2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近の記事

出資馬一覧

最近のコメント

« 内枠が災いして前目で流れに乗ることは出来なかったも、リズム重視の走りへ切り替えて最後は上々の伸びを披露。次走への優先権を確保。多少、勝ち味に遅くなっても、こういう競馬を自分のモノにしていけばまだまだ上を目指せる筈。☆ロードイヒラニ | トップページ | ロードなお馬さん(牡馬・牧場組) »

2019年5月 7日 (火)

2日に栗東・中内田厩舎へ帰厩しています。☆ボンディマンシュ

201901_6

Photo ボンディマンシュ(セ・中内田)父ロードカナロア 母ビアンカシェボン

・在厩場所:2日に栗東トレセンへ帰厩

中内田師「牧場で去勢手術を行ってもらいましたが、その後も体調を崩すことなく順調に調教が進められていましたので、2日の検疫でトレセンに戻させていただきました。具体的な予定はある程度時計を出してみて、その感触を確かめたうえで検討していきたいと考えています」(5/2近況)

助 手 5栗坂良 56.0- 40.7- 26.0- 12.8 馬なり余力 フローリン(古500万)一杯に0.4秒先行0.1秒先着

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

ゲート試験に合格するも、日々の素行の悪さから去勢手術を行って出直すこととなったボンディマンシュ。去勢することでホルモンバランスを崩し、体調を乱しやすいのですが、幸いにして元気一杯で、すぐ騎乗運動を再開できたのは大きかったです。そして順調にピッチを上げることが出来たので、2ヶ月ちょっとでの帰厩となりました。もっとモタつくことを想定していたので素直に嬉しいです。

帰厩後の状態等は次の更新でハッキリするでしょうが、5日に早速坂路で時計をマーク。終いをサッと伸ばして感じですが、案外良い感じに見えます。ただ、馬体にはかなり余裕があると思うので、デビューへ向けては追い切りを重ねていく必要があります。そしてその際にどういう時計を出していけるのか。ちょっと不安も残りますが、楽しみにしたいです。

« 内枠が災いして前目で流れに乗ることは出来なかったも、リズム重視の走りへ切り替えて最後は上々の伸びを披露。次走への優先権を確保。多少、勝ち味に遅くなっても、こういう競馬を自分のモノにしていけばまだまだ上を目指せる筈。☆ロードイヒラニ | トップページ | ロードなお馬さん(牡馬・牧場組) »

競馬(1口馬主・シルク)」カテゴリの記事

ボンディマンシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内枠が災いして前目で流れに乗ることは出来なかったも、リズム重視の走りへ切り替えて最後は上々の伸びを披露。次走への優先権を確保。多少、勝ち味に遅くなっても、こういう競馬を自分のモノにしていけばまだまだ上を目指せる筈。☆ロードイヒラニ | トップページ | ロードなお馬さん(牡馬・牧場組) »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ