、スッと加速することは出来ず、やや内へモタれる素振り。それを矯正して外へ立て直すと、リズム良く追走できていたおかげでなかなかの伸びを披露。前が止まらなかった分+外を回ったことで5着止まりでしたが、先々を見据えると収穫のあるレースだったと個人的には思います。最低限の目標として次走への優先権を確保出来た訳ですし、速い時計の決着にもある程度のメドは立ったかなと思います。

レース後のイヒラニですが、目立つ疲れはなし。厩舎での調整を続けて次走を目指していくことになりました。松山Jは『1ハロン延ばしても…』とコメントしてくれましたが、前々で流れに乗った際は微妙に距離が長そう。詰めの甘い結果になることでしょう。多少、勝ち味に遅くなっても、今回のような差し競馬をイヒラニのスタイルにしてくれれば、安定感が期待できます。そして今後勝つことがあってクラスが上がった際、案外スッと通用できるんじゃないかなと思います。是非とも今回の形を継続し、自分のモノにしていって欲しいです。

« シルク&ロードなお馬さん(2歳牡馬・入厩組) | トップページ | 2日に栗東・中内田厩舎へ帰厩しています。☆ボンディマンシュ »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードイヒラニ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シルク&ロードなお馬さん(2歳牡馬・入厩組) | トップページ | 2日に栗東・中内田厩舎へ帰厩しています。☆ボンディマンシュ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ