2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

出資馬一覧

最近のコメント

« 最終追い切りを息を整える程度にセーブしたのはちょっと嫌な感じも、昇級戦の前走は重賞でいきなり4着と改めて性能の高さを示す。3戦3勝と実績を残す舞台で今回は更なる前進を期待。☆ダイアトニック | トップページ | 来月8日の阪神・芝1200mでのデビューが正式に決まりました。☆ロードクラージュ »

2019年5月26日 (日)

焼魚定食のコロコロ予想 vol.542

(京都2R)◎ダンディズム

デビュー戦の前走はゲートで立ち遅れ、レースの流れに乗れずにモタモタしていましたが、直線で外へ持ち出されると1頭だけ際立つ末脚を披露。かなり上を目指せる素材だと思うので、ひと叩きした今回は順当に勝ってくれるでしょう。ただ、相手は難解。初芝でガラッと変わったプレイリードリーム、ひと叩きして絞れて来ればアメリカンウェイク、初出走も素質を秘めるヴィルデフラウ・モダスオエランディ、立て直してきた血統馬のジェベルハフィート、芝へ戻すカフジローズあたりまで手広く。

(京都3R)◎アテンポラル

デビューが遅れてしまいましたが、既走馬相手に芝2400mでいきなり結果残した同馬。素材の良さはダンディズム同様にかなりのモノ。まだまだ弱さは残しているでしょうが、今週の追い切りは格上のサトノルークス・ダノンチェイサーを煽る動き。ひと叩きして確実に良くなっているので、ここはしっかり勝ち切りたい1戦。相手はひと叩きして京都の外回りに活路を見い出したいゴットフルール、距離を延ばして徐々に良くなってきたレッドレイルの2頭が大本線。穴は前走のダートを度外視すれば十分狙えるツールドフォース。

« 最終追い切りを息を整える程度にセーブしたのはちょっと嫌な感じも、昇級戦の前走は重賞でいきなり4着と改めて性能の高さを示す。3戦3勝と実績を残す舞台で今回は更なる前進を期待。☆ダイアトニック | トップページ | 来月8日の阪神・芝1200mでのデビューが正式に決まりました。☆ロードクラージュ »

焼魚定食のコロコロ予想」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 最終追い切りを息を整える程度にセーブしたのはちょっと嫌な感じも、昇級戦の前走は重賞でいきなり4着と改めて性能の高さを示す。3戦3勝と実績を残す舞台で今回は更なる前進を期待。☆ダイアトニック | トップページ | 来月8日の阪神・芝1200mでのデビューが正式に決まりました。☆ロードクラージュ »

阪神タイガース

カテゴリー

無料ブログはココログ