最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 来週から始める2歳戦の開幕週でデビューすることが決まりました。☆サリオス | トップページ | JRAの競走馬登録が完了しました。☆ポレンティア »

2019年5月25日 (土)

ロードなお馬さん(2歳牡馬・牧場組)

Photo_6 ロードユリシス

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン15~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「更にペースを速めても特別な問題が生じなかった為、5月18日(土)に15-15を交えました。良い意味でどっしりと構えるなど、以前の滞在時よりも操縦性がスムーズに。成長を遂げています。順調そのもの。帰厩へ向けて本数を積み重ねたいです」

Photo_6 ロードセッション

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分。

○当地スタッフ 「事前に聞いていた通りに疲労感が漂っており、到着後に両眼の瞼が腫れる軽い感染症が認められました。投薬治療を行なって回復。抵抗力が落ちているのでしょう。毛艶がもう一つで骨っぽいシルエット。しばらくは跨らずに十分に休ませたいです」

Photo_6 ロードベイリーフ

千葉・ケイアイファーム在厩。ウォーキングマシン60分、ダートコース・ダク1200m→ハッキング1200m→キャンター2400m(1ハロン13~20秒ペース)。

○当地スタッフ 「5月17日(金)にハロン15秒のラップを刻んだ際もスムーズに周回。このぐらいのペースは余裕綽々で、遊びながら走っていました。現状は子供っぽさを残すなど、まだまだ良くなる好素材。遠からずにトレセンへ向かう段取りが組まれるはずです」

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

千葉へ戻ってきた頃はトモがクタクタだったユリシスですが、ショックウェーブ治療を行ってからは回復が進み、この中間は15-15の調教も消化。大きな疲れ・反動は見受けられません。また、早い段階でトレセンという環境を経験したアドバンテージはやはり大きいです。今後も鞍上とのコンタクトを高めつつ、状態をじわじわ上げていってもらえればと思います。

栗東へ滞在時から馬体が細くなりつつあり、疲れのサインが出ていたセッション。千葉に到着後は瞼を腫らすなど更に疲労感が出てしまっています。今の感じではすぐに運動を再開できるレベルではないので、まずは十分な休養を与え、馬体の回復をしっかり遂げてもらいたいです。

ベイリーフは引き続き速い調教を織り交ぜながら、厩舎から声が掛かるのを待っています。他馬に比べると子供っぽさが目立ちますが、それでも日々の調教に対応できているのは良い脚力を秘めている証。大事に育てて行けば光る素材なのは確かなので、長い目で見ていって欲しいです。

« 来週から始める2歳戦の開幕週でデビューすることが決まりました。☆サリオス | トップページ | JRAの競走馬登録が完了しました。☆ポレンティア »

競馬(1口馬主・ロード)」カテゴリの記事

ロードベイリーフ」カテゴリの記事

ロードセッション」カテゴリの記事

ロードユリシス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 来週から始める2歳戦の開幕週でデビューすることが決まりました。☆サリオス | トップページ | JRAの競走馬登録が完了しました。☆ポレンティア »

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

無料ブログはココログ